移住先輩ファミリーに聞く!鹿嶋のここが魅力!

子育てファミリーにとって
大切なものは全部そろっている!

鈴木さん一家は、2017年3月、長女が小学校に入学するタイミングで鹿嶋市に移住を決意。奥様の友美さんは鹿嶋市の出身。寿典さんは、高速バスを使って都内へ通勤しています。

鈴木さんファミリー

東京→鹿嶋 2017.03〜

北浦を一望できる鹿島城山公園でインタビューを受ける鈴木さんファミリー

霞ヶ浦(北浦)を見渡せる城山公園にて

素晴らしい自然環境でのびのびと子育て

— 鹿嶋への移住を決めたポイントは?
友美きっかけは二人目の子どもができたことでした。私は仕事を続けたかったので、実家のある鹿嶋に住むのもいいかなって。
寿典妻の負担が少なくなる上に、自然豊かな環境でのびのびと子育てできる魅力は大きかったです。東京では小さなマンション暮らしでしたが、土地価格の安い鹿嶋なら広い庭のある家を建てることも夢ではありません。家族がベストの環境で暮らすことが一番大切ですからね。
— 寿典さんは職場が都内ですが、通勤が大変なのでは?
寿典会社では「鹿嶋から高速バス通勤!?」とびっくりされるのですが(笑)、僕はまったく負担に感じていません。早起きは苦になりませんし、満員電車に揺られることもなくなったので、むしろストレスは減りましたね。
— 息子さんの保育園は?
友美鹿嶋市は『待機児童ゼロ』と聞いていたのですが、引っ越しが3月になってしまったので、タイミングが悪くさすがに入れませんでした。でも、空きが出たときにすぐに入れてもらえたので、結局、まったく待たずに4月から通えました。待機児童がいないことを実感しましたね。
— お子さんが急に熱を出したときなどは?
友美子どもが発熱したら一般の保育園では預かってもらえないので、共働きの家庭には切実な問題です。鹿嶋には病児保育の制度があるのでいざというとき安心ですよ。夜間小児救急診療所があるのも心強いです。

子どもたちも安心人の温もりを感じるまち

— 寿典さんは鹿嶋で暮らしてみてどうですか?
寿典夏は涼しいし、とても過ごしやすいですね。通りすがりの人が自然とあいさつを交わすので、人の温かさも感じています。
友美東京で暮らしているときは、「知らない人と話してはだめ」と教えるのが嫌だったんです。鹿嶋では、子どもと散歩していると、みんなが「かわいいね」と声をかけてくれるので自然と顔見知りになりました。子どもたちものびのびと遊ぶことができるので、すごくいい環境です。
寿典近所の方が野菜やハマグリを持ってきてくれるんですよ。食べものは何を食べてもおいしいですね!
— 寿典さんの休日の楽しみは?
寿典ゴルフが趣味なので、地元のコンペに参加して楽しんでいます。まったく知らないおじさんやおばさんとラウンドするのですが、新しいつながりもできてうれしいですね。

小学1年から英語の授業を実施!

— 娘さんは1年生。小学校はどうですか?
友美私が卒業した小学校にに通っています。当時と比べて子どもの人数が減っていて、1学年に20人しかいなくて最初は不安を感じました。
でも、授業参観に行って心配は不要だとわかりました。グループワークを積極的に授業に取り入れていて、司会進行まで子どもたちが務めるんですよ。少人数だからこそ目の行き届いた教育をしてくれているのが伝わってきました。また、鹿嶋市の小学校では1年生から英語がカリキュラムに入っているのは、国際化に向けたとてもいい取り組みだと思います。娘が家で、いきなり英語をしゃべった時は驚かされました(笑)。
鹿嶋市は新入生全員にランドセルをプレゼントしています。
友美私が小学校入学のときももらったんですよ!他では聞いたことがないので、もっとたくさんの人に知ってもらいたい取り組みですね。
寿典住んでみてわかったのは、何を便利と感じるかは自分次第ということです。都会の文化に慣れていると不便に感じることがあるかもしれませんが、本当に必要なものはそろっています。私たちファミリーはとても快適に鹿嶋ライフを楽しんでいますよ。
パパの通勤経路 鹿嶋―東京は高速バスで快適に!

鹿嶋市からは東京駅に直行する高速バスが、朝夕は10分おきに走っています。必ず座れるので、とっても快適。寝ながら通勤することもできますよ!夜も遅い時間まで帰りのバスが走っているので安心です。会社が高速バス通勤を認めてくれたら、鹿嶋は十分通勤圏です!

