鹿嶋市HOMEに戻る鹿嶋市HOMEに戻る 鹿嶋市観光情報
鹿嶋市観光情報
鹿嶋の魅力新発見!
画面を拡大 元に戻す
鹿嶋市観光情報 HOME
歴史・景観
自然・公園
遊ぶ・体験・スポーツ
イベントカレンダー
観光マップ
交通アクセス
おすすめコース
文化財愛護かるた
大野今昔かるた
ロケ地紹介
特産品
フォトギャラリー
動画コーナー
宿泊情報
観光ボランティア
関連リンク
鹿嶋市の天気(Yahoo!)

イベントカレンダー

鹿嶋市内で開催される年間イベント
ぜひあなたも参加してみませんか?

平成28年
1月
鹿島神宮初詣  初詣(1月1日) 鹿島神宮の行事

鹿島神宮では、大晦日の晩からおおぜいの人たちが初詣のために行列をつくります。なお、この日神宮では「元旦祭」が行われます。
白馬祭  白馬(おうめ)祭(1月7日) 鹿島神宮の行事

日本三大白馬祭の一つで、約750年の歴史を持つ祭り。おめざめと称して本殿の前を、蹄の音高く白馬が駆け抜けます。御神馬が踏んだ小石やハンカチは恋愛成就のお守りとなるという民間信仰があります。
大寒みそぎ  大寒みそぎ(1月17日) 鹿島神宮の行事

「大寒禊(みそぎ)」は1年間の無病息災等を祈願する神事で、鹿島神宮奥の御手洗池(みたらしいけ)で行われます。男性はふんどし姿に鉢巻、女性は白衣に鉢巻を身に付け鳥船(とりぶね)という舟を漕ぐ動作の準備体操で、エイサー、エイサーの声を掛けながら体を温め、エイ!と気合を入れて池に入ります。参加者たちは、胸の辺りまで体を沈め、大祓詞(おおはらへのことば)を大きな声で唱えます。
2月
節分祭  節分祭(2月3日) 鹿島神宮の行事

毎年鹿島アントラーズ選手や力士などを招いて開催。午後3時〜と午後6時〜の2回。年男・年女による豆まきが盛大に行なわれます。福豆を拾った人の中には「福分け」と呼ばれる景品をもらえる人もいます。
3月
祭頭祭  祭頭祭(さいとうさい)(3月9日) 
鹿島神宮の行事

祭頭祭は、年間80回を数える鹿島神宮の行事の中でも最も規模が大きく、勇壮な祭典です。
 毎年3月9日「イヤートホヨトホヤアー」の歌に合せ色鮮やかな衣装を身に付けた囃人が6尺(180cm)の樫棒を組んでは解き、囃しながら街中を練り歩く勇壮な祭りです。
 奈良朝の頃、武運長久を祈って旅立っていった防人たちの「鹿島立ち」の故事を表すと言われていますが、本来は五穀豊穣・天下泰平を願う祈年祭と言えます。鹿島地方に春を呼び、人々の健康や豊作を願って行われます。
祭頭祭
祭頭祭
4月
かしま桜まつり  かしま桜まつり(3月25日〜4月10日) 
市の行事

鹿島城山公園はサクラの名所。開花期間中は花見や夜桜見物の人々で園内は大賑わいとなります。
5月
御田植祭・流鏑馬  御田植祭(おたうえさい)・流鏑馬(やぶさめ)(5月1日) 鹿島神宮の行事

御田植祭は拝殿前で市内の童女が奉仕する祭り。笛や太鼓に合わせた幼い手振りがほほえみを誘います。また、奥参道ではこれと合わせて流鏑馬も行われます。
6月
鹿島神宮古武道奉納演式  鹿島神宮古武道奉納演式(6月第2日曜日) 鹿島神宮の行事

お隣りの潮来市にあやめの咲く時期、鹿島神宮では塚原卜伝が創始とされる鹿島新當流など約10の流派による奉納演武が披露されます。
百々手式  百々手式(6月第2日曜日) 鹿島神宮の行事

百々手式とは、古式ゆかしい衣装に身を包んだ射手が一列に並び、雨垂れが落ちるがごとく一斉に矢を射放つ行事です。式を行うのは弓馬術禮法で高名な小笠原流宗家一門。
7月
下津・平井海水浴場海開き  下津(おりつ)・平井海水浴場海開き
(7月中旬〜8月中旬)
 市の行事

駐車場が近く水の澄んだ下津海水浴場と砂浜が広く、遠浅の海である平井海水浴場。両海水浴場ともに浜辺はファミリーを中心に賑わいます。鹿嶋ライフガードによる監視により、安全な海水浴場の運営に努めています。
8月
祭り  かしま商工夏祭り・かしまふるさと祭り
(8月中旬)
 市の行事

鹿嶋市民の夏祭りとして、盆踊りや歌謡ショーなどが行われます。「かしま商工夏祭り」は鹿島地区で、「かしまふるさと祭り」は大野地区で開催されます。
花火大会  鹿嶋市花火大会(8月下旬) 市の行事

1万発を超える花火が打ち上げられ、特大スターマインが夏の夜空を彩ります。
9月
山車  神幸祭(じんこうさい)(9月1日〜2日)
 鹿島神宮の行事

神宮の神輿(みこし)が本殿から行宮(あんぐう)に出御する祭りで、期間中は5台の山車が町中を練り歩きます。
 提灯祭(9月1日) 鹿島神宮の行事

神幸祭出御の明かりとして行われる祭り。氏子たちが青竹に無数の提灯を付け、楼門前のかがり火に投げ入れる勇壮な奉納行事です。
10月
鹿嶋まつり  鹿嶋まつり(10月22日・23日) 市の行事

鹿嶋市をあげてのビックイベント。B級グルメNo1決定戦、キャラクターショーや物産展など楽しさいっぱいの催し物が行なわれます。
11月
菊花展  鹿嶋市菊花展(11月1日〜20日) 
鹿島神宮の行事

鹿嶋の秋の風物詩。鹿島神宮の参道両脇をさまざまな種類の菊が彩ります。
相撲祭  相撲祭(すもうさい)(11月3日) 
鹿島神宮の行事

鹿島神宮では、ご祭神の武甕槌神(たけみかづちのかみ)が出雲で建御名方命(たけみなかたのみこと)と力競べをしたという古事にちなんで、化粧まわしを締めた10歳以下の男の子が拝殿前で相撲の所作をします。いずれの取り組みも「引き分け」とする和やかな行事です。
12月
すす払い  スス払い(12月1日) 鹿島神宮の行事

鹿島神宮では、拝殿でお払いを受けた巫女(みこ)さんたちが、青竹に3枚の尾羽根を付けた独特の道具でススを払い、新年を迎える準備を行います。
光のアートギャラリー  光のアートギャラリー
(12月中旬〜1月中旬)
 市の行事

期間中、JR鹿島神宮駅周辺には約10万球の色鮮やかなイルミネーションがほどこされます。駅前には、高さ約15mのメインタワーが設置され、毎年色を変えています。またイベントとして、点灯式・オープニング・コンサート、クリスマスコンサートも開催します。

HOME このページの上部へ
鹿嶋市観光情報 かしまの魅力新発見! 〔問合せ〕鹿嶋市 経済振興部 商工観光課
茨城県鹿嶋市平井1187-1 TEL:0299-82-2911 メール:syoukou1@city.ibaraki-kashima.lg.jp