ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 政策秘書課 > 第四次鹿嶋市総合計画の策定状況について

第四次鹿嶋市総合計画の策定状況について


本文

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0054850 更新日:2021年8月3日更新

第四次鹿嶋市総合計画を策定しています

 総合計画は、計画的な市政運営を図るための市の最上位計画であり、社会的な動向のほか、国や茨城県などの施策動向などを考慮しつつ、市の将来像を設定し、その実現のための取り組みを示すものです。
 第四次鹿嶋市総合計画では、2021年度を計画年度とし、25年後の鹿嶋市の「あるべき姿・ありたい姿」(基本構想)を思い描き、当初10年間の方針(基本計画)を定めたうえで、5年を一区切りとした具体的な行動計画(まち・ひと・しごと創生総合戦略)を策定します。

策定の方針・進捗状況

 本市では、鹿嶋市総合計画審議会を設置し、これまでの審議会の中で、総合計画の基本構想を策定してまいりました。
 私たちは、直近10年の間に、東日本大震災、新型コロナウィルスの感染拡大という未曽有の災害により、それまでとは異なる新しいライフスタイルを求められてきました。「まちづくり」もこれまで培ってきた経験、前提のみでは、急激に変化する社会情勢に対応できなくなっています。
 そこで、目標(基本構想)は明確に掲げつつも、そこに至るまでの手法(まち・ひと・しごと地方創生総合戦略)はその都度、状況に応じて変化させることとしました。

 また、市内各種団体とのヒアリングや意識調査の実施、「鹿嶋市の未来のシナリオ作成ワークショップ」の開催を通じて、目指すべき鹿嶋市の将来像や、これからのリスクと可能性について検討を行い、基本構想の策定に反映してまいりました。
総合計画審議会開催状況
開催日 会議 内容
令和2年8月21日 令和2年度第1回総合計画審議会

・第三次総合計画について

・第四次総合計画の策定方針について

令和3年1月12日 令和2年度第2回総合計画審議会

・『未来のシナリオ』作成ワークショップについて

・第四次総合計画の策定状況について

・現総合計画及び総合戦略事業の進捗について

・地方創生推進交付金事業について

令和3年3月24日 令和2年度第3回総合計画審議会

・意識調査の結果について

・『未来のシナリオ』作成ワークショップについて

・第四次総合計画の基本構想について

令和3年7月6日 令和3年度第1回総合計画審議会

・現総合計画及び総合戦略事業の進捗について

・意識調査の結果について

・第四次総合計画の基本構想~施策について

 

 令和3年度第1回総合計画審議会の協議を経て、別添「第四次鹿嶋市総合計画(総合計画~施策)」の基本構想部分については、承認されました。
 今後、基本計画や総合戦略の検討を進めることとなりますが、これまでの別添資料、また今後の検討すべき点について、市民、事業者の皆さまのご意見を伺いたいと思っております。
 ご意見については、本ページの下部「メールでのお問い合わせはこちら」からお送りいただくこととなりますが、いただいた意見・要望に関しましては、個別の返信はせず、検討資料としてまとめ、審議会等で活用させていただくことをご承知おきください。

期間:令和3年8月16日まで

 なお、令和3年度第1回総合計画審議会での「基本構想~施策」に関する協議内容は別添「議事録」のとおりです。


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


避難所混雑状況