ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 市民相談室 > 車座懇談会(安崎地区)

車座懇談会(安崎地区)


本文

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0002049 更新日:2019年11月13日更新

【開催日時】 平成27年 1月22日(木) 18時30分~20:15  

【対象地区】 安崎  

【会   場】 集会所「お茶の間」  

【参加人数】 11名  

【開催風景】                      

            車座懇談会(安崎地区)開催風景  

【内容要旨】  

〇以前、御園生橋の道路が安崎区を通って潮来方面に延伸するという計画を聞いたことがあります。周辺住民としては、大型車が入って来られるように、車がすれ違える場所が2ケ所くらいあれば良いと思いますが、大きな道路は無い方が静かで良いと思います。  

【市長の回答】 その道路は県道となりますので、茨城県の管轄となります。私が県会議員だった頃に、白紙になりました。なお、神野橋の道路が新日鐵住金方面へ延伸する計画については、茨城県において継続されています。御園生橋の道路が安崎区を通って潮来方面に延伸するためには、相当な基盤整備が必要となりますので、今後の見通しは厳しいと思います。  


〇市役所、まちづくりセンター、病院、ショッピングセンターなどが離ればなれになっており、人が集まり発展の中心となる場所が見当たりません。現状で発展の中心とする場所は、カシマサッカースタジアム周辺が良いと思います。また、「鹿嶋市をこうしたい!」という大きな絵を示せば、町全体が動き出すと思います。  

【市長の回答】 国の考え方としては、郊外型から旧商店街を活性化することに変わってきています。今あるものをきれいに壊して、新たなものを造ることが出来ないので、難しいところです。  


〇今は結婚しない若者が多く、安崎区にも若者はたくさんいますが、人口が増えません。  

【市長の回答】 来年度から、婚活の担当部署を設置します。まずは若者が働く場所を作り、かつ、結婚するチャンスを作ってあげて、それから子どもを産んでもらうという流れを作ってあげなければならないと考えています。また、会社の社長クラスの方と会ったときには、採用人数のうち5人でも10人でも地元枠を作ることをお願いしています。  


〇茨城県は工場誘致全国1位となっていますが、雇用を拡大させるということは本当に難しいと思います。  

【市長の回答】 鹿嶋市の環境は他の地域と比べてもまだ恵まれているので、企業と行政がつながれば、もっと発展させることが出来ると思います。  


〇高齢化が進み、どこの病院に行っても混んでいるということを、耳にします。病気を治すためにお金を使うのではなく、病気にさせないためにお金を使ってほしいと思います。例えば、毎朝ラジオ体操をするということも良いと思います。また、医療費を下げるために健診を実施しても、その受診率が低いと思います。市だけで実施しても集まらないのなら、地域の人でみんなが健診に行くようにしなければならないと思います。  

【市長の回答】 健康寿命を延ばす方法として、私が考えましたのは、温水プールやゲートボール場や高齢者が集まれるような場所を造ることです。この他に健康寿命を延ばす良い方法があれば、皆さんからも教えてほしいと思います。  


〇神栖市では大学生のサッカーなどの合宿で夏でも冬でも人が集まっているということが、テレビで放送されていました。鹿嶋市でも、鹿島アントラーズがあるので合宿所を造るなどすれば、人が集まると思います。  

【市長の回答】 鹿島ハイツにおいては500人くらいの合宿が出来るようです。また、イルミネーションなどが出来れば、もっと人が集まって来ると思います。  


  〇草が生い茂っているところがありますので、市から地権者に草を刈るように指導してほしいと思います。  

【市長の回答】 市の条例においては、地権者に草を刈るように指導が出来ることとなっています。「市で草を刈り、その費用を地権者に請求する」ということも出来ますが、それも地権者に断られたら出来ません。  


〇神野橋と御園生橋を通るコミュニティバスの路線がないので、安崎区付近の県道茨城鹿島線沿線にバス停を造ってほしいと思います。行きと帰りで午前と午後に一本ずつでも良いと思います。平成28年3月に猫帰橋が供用されるときには、交通網も変わっていると思うので、それまでに検討してほしいと思います。  

【市長の回答】 コミュニティバスの運行内容の変更を出来る時期は決まっていますので、その際に課題として伝えていきます。また、デマンドタクシーなど他の公共交通の方法も含めて、鹿嶋市にとって一番良い方法を検討していきたいと思います。  


〇安崎区集会所の南東側にある道路について、舗装と側溝の整備をお願いしたいと思います。道路の水が畑に流れて、作物が育たなくなっています。  

【市長の回答】 担当部署に伝えます。私が車座懇談会で聞いたことについては、返事をすることになっています。また、次の日に担当課長を呼び出して検討指示をしたことや、私自身が現場確認したこともあります。来年度は道路整備課の予算と人員を増やす予定でいます。  


〇安崎、神野、桜町、神野向の4地区は、社協と協力しながら、月に1回、孤独な老人を出さないように高齢者が集まれるサロンのようなものを、地区ごとに各集会所で開催しています。  

【市長の回答】 そういうことは大事だと思います。また、大野地区には小学校ごとに公民館がありませんので、人の集まれる公民館のようなものを、小学校ごとに造ることを考えています。まずは、中野西小学校地区から始める予定です。  


  (その他の意見)  ・東関東自動車道の延伸  ・鹿島神宮とその祭事を利用した観光事業の休日開催  ・鹿島小学校前交差点のスクランブル交差点化  ・東京電力の収益と電気料金の値上がり