自らオープンしたカフェが
地域コミュニケーションの
きっかけに

スーダンで青年海外協力隊に参加していた利一さん。帰国してカフェを準備中に史さんと出会い、一緒にカフェをすることに。史さんも鹿嶋がとても気に入っています。

桑野さんファミリー

東京→鹿嶋 2014.06〜

自らオープンしたカフェでインタビューを受ける桑野さんファミリー

内装など半分は手作りした「Cafe & bar TAMAER」にて

鹿嶋市の大野地区にカフェ文化を根づかせたかった

— 鹿嶋市郊外の大野地区にカフェを出店された理由は?
利一オープン前は、「鹿嶋の市街地のほうがいいよ」って言われました。でも、僕の考えは、「ないからこそ、やる」。市街地では、最近、全国展開のお店がオープンしていますが、「大野でこそカフェ文化を知ってもらいたい」という気持ちでスタートしました。
— 実際に出店してみていかがでしたか?
利一大野地区は、定年退職して東京や神奈川から移住されてきた方が多いんです。そういう方はカフェ文化をご存じで、「こういう店が欲しかったんだよね」と喜んでくれます。
— 奥様は鹿嶋でカフェをはじめると聞いて、どう思われましたか?
私は実家が京都なんですけど、古い町家暮らしにあこがれていて、DIYとかモノ作りが大好きなんです。結婚前に主人が手作りのカフェをやりたいって言ったときは、「おもしろそうだな」って賛成しました。多少不安はありましたが、お互いに30代と若く、私自身も仕事を続けることができましたから。

とても暮らしやすい街。散歩しても気持ちがいい!

— 移住当時、奥様は東京まで通勤していたのですね。
はい。会社が高速バス通勤を認めてくれたのはありがたかったですね。
— 東京までの通勤は大変じゃなかったですか?
幸い会社が東京駅から歩ける範囲にあったので、バスに乗ったら寝るだけ。むしろ通勤ラッシュの電車で嫌な思いをすることもなくなって、出産の直前まで快適に通えていました。
— 移住先に鹿嶋を選んだ理由は?
利一大野地区は僕の地元なんです。中学は大野中に通っていました。高校から東京に出てしまったこともあって、もう一度地元とのつながりを作りたいなと思って移住を決めました。
— 東京やスーダンで暮らして、鹿嶋の見え方が変わりましたか?
利一やっぱり若いころは都会へのあこがれもありましたからね。なんにもない土地だなって思ってました。でも、都会や海外での暮らしを知ると、鹿嶋はとても暮らしやすい土地だって実感するんです。まず、気候が安定している。夏は涼しく、冬は雪が降ることもほとんどない。落ち着いた雰囲気で、散歩していても気持ちがいいんです。

アントラーズの応援が趣味の一つに!

— 奥様は鹿嶋暮らしは初めてですか?
初めてです。来てすぐに気に入って、ここで暮らしたいなって思いました。海があって、湖があって、空気がすごくさわやか。海まで散歩するのが大好きです。暮らしているだけで、リフレッシュできるんですよね。
利一僕は元々サッカーが好きで、ジーコやアルシンドが活躍したとき、カシマスタジアムまで家族でよく観に行きました。いま、鹿島アントラーズの試合を観に行ったり、テレビで応援することが、趣味の一つになっています。
— 子育てで困ったりすることはありますか?
夜中熱を出したときも、夜間の救急で見てもらえるので助かっています。子どもと遊べる場所もあるし、どこに行っても都会より空いてる(笑)。お店にママたちが集まるので、友だちもたくさんできました。
利一お店にくるお客さんが娘の成長を楽しみにしていて、見守ってくれるような存在になっているんです。インターネットやSNSが普及した時代ですが、この場所で顔を見ながらコミュニケーションがとれるのも、鹿嶋の大きな魅力ですね。
— 利一さんはお店で寺小屋もされていますね。
利一中学生に勉強を教えたり、英会話を習いたいとか、TOEICを受けたいという人に、英語を教えたりしています。国際交流パーティを開いたり、コミュニケーションの形はさまざまです。これからも鹿嶋から、文化を発信していきたいと思います。
オシャレなカフェ Cafe & bar TAMER

ストーブの炎が暖かく照らす店内は、とても落ち着ける空間。休憩なく営業しているので、ちょっとした時間に訪れる人が多いそうです。石窯で焼く本格的なピザは人気。座敷もあるので、小さなお子様連れでも安心してカフェタイムを楽しめます。

お問い合わせ先

鹿嶋市政策企画部政策秘書課

お問い合わせ先

Tel:0299-82-2911

Mail:seisaku@city.ibaraki-kashima.lg.jp

〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1

ホームへ戻る

ページ上部へ