根本寺
根本寺

聖徳太子の開基と伝えられる寺で、仏頂和尚を禅の師と仰ぐ俳聖・松尾芭蕉も貞亨4年(1687)に鹿嶋へ月見に訪れています。 その様子は「鹿島紀行」にも記されており、境内には、”月はやし梢は雨を持ちながら”などの句碑も建てられています。

句碑と根本寺
句碑と根本寺