ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

「ひとり親世帯臨時特別給付金」を支給します

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0016190 更新日:2020年8月1日更新

 新型コロナウイルス感染症の影響により、子育てと仕事を一人で担う低所得のひとり親に、子育て負担の増加や収入の減少など心身等に大きな困難が生じていることを踏まえ、こうした世帯を支援するため、国の施策として給付金が支給されます。

 対象要件によって、申請が必要となります。

 下記の要件などをご確認の上、該当すると考えられる方はこども相談課にお問い合わせください。世帯の状況を確認した上で、申請に必要な書類についてご案内いたします。

 

給付額

基本給付

1世帯あたり50,000円
第2子以降、1人につき30,000円

追加給付

1世帯あたり50,000円

 

支給対象者

基本給付

 2020年(令和2年)6月分の児童扶養手当の受給資格者であって、次のいずれかに該当する方が対象となります。

 なお、受給資格者とは、児童扶養手当の資格要件に該当する方で、児童扶養手当の申請をおこなっていない方も含みます。
 また、児童扶養手当法に定める「養育者」の方も対象になります。

(1)2020年6月分の児童扶養手当が支給される方
(2)公的年金等を受給しており、2020年6月分の児童扶養手当の支給が全額停止される方
  ※公的年金等…遺族年金、障害年金、老齢年金、遺族補償など
(3)新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変するなど、収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準となっている方

 

追加給付

 新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が減少している方への給付となります。

 前述の基本給付(1)または(2)に該当する方のうち、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が減少した方

 

支給要件フローチャート

 ご自身が該当するか、次のファイルをご確認ください。

支給要件確認フローチャート(厚生労働省) [PDFファイル/454KB]

 

支給対象者別の手続きの流れ

児童扶養手当の認定をすでに受けている方

 7月17日(金)に発送した現況届のご案内に、対象者別に個別通知をしていますので、そちらをご確認ください。

 

児童扶養手当の認定を受けていない方

 まず、児童扶養手当の資格要件に該当する必要があります。その上で、以下に該当する方が支給を受けられます。

公的年金等を受給しており、2020年6月分の児童扶養手当の支給が全額停止される方

 【基本給付】【追加給付】の申請ができます

 申請書に必要事項を記入して、必要書類とともにこども相談課の申請窓口に直接提出するか、または郵送でご提出いただきます。

 世帯によって必要書類が異なります。また、要件に該当するかどうかも判断が必要となりますので、まずは事前にこども相談課にご相談ください。

 申請後は、給付金の支給要件に該当する方には可能な限り速やかに振り込みます。

申請に必要な書類

 申請書に添付が必要な書類があります。申請書の「提出書類」の項目をご確認ください。

給付金【基本給付】申請書(様式第3号)@公的年金給付等受給者 [PDFファイル/195KB]

収入額申立書(年金)(様式第4号)@申請者本人用 [PDFファイル/335KB]

収入額申立書(年金)(様式第4号)@扶養義務者用 [PDFファイル/335KB] 
 ※扶養義務者(同居している申請者の父母、祖父母、兄弟姉妹、対象児童以外の子など直系血族)がいる場合は、その全員分が必要です。

給付金【追加給付】申請書(様式第5号) [PDFファイル/109KB]

 

新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変するなど、収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準となっている方

 【基本給付】のみ申請ができます。

 申請書に必要事項を記入して、必要書類とともにこども相談課の申請窓口に直接提出するか、または郵送でご提出いただきます。

 世帯によって必要書類が異なります。また、要件に該当するかどうかも判断が必要となりますので、まずは事前にこども相談課にご相談ください。

 申請後は、給付金の支給要件に該当する方には可能な限り速やかに振り込みます。

申請に必要な書類

 申請書に添付が必要な書類があります。申請書の「提出書類」の項目をご確認ください。

給付金【基本給付】申請書(様式第3号)@家計急変者 [PDFファイル/196KB]

収入見込額申立書(家計急変)(様式第4号)@申請者本人用 [PDFファイル/361KB]

収入見込額申立書(家計急変)(様式第4号)@扶養義務者用 [PDFファイル/198KB]
 ※扶養義務者(同居している申請者の父母、祖父母、兄弟姉妹、対象児童以外の子など直系血族)がいる場合は、その全員分が必要です。

 

申請期間

令和2年8月3日(月)から令和3年2月26日(金)まで

午前8時30分から午後5時15分まで(土・日曜日、祝日を除く)

 

児童扶養手当の資格要件(参考)

 以下のいずれかに該当する児童を監護する母、監護し、かつ、生計を同じくする父または当該児童を養育する養育者

 ※なお、「児童」とは、18歳になって最初の3月31日までにある方または20歳未満で一定の障害の状態にある方です。

(1)父母が婚姻を解消した児童
(2)父母のいずれかが死亡した児童
(3)父母のいずれかが一定の障害の状態にある児童
(4)父母のいずれかの生死が明らかでない児童
(5)父母のいずれかが引き続き1年以上遺棄している児童
(6)父母のいずれかが保護命令を受けた児童
(7)父母のいずれかが引き続き1年以上拘禁されている児童
(8)母が婚姻によらないで懐胎した児童
(9)その他上記に準ずる状態にある児童

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


定額給付金に関すること
鹿嶋市対策本部

 家ですごそう<外部リンク>