スタートページに設定  お気に入りに追加 サイトマップ
まちの話題
画面を拡大 標準 音声読み上げ・色調変更
korean English 中文

まちの話題 写真館


スマートフォン版
まちの話題タイトル一覧
2017-08-31   「災害時等の公衆衛生及び環境保全に係る検査に関する協定」
KASHIMA CITY PHOTO TOPICS KASHIMA CITY PHOTO TOPICS
 8月31日、市役所にて、鹿嶋市と一般財団法人 茨城県薬剤師会検査センターとの間で「災害時等の公衆衛生及び環境保全に係る検査に関する協定」の調印式が行われました。
 この協定締結により、今後は地震、風水害などによる大規模な災害により多数の傷病者が発生または発生する恐れがある場合において、市が同検査センターに対し、速やかに避難所に設置している受水槽の水質検査などを要請することができるようになります。
 
 併せて、この協定締結により10月2日(月)からは、市役所で受け付けしている飲用井戸水の水質検査が、割引料金で検査できることとになりました。
 ただし、割引料金で検査ができるのは、市役所 環境政策課窓口で受け付けたもののみとなります。潮来保健所などに持ち込んだ場合は適用となりませんので、ご注意ください。
 詳しくは、市ホームページ記事「飲用井戸水の水質検査について」をご覧ください。
<a href="http://city.kashima.ibaraki.jp/info/detail.php?no=4645" target="_parent">飲用井戸水の水質検査について(記事へリンク)</a>
 
(写真左から)
◆協定書に署名する茨城県薬剤師会検査センター 横濱明理事長(左)と錦織孝一市長(右)
◆協定締結後の記念撮影

▲ページの上部へ


2017-08-26   鹿嶋を彩る空の華「第39回鹿嶋市花火大会」
 8月26日、大船津の北浦湖上で、鹿嶋市観光協会主催による第39回鹿嶋市花火大会が開催されました。
 当日は、多くの観客が注目するなか、日本最大級の水上鳥居「一之鳥居」の背後にあがる水中スターマインや、尺玉108連発や大型スターマインの連続4,000発などの豪快な花火が、夏の夜空を華やかに彩りました。
 また、会場で名前とメッセージをアナウンスしてから打ち上げられる「メッセージ花火」では、かしま大使である研ナオコさんからも「な~ま~は~な~び~」と独特の色っぽい口調でのメッセージが放送され、会場は笑いに包まれていました。

※ 花火大会入込客数 17万人(市観光協会発表)

(写真左から)
◆錦織市長によるあいさつ
◆花火2~4

▲ページの上部へ


2017-08-08   鹿行広域バス(神宮・あやめライン)の実証運行に係る運行開始式開催
 8月8日、ショッピングセンターチェリオ駐車場にて、鹿行広域バス(神宮・あやめライン)の実証運行に係る運行開始式が開催されました。
 この事業は、地方創生の一環として、地域住民の利便性向上や交通機関充実による若年層の定住促進を図るため、茨城県、鹿嶋市、潮来市が連携し、鹿嶋市‐潮来市間の広域路線バスを来年3月まで実証運行するものです。
 運行開始式には、錦織市長や菊地茨城県副知事、原市長(潮来市)をはじめ、路線バス運行業者や鹿行地区の行政職員などの関係者が出席しました。錦織市長は「神宮・あやめラインを、鹿嶋市と潮来市の両市民が通勤、通学、買い物などに利用する便利な交通手段として普及させていきたい」と話し、さらに「東京2020オリンピックサッカー競技開催に向けて、多くの来訪者を鹿行地域で迎え入れるために鹿行全域を周遊できる公共交通体系を構築していくことが重要であり、この事業はその第一歩である」と今後に向けた展望を話されました。
 そして、錦織市長をはじめとする関係者によるテープカットが行われた後、神宮・あやめラインは潮来方面に向かって出発しました。
 皆様も、潮来バスターミナルまでの連絡や通勤、通学、買い物などにぜひご利用ください。

(写真 左から)
◆神宮・あやめライン(関東鉄道)
◆錦織市長のあいさつ
◆テープカット
◆神宮・あやめライン(池田交通)

▲ページの上部へ


2017-08-05   犯罪のない明るい社会に「第67回社会を明るくする運動」
KASHIMA CITY PHOTO TOPICS
 8月5日、鹿島アントラーズ対ベカルタ仙台の試合に併せ、カシマスタジアムのコンコース内で、鹿島地区保護司会鹿嶋支部と鹿島地区更生保護女性会による「第67回社会を明るくする運動」の啓発活動が行われました。
 この活動は、すべての国民が、犯罪や非行の防止や罪を犯した人たちの更生についての理解を深め、力を合わせて犯罪や非行のない地域社会を築こうというものです。
 啓発活動では、役員が中心となってコンコースにいた多くの方々にチラシ配布を行うとともに、「犯罪のない明るい社会づくりに御協力ください」と呼びかけていました。
 その後行われた試合では、濃霧の中でも土井選手と鈴木選手がしっかりとゴールを決め、鹿島アントラーズが2-0で勝利をおさめました。

(写真 左から)
◆スタジアムコンコースでの啓発活動
◆啓発活動ののぼり
◆先制点を決めた土井選手のシュート

▲ページの上部へ


<<前へ  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ >> 


カウンター

※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが別ウィンドウで開きます。

▲このページのトップへ
このホームページについて個人情報の取り扱いについて著作権について
情報発信:鹿嶋市秘書広報課 〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
Tel:0299-82-2911 E-mail:info1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

鹿嶋市役所へのアクセス