ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > しごと・入札 > 商工業 > 中小企業支援 > 新型コロナウイルス感染症関連情報(情報集約ページ) > 【事業者向け】家賃支援給付金の申請サポートについて

本文

【事業者向け】家賃支援給付金の申請サポートについて

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0016291 更新日:2020年10月17日更新

\家賃支援給付金の申請をサポートします/
申請サポートキャラバン隊のご案内

家賃支援給付金とは?

5月の緊急事態宣言の延長等により、売上が減少した事業者の地代・家賃(賃料)の負担を軽減する、国の給付金です。詳細は公式ホームページ<外部リンク>でご確認ください。

開催期間・場所

11月28日(土曜日)~12月4日(金曜日)

予約開始: 11月7日(月曜日)~
場所:神栖市商工会波崎支所2階 大会議室(神栖市土合本町5-9809-527)

12月14日(月曜日)~12月20日(日曜日)

予約開始: 11月23日(月曜日)~
場所:鹿嶋市商工会館 2階 カルチャー教室(鹿嶋市宮中2-1-34)

開催時間

9時00分~17時00分(最終受付15時30分)

※最終日は15時30分まで(最終受付14時00分)

事前予約

電話予約:0120-150-413(土日祝日含む9時00分~18時00分)

インターネット予約:https://yachin-shien.go.jp/caravan/ibaraki/index.html<外部リンク>

 

!!ご注意ください!!

申請における書類不備が多く見られ、再訪される方が多い状況です。

できるだけ1度の訪問時に申請を完結できるよう、申請書類等について以下でご確認ください。

家賃支援給付金コールセンター:0120-653-930(土曜・祝日を除く8時30分-19時00分)

家賃支援給付金公式ページ:https://yachin-shien.go.jp/<外部リンク>

 


 

家賃支援給付金とは?

5月の緊急事態宣言の延長等により、売上の減少に直面する事業者の事業継続を下支えするため、地代・家賃(賃料)の負担を軽減する給付金を国が支給します。

対象

以下(1)から(3)すべてを満たす事業者

(1)資本金10億円未満の中堅企業・中小企業・小規模事業者・フリーランスを含む個人事業主
※医療法人、農業法人、NPO法人、社会福祉法人など、会社以外の法人も幅広く対象。

(2)5月~12月の売上高について以下いずれかの減少がある方
 ・1か月で前年同月比▲50%以上
 ・連続する3か月の合計で前年同期比▲30%以上

(3)自らの事業のために占有する土地・建物の賃料を支払っている方

給付額

法人に最大600万円、個人事業主に最大300万円を一括支給

算定方法

申請時直近1ヶ月における支払賃料(月額)に基づき算定した給付額(月額)の6倍

 

支払賃料(月額)

給付額(月額)

法人

75万円以下

支払賃料×2/3

 

75万円超

50万円+〔支払賃料の75万円の超過分×1/3〕

※ただし、100万円(月額)が上限

個人事業主

37.5万円以下

支払賃料×2/3

 

37.5万円超

25万円+〔支払賃料の37.5万円の超過分×1/3〕

※ただし、50万円(月額)が上限

必要書類

  1. 賃貸借契約の存在を証明する書類(賃貸借契約書等)
  2. 申請時の直近3か月分の賃料支払実績を証明する書類(銀行通帳の写し、振込明細書等)
  3. 売上減少を証明する書類(確定申告書、売上台帳等)※
  4. 振込先の口座情報が確認できる書類(通帳等)※
  5. 個人の方は、本人確認書類(運転免許証等)※

 ※持続化給付金の申請に必要な書類と同様です。

詳しくは、公式ホームページ<外部リンク>から、申請要領をご確認ください。

申請期間

2021年1月15日(金曜日)まで

お問い合わせ・相談窓口

家賃支援給付金コールセンター 0120-653-930 (土曜・祝日を除く8時30分-19時00分)


鹿嶋市対策本部
定額給付金に関すること

 家ですごそう<外部リンク>