ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 消費生活センター > 格安スマホ 今までの携帯電話会社との違いを確認して

格安スマホ 今までの携帯電話会社との違いを確認して


本文

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0015386 更新日:2020年6月22日更新

格安スマホ 今までの携帯電話会社との違いを確認して

内容

格安スマホに興味を持ち、契約内容について問い合わせたうえで申し込んだ。「通信状態は変わらず今より利用料金が安くなる。通話は1回10分以内であれば無料」との説明だったので、今までと同じ通話方法で使っていた。しかし、契約後、2カ月間で2万7千円もの高額な通話料を請求された。契約書には「10分以内の通話を無料にするには特定のアプリを使用しなければいけない」と書かれていた。(60歳代 男性)

 

ひとこと助言

  • 格安スマホは今までの携帯電話会社と同じサービスが利用できるとは限りません。サポート内容や問い合わせ方法など、契約内容をよく確認し、今までの携帯電話会社との違いを理解した上で契約しましょう。
  • 無料通話は独自のアプリを使うなど、格安スマホ会社により指定のサービス提供方法があり、注意が必要です。よく確認しておきましょう。
  • 契約について不安に思うことやトラブルが生じた場合は、早めに鹿嶋市消費生活センター(0299-85-1320)、または、消費者ホットライン188にご相談ください。

 

リンク  見守り新鮮情報(国民生活センター)http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mailmag/mj-shinsen366.html<外部リンク>