スタートページに設定  お気に入りに追加 サイトマップ
まちの話題
画面を拡大 標準 音声読み上げ・色調変更
korean English 中文

まちの話題 写真館


まちの話題タイトル一覧
2018-06-19   学校給食にW杯ロシア大会にちなんだ特別献立が登場
 6月14・19日に、2018FIFAワールドカップロシア大会にちなんだ特別献立が市内公立幼稚園(全4園)、小・中学校(全17校)の給食に提供されました。
 開幕当日の14日は、ワールドカップ開催地であるロシアの料理3品「オリビエサラダ(ピクルスが入ったロシア版ポテトサラダ)」、「シー(キャベツやタマネギなど野菜たっぷりのスープ」、「ピロシキ(小麦粉を練った生地で肉や野菜などを包み揚げた料理)」が、日本初戦の19日は日本応援の意味を込め、サッカーボール柄の袋に入った蒸しパンが登場しました。
 鹿島中学校サッカー部キャプテンの小野寺七翔君は「僕も将来はワールドカップの舞台に立ちたい。日本初戦はぜひ勝ってほしい」と日本代表にエールを送りました。
 19日21時から行われた日本初戦のコロンビア戦は、2-1で見事勝利しました。
 鹿島アントラーズから選出の昌子源選手、植田直通選手の活躍と、引き続き日本の勝利を願い、みんなで応援しましょう。
 ガンバレ日本!

(写真左から)
◆学年を縦割に分け、異学年と一緒にロシア料理を堪能(中野西小)
◆ピロシキのお味はいかが?(中野西小)
◆手作りボードを使って日本初戦のコロンビア戦を紹介(鹿島中)
◆サッカーボール蒸しパンを持って日本を応援!(鹿島中)

▲ページの上部へ


2018-06-18   地産地消!かしまのしらすをいただきます!
 6月18日、市立幼稚園(全4園)、小・中学校(全17校)で、鹿嶋市で水揚げされた「しらす」を使った「かしまなだしらすのパスタ」が提供されました。
 この取り組みは、地元産の海産物に理解を深め、地産地消の大切さを学ぶことを目的に提供されており、食べる前に「かしまなだしらす」の紹介も行われました。
 生徒たちは「おいしい!」と次々におかわりし、あっという間に、しらすパスタは無くなってしまいました。


(写真左から)
・給食で提供されたしらすパスタ
・次々とおかわりが進む
・地産地消の大切さを舌でも学ぶ
・口いっぱいに頬張る姿も

▲ページの上部へ


2018-06-11   新日鐵住金鹿島硬式野球部 中島監督が本大会出場を報告
KASHIMA CITY PHOTO TOPICS
 6月11日、新日鐵住金鹿島硬式野球部中島彰一監督と菊入滉平マネージャーが市役所を訪れ、錦織孝一市長に本大会出場を報告しました。
 中島監督は「応援ありがとうございました。東京ドームでは2年間勝てていないので、今年こそ1勝できるようがんばります」と本大会への意気込みを話しました。
 また、錦織市長は「6日の大逆転劇は、あきらめないでがんばることの大切さを証明してくれました。東京ドームでも、子どもたちに夢や希望を与えられるよう、全力プレーでがんばってください」と激励しました。
 本大会初戦の対戦チームは、6月17日(日)に決まる予定です。
みんなで新日鐵住金鹿島を応援しましょう。

【第89回都市対抗野球大会 本大会】
日程:7月13日(金)~24日(火)
会場:東京ドーム

(写真左から)
◆中島彰一監督による本大会出場報告
◆錦織孝一市長による激励
◆北関東代表の盾を手に記念撮影

▲ページの上部へ


2018-06-09   鹿嶋のメロン祭り開催
 6月9日、JAしおさい鹿嶋営農経済センターで毎年恒例のメロン祭りが開催されました。
 当日は、イベントを楽しみにしていた大勢の人でにぎわい、メロンを知人や親せきなどに送ろうと、何箱も購入していました。
 会場内ではメロンのほか、多くの農産物や海産物などの特産品が並び、集まった人たちは、ひと足早い夏のまつりを楽しみました。


(写真左から)
〇大人の胸の高さまで山積みされたメロン
〇勝者にメロンがプレゼントされる市長とのじゃんけん大会
〇じゃんけんで勝ったお子さんと記念撮影
〇農産物の販売も行われました

▲ページの上部へ


1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ >> 


カウンター

※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが別ウィンドウで開きます。

▲このページのトップへ
このホームページについて個人情報の取り扱いについて著作権について
情報発信:鹿嶋市広報推進課 〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
Tel:0299-82-2911 E-mail:info1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

鹿嶋市役所へのアクセス