ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 市長室 > 市民のみなさんへ 市長コメント(8月19日発表)

本文

市民のみなさんへ 市長コメント(8月19日発表)

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0055707 更新日:2021年8月19日更新

市民・事業者の皆さまへ

 新型コロナウイルス感染症の拡大が止まりません。

 全国的に新型コロナウイルス感染症の感染者数がこれまでにない勢いで急増している状況を踏まえ、茨城県では8月16日(月曜日)に独自の「茨城県非常事態宣言」を発令したことに加え、17日(火曜日)には新型コロナウイルス特別措置法に基づく国の「緊急事態宣言」が、20日(金曜日)から9月12日(日曜日)まで1年3か月ぶりに本県にも適用されることとなりました。

 皆さまも感じられている通り、日本全国を始め、茨城県、そして本市もこれまでになく深刻な事態となっており、市民お一人おひとりが一丸となった『共に命を救う』ための行動が、今まさに求められております。

 本市でも、“デルタ株”の急速な拡大の影響により、若い世代を中心に連日多くの新規感染者が確認されており、市内の感染例をとっても昨年の症状とは全く違う様相となっています。

 お一人の感染から家族の全員が感染となる例をはじめ、入院を希望されてもやむなく自宅療養となる方、更には、中等症や重症となられても近隣の病院ではなく県内遠方の病院に搬送される方も少なくありません。また、この間は児童や未就学児の感染例も大幅に増えています。もはや市内全域、お一人おひとりが予断を許さない状況となっていることは疑いのない事実です。ワクチン接種を済ませた方におかれましても、引き続きの感染予防対策の徹底をお願いします。

 市民の皆さま及び事業者の皆さまにおかれましては、宣言期間中は、イベント等の中止をはじめ施設の利用制限などにより更なるご不便やご迷惑をおかけしますが、皆さま一人ひとりの高い意識をもった行動が、自分の命、大切な人の命を守ることに繋がります。何卒、ご理解とご協力いただきますようお願い申し上げます。

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大を抑制するためには、何よりも一人ひとり高い行動意識と予防対策が必要です!

令和3年8月19日

鹿嶋市長 錦織孝一


避難所混雑状況