スタートページに設定  お気に入りに追加 サイトマップ
まちの話題
画面を拡大 標準 音声読み上げ・色調変更
korean English 中文

まちの話題 写真館

まちの話題タイトル一覧
2019年01月26日 第48回新春文化財愛護かるた大会
 1月26日、第48回新春文化財愛護かるた大会(主催:鹿嶋市文化財愛護協会)がカシマスポーツセンター柔道場で開催され、子どもたちを中心に約80名が参加しました。

 この大会は、代々受け継がれる文化を次世代につなぐことを目的に、毎年開催される新年の恒例行事です。大会で使用される「文化財愛護かるた」は、鹿嶋市の歴史を48音で振り返ることが出来るよう作られており、幼稚園・保育園の部による懇親競技の後、小学校の低・中・高学年、一般シニアの4部門に分かれ、熱戦が繰り広げられました。

 特に今年は、長さが約30センチの大判かるたが登場し、子どもたちが参加して個人戦が行われました。かるたが読み上げられると、子どもたちは一目散に走り、誰が取ったのかわからないほどの接戦となる場面もありました。

 優勝した男の子は「家で時々かるたをするので、妹と一緒に参加した。強い人が多かったが優勝できた」と飛び跳ねて喜んでいました。


【取材:まちかど情報特派員 大橋角蔵】


(写真左から)
◆大人から子どもまで多くの人が参加
◆初登場の大判かるた
◆入賞した子どもたち
◆文化財愛護かるた

※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが別ウィンドウで開きます。

このページに関するアンケート
質問:このページの情報は役に立ちましたか?
役に立ったどちらともいえない役に立たなかった
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
見つけやすかったどちらともいえない見つけにくかった
▲このページのトップへ
このホームページについて個人情報の取り扱いについて著作権について
情報発信:鹿嶋市広報推進課 〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
Tel:0299-82-2911 E-mail:info1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

鹿嶋市役所へのアクセス