ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > くらし・手続き > 防災 > 災害情報 > 新型コロナウイルス感染症関連情報(情報集約ページ) > 新型コロナウイルスに便乗したなりすまし詐欺などにご注意ください!

本文

新型コロナウイルスに便乗したなりすまし詐欺などにご注意ください!

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 ページID:0012907 更新日:2020年4月13日更新

新型コロナウイルスに便乗した悪質商法にご注意ください!

 新型コロナウイルスの感染拡大に関連した相談が、全国の消費生活センターに寄せられています。

 当ページでは、市役所などの公的機関や携帯電話会社などになりすまして、新型コロナウイルスを口実に、個人情報や口座情報を詐取しようとする事例や、オレオレ詐欺の事例を被害の未然防止のために紹介します。

相談事例

なりすまし

  • 市の新型コロナウイルス対策室を名乗り、個人情報を聞き出す不審な電話を受けた(年代不明、女性)
  • 携帯電話会社名で、新型コロナウイルス関係の助成金を配布するとのメールが届いた(30歳代、女性)
  • 自宅の固定電話に「新型コロナウイルスの検査が無料で受けられる。マイナンバーが必要。これから自宅に行く」という電話があった(50歳代、女性)
  • 信用金庫の職員を名乗る電話があり、新型コロナウイルスの関係で必要と口座番号と暗証番号を聞かれた(80歳代、女性)

オレオレ詐欺

  • 息子を名乗り「会社の上司に借りたお金を返して」と電話があり、上司から「新型コロナウイルスで困っているのですぐにお金を返してほしい」と頼まれ、現金を手渡した

消費者へのアドバイス

なりすまし】へのアドバイス

  • 電話やメール等で「助成金があるので個人情報や口座情報を教えてほしい」と言われたら、詐欺の疑いがあります。こうした電話はすぐに切り、メールは無視してください。
  • 事業者団体や金融機関、警察が暗証番号を尋ねたり、キャッシュカードや通帳を送るように指示したりすることは一切ありません。電話や訪問をされたり、メール等が届いたりしても、絶対に口座情報や暗証番号等を教えたり、キャッシュカード、通帳、現金を渡したりしないでください。

オレオレ詐欺】へのアドバイス

  • オレオレ詐欺の犯人は、住所等が記載された電話帳や学校の卒業生名簿など、事前に多くの個人情報を入手してから、だましの電話をかけています。家族の職場の関係者や警察等の官公庁、金融機関等を名乗る電話があった場合、すぐに信じることなく、相手の電話番号を調べましょう。そして必ず家族の本来の番号に電話してください。
  • 他人には絶対に現金を手渡したり、キャッシュカードなどの暗証番号を教えてはいけません。お金を「送る・手渡す・振り込む」前に相談しましょう。

ひとりで悩まず、消費生活センターにご相談ください

 不審に思った場合やトラブルにあった場合は、ひとりで悩まず早めに鹿嶋市消費生活センターまたは消費者ホットラインへご相談ください。

鹿嶋市消費生活センター

電話番号:0299-85-1320

消費者ホットライン

電話番号:188

 


【参考】アイコン_リンク国民生活センターホームページ<外部リンク>


定額給付金に関すること
鹿嶋市対策本部

 家ですごそう<外部リンク>