ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > 子育て・教育 > 生涯学習 > 公民館 > 鹿嶋市立公民館 > 【豊郷公民館】 郷っ子こども教室第1弾! 『土器をつくる』開催しました
現在地 ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > まちづくり・コミュニティ・共創 > コミュニティ・自治会 > 鹿嶋市立公民館 > 【豊郷公民館】 郷っ子こども教室第1弾! 『土器をつくる』開催しました

本文

【豊郷公民館】 郷っ子こども教室第1弾! 『土器をつくる』開催しました

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0063969 更新日:2022年8月7日更新

活動報告

令和4年8月2日火曜日、午前の部と午後の部に分かれて『土器をつくる』を開催しました。

◆共催   鹿嶋市どきどきセンター  放課後こどもプラン運営委員会

◆協力   豊郷小児童クラブ

◆講師   鹿嶋市どきどきセンターから4名

        石橋 美和子 先生、 荒井 保雄 先生、 原 久雄 先生、 立原 遼平 先生

◆参加者 豊郷小児童クラブ利用の児童 (44名が参加)

◆内容と様子

 焼かずに素焼きの感じを出せるオーカークレー粘土を使って、土器づくりを行いました。

 基本的な土器の作り方を教わったあとに、それぞれ思い思いの土器を作っていきす。

 粘土を棒状に伸ばして輪っかを作り、積み重ねながら土器の形を作っていく地道な作業。

 子どもたちの表情は真剣です。

 積み重ねた輪をなめらかな器の形にしていく作業は大変そうでしたが、土器の形がようやく完成。

 休憩時間に、発掘された土器や石器に直接手で触れ、よく観察をしてから土器の模様付けにとりかかりました。

 貝や縄、棒、ギザギザしたヘラを使って模様を付け個性豊かな土器が次々と完成していきます。

 残った粘土で埴輪や好きな形の人形を作り、作業を終えました。

 土器を乾燥させるために、台の上にならべた作品を見ると縄文時代にタイムスリップしたような雰囲気に。

 ひとつひとつの作品が繊細な感じの物、どっしりとした感じの物など、形や装飾に個性がひかる作品がいっぱいで、

完成した土器を並べると、これがまたカッコイイんです(≧▽≦)✨✨✨

 先生が、豊郷地区にはたくさんの遺跡があり土器や石器など発掘されているお話をしてくださいました。

 自分たちが住んでいる地区に古墳があることを知って驚いている子もいました。

 今回のこども教室をきっかけに、地元の歴史に興味を持ってくれる子ども達が増えるといいいなと思います!

 最後に、感想と工夫したところを一人一人発表していきました。

 「難しかったけれど、また作ってみたい。」「模様付けを頑張った。」など楽しんでできたようです。 

 『郷っ子こども教室 第2弾』を只今考え中なので、次回を楽しみに待っていてくださいね(#^^#)

 

フォトギャラリー

▼先生方の説明を聞いて、土器づくりの始まり!

土器づくり 説明の様子

土器の作り方 説明の様子

郷っ子こども教室 土器づくりの様子

郷っ子こども教室 土器を作る子供たちの様子

粘土を棒状にする様子

▼粘土を棒状にして輪っかにしていく地道な作業。

粘土を棒状にする作業

▼輪っかにした粘土を積み重ねてなめらかな器の形にしています。けっこう難しいです。

土器の形づくり 集中して作っている様子

▼直接土器に触れて観察。「えっ!?これ本物なの?」と驚きの声。

縄文土器に直接手で触れる子供たち

▼本物の土器や石器に興味津々。そしてじっくり観察。

土器や石器に触れる子どもたち

石器に触る子供たち

▼土器に模様をつけるための道具がいっぱい。どれにしようか迷っています。

土器に模様をつける道具を選ぶ子どもたち

▼ヘラや縄、貝、縄を巻き付けた棒などを使って模様付け。

土器に模様をつける様子

土器に模様をつける作業

土器に模様をつける作業

土器に縄で模様をつける作業

棒を使って土器に模様をつける作業

▼いろんな角度から入念にチェック。集中集中。

完成間近の土器を入念にチェックする児童

棒を使って土器に模様をつける作業

石を使って土器に模様をつける作業

▼残った粘土で埴輪づくり。

埴輪づくり

▼埴輪が乗っています。( *´艸`)

土器に乗った埴輪

▼完成した土器(1年生、3年生、6年生の作品)

完成した土器

▼完成した作品(2年生、4年生、5年生の作品)

完成した土器 たくさんの埴輪たち

 

 

 

 

 

 

 

 

 


避難所混雑状況