ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 申請・手続き > 令和元年度の国民健康保険税について

本文

令和元年度の国民健康保険税について

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0001839 更新日:2019年11月13日更新

 国保税は、皆さんの医療費に充てられる国民健康保険(国保)の大切な財源です。国保税が不足すると、私たちは国保から十分な給付が受けられなくなり、医療費の負担も大きくなってしまいます。自分のため、みんなのために、国保税は必ず納期内に納めましょう。
 
◆国保税の決め方
 国保税は、医療保険分、後期高齢者支援金分、介護保険分のそれぞれの区分に対し、所得割・均等割・平等割から算出します。その際、限度額を超えて課税はされません。   

区分 医療保険分

後期高齢者
支援金分

介護保険分
40歳以上65歳未満の方のみ

算定方法
所得割 7.50% 2.40% 2.00% 加入者全員の所得額に応じて計算
均等割 16、000円 7、000円 10、000円 加入者一人あたり
平等割 22、000円 6、000円 5、000円 一世帯あたり
限度額  61万円 19万円 16万円 合計96万円

◆国民健康保険税の軽減について

 国民健康保険税の軽減判定所得が、下表の金額の範囲内にある世帯については、「平等割」と「均等割」が軽減されます。  

7割軽減 世帯総所得が 33万円 を超えない世帯
5割軽減 世帯総所得が 33万円+28万円×被保険者数を超えない世帯
2割軽減

世帯総所得が 33万円+51万円×被保険者数を超えない世帯

◆国保税についての注意
 国保税は年度ごとに計算して決定されます。(7月本算定で決定)

  1. 年度の途中で加入・脱退した場合 

  • 途中の加入→加入した月から月割りで納付 
  • ​途中で脱退→脱退した月の前月までを月割りで納付

  2. 年度の途中で介護保険の第2号被保険者になった場合 

  • ​年度途中で40歳になる人→40歳の誕生日の月(1日が誕生日の人はその前月)から介護保険分を納めます。
  • 年度途中で65歳になる人→65歳になる前月(1日が誕生日の人はその前々月)まで介護保険分を計算します。

 3. 他の市区町村から転入した場合、国保税算定の基礎となる前年の所得金額を、前住所地に問い合わせます。そのため、所得金額がわかってから国保税が変更されることがあります。
 4. 加入の届け出が遅れた場合、遅れた分の国保税もさかのぼって納めることになります。
 5. 所得の申告が遅れた場合は、申告内容により国保税をさかのぼって納めていただくこともあります。

◆特別な理由なく国保税を滞納すると

  1. 督促を受けたり、延滞金が加算されます。
  2. 有効期限が短い「短期被保険者証」が交付されます。
  3. 被保険者証を返してもらい、「資格証明書」が交付されます。(医療費は全額自己負担となります。)
  4. 国民健康保険の給付の全部または一部を差し止められます。
  5. さらに滞納が続くと、国民健康保険の給付(療養費、高額療養費、出産育児一時金、葬祭費など)の全部または一部が滞納している国保税にあてられます。

*上記の滞納措置のほか、財産の差し押さえなどの滞納処分を行う場合もあります。


◆令和元年度国民健康保険税納付期限について
 納期は「8回」です。なお、年金から天引き(特別徴収)の方は、引き続き年金支給時の徴収となります。 

期別 納付期限
第1期 令和元年 7月31日(水曜日)
 第2期  令和元年 9月 2日(月曜日)
第3期 令和元年 9月30日(月曜日)
第4期 令和元年10月31日(木曜日)
第5期 令和元年12月 2日(月曜日)
第6期 令和元年12月25日(水曜日)
第7期 令和2年 1月31日(金曜日)
第8期 令和2年 3月 2日(月曜日)

 
◆納税は便利な口座振替をご利用ください
 お申し込みは鹿嶋市指定の市内金融機関などの窓口で取り扱います。
 申し込みに必要なもの・・・国保税の納付書、通帳、届出印
 ※口座振替についてのお問い合わせは収納課へお願いします。