ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 市民相談室 > 車座懇談会(沼尾西地区)

車座懇談会(沼尾西地区)


本文

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0002086 更新日:2019年11月13日更新

【開催日時】 平成26年8月26日(火) 19:00~20:45  

【対象地区】 沼尾西  

【会 場】  沼尾公会堂  

【参加人数】 25名  

【開催風景】                      

          車座懇談会(沼尾西地区)開催風景  

【内容要旨】   

〇自宅前の水路が地震によりひび割れを起こしており、それにより法面が壊れる恐れがあるので、現場を見てほしいと思います。また、水路脇及び県道との隅切り部の草刈をしてほしいと思います。  

【市長の回答】  現場を確認します。  


〇車座懇談会を実施することは良いことだと思います。懇談会のやりとりを市民にわかりやすく報告する仕組みは考えていますか?  

【市長の回答】  区長を通じて回覧する他、主なやり取りを広報かしまや市ホームページにも掲載していきます。  


〇孫が豊郷小学校の体験入学に行ったとき、農道が歩ける状態ではありませんでした。地域として出来ることを考えなければならないと思います。年2回程度、地域で掃除などをすれば、地域がきれいになって良いと思います。そのような地域活動を、行政としてもバックアップしてほしいと思います。
 また、用事があるから公民館に行くのではなく、公民館に行くと楽しいと思わせる仕掛けを考えてほしいと思います。

【市長の回答】  行政が出来る生活環境の整備にも限界がありますので、地域コミュニティーの構築などに力を入れていきます。  


〇台地部へ通じる道路が、東日本大震災や土砂崩れで壊れてしまいました。現在は、鹿島ハイツのほうの道路を通っています。9月1日から機械を入れて工事が始まるという話を聞きました。  

【市長の回答】  勾配が急であることや、土砂崩れ、排水の問題などについても配慮しなければならないと思います。確認します。  


〇高齢化が進み、農業を営む人が少なくなっています。農業公社を大きくして、受託事業として田を作って、耕作放棄地になることを防いでほしいと思います。  

【市長の回答】  今のままでは荒地になってしまいますので、国のほうでも事業が始まりました。  


〇側溝が道路の片側にしかない場合、側溝と反対側に家を建てた人は、側溝にポンプアップしなければならないのでしょうか?現在は市道認定されています。  

【市長の回答】  現場を確認するなどして、回答します。  


〇子宝手当は、何歳までいくらを予定していますか?  

【市長の回答】  高校を卒業する年齢までの子どものうち3番目以降の子どもに対して、中学校を卒業するまで、一人当たり月2万円を予定しております。現在、詳細については検討を進めているところです。  


  (その他の意見)  ・県道のカーブ箇所における交通事故対策  ・救急搬送時の対応  ・子どもたちへの郷土愛教育  ・崖崩れの相談  ・歩道の設置