ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 市民相談室 > 車座懇談会(猿田地区)

車座懇談会(猿田地区)


本文

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0002050 更新日:2019年11月13日更新

【開催日時】 平成26年10月7日(火) 19:00~20:40  

【対象地区】 猿田  

【会  場】 西福院  

【参加人数】 10名  

【開催風景】                      

            車座懇談会(猿田地区)開催風景  

【内容要旨】  

〇教科ごとに専科教員の充実を図ろうとすると、人件費が必要になると思います。それでも、音楽や理科の専科教員は必要だと思います。しかし、一人の先生が各学校を掛け持ちする方法では、教えられる内容が薄くなってしまうように思います。  

【市長の回答】 10月1日から教育長が変わりました。これから具体的な手法を現場サイドで良く検討します。   


〇雨が降るとコンクリートが削れてしまう道路があります。応急措置はしてもらっていますが、隙間が出来て崩れてしまいます。工事方法を変えなければいけないと思います。また、その場所にはグレーチングが設置してあり、水を吸い込むようにしてありますが、別の場所に設置したほうが良いと思います。  
〇猿田集会所の南側には市道があるはずですが、道路の形跡も無くなっています。  

【市長の回答】 区長さんと一緒に現場を確認して対応するように、担当部署に指示します。  


〇神宮北宮中地区地区計画の進捗状況はどのようになっていますか?  

【市長の回答】 予定事業者が、計画区域に建設する建物や排水施設等の設計及び計画書の作成を進めているところです。今後、地区計画をどのように進めていくか、検証していきます。   


〇関東鉄道バスターミナル跡地から鹿島神宮の参道まで仲店を作ってみてはどうでしょうか?他の観光地などを参考にして、活性化につなげてほしいと思います。  

【市長の回答】 関東鉄道バスターミナル跡地に建設を予定している歴史資料館から鹿島神宮の本殿までの参道については、今年7月に設置しました重点事業推進プロジェクトチームにおいて、プロポーザルなどを行いながら構想を練り、検討していきます。個人的には、鹿島神宮の敷地内に道を造ってもらいたいと考えていますが、法的に許可が出にくいという課題があります。鹿島神宮前でバスを下りて観光し、バスは関東鉄道バスターミナル跡地で待っていれば、観光客は参道を歩くことになり、活性化につながると考えています。   


〇敬老会の対象となるのは何歳からですか?  

【市長の回答】 現在は72歳からです。将来は、高齢化が進むことにより、年齢の引き上げを考えなければならないかもしれません。  


〇車座懇談会は行政区ごとに実施されているようですが、猿田は猿田神領と一緒になって祭りなどを行っています。市長も何度も職員を連れて各地区へ来ていては、大変だと思います。今後の車座懇談会は、いくつかの地区をまとめて行ったほうが良いと思います。  

【市長の回答】 今後検討していきます。  


  (その他の意見)  ・学校の夏休みの期間。  ・カシマサッカースタジアム周辺の開発。