ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 市民相談室 > 車座懇談会(林地区)

車座懇談会(林地区)


本文

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0002151 更新日:2019年11月13日更新

【開催日時】 平成26年11月6日(木) 18時30分~20時45分  

【対象地区】 林  

【会  場】 林新農村集落センター  

【参加人数】 23名  

 ​開催風景】 

                    車座懇談会(林地区)開催風景  

【内容要旨】  

 〇大野中学校の正門前に信号機を設置してほしいという要望を出していますが、どのような進捗状況でしょうか?  

 【市長の回答】
 待避所設置の課題も解決することができ、今年度中に信号機が設置される予定です。  


 〇鹿嶋市の広告物に関する規制は、茨城県と同じと聞きました。車を運転しているとき、曲がり角に看板があり、先の道路状況がわからない場所があります。看板の高さについて、車の運転手の視界を考慮した規制を、市独自で考えるなどしてほしいと思います。  

 【市長の回答】  
 今年4月頃、国から広告物に関する通知がありました。今後、確認しながら対応していきます。  


 〇地区の消防団の人から、「団員が減っています。加入してくれる人はいませんか?」と聞かれました。地区ごとに運営することにこだわらず、中野西地区や大野地区など大きな範囲で運営することを考えたほうが良いのではないでしょうか。災害時に頼りになるのは消防団だと思います。  


 【市長の回答】
 消防団については、退団年齢の引き上げをしました。また、女性の団員がいても良いと思います。消防団は、運動会のときなど地区のまとめ役も担ってくれているので、非常に重要な組織であり、維持していくことが大事だと考えています。  


 
 〇がけ地付近に住んでいる人がいます。雨が降ると床上浸水となり、車もダメになります。個人でも何か出来ることがあればしたいと思いますが、早急な対応をお願いしたいと思います。  
 〇稲荷台地区において、大雨で道路斜面下が崩れたところがあります。次に大雨が降ったら、今度は道路上側にある住宅も被害に遭うのではないかと心配しています。

  【市長の回答】
 他の地区でも実施しましたが、山際を県が急傾斜地と認めれば、県が対応してくれることがあるので確認してみます。  



  〇「すぐやる課」のような部署を設置してもらえると、行政の信頼度も上がるのではないでしょうか。  

 【市長の回答】
 来年4月の組織見直しの際に、新たな相談窓口の設置を検討しています。


 〇生活道路の草刈りなどは地域の人が行うということで良いですが、農道などの草刈りはシルバー人材センターなどに行ってもらうということは可能でしょうか。

 【市長の回答】
 市ですべての道路の草刈りを行うことは出来ません。地域の人が利用する道路であれば、地域で管理しなければならないと思います。利用頻度の少ないところを市で行うことは、難しいと思います。  


  〇中里川の下流のガードレール、欄干を直して、竹藪を刈って、泥を取ってほしいと思います。今年8月に大雨が降ったとき、川が氾濫するかと思いました。道路にはひびが入っています。  

 【市長の回答】
 中里川は市の管轄なので、担当部署に伝えます。  



  〇林地区の車座懇談会をもう一度お願いしたいというときには、どのようにすれば良いでしょうか。

 【市長の回答】
 車座懇談会は、2年ほどかけて各地区を回りたいと考えています。次の懇談会については、一回りしてから考えたいと思います。  


  (その他の意見)
 ・若者の就職先確保
 ・斜面緑地や休耕地の活用
 ・防災井戸の設置状況
 ・林地区の小学校区見直し
 ・保育園と幼稚園の管轄省庁の違い