≪平成29年度 後期胃がん検診の予約を継続して受け付けます。≫

情報発信元:保健センター
〒314-8655
茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1

TEL:0299-82-6218 FAX:0299-82-6219
E-MAIL:kenkou2@city.ibaraki-kashima.lg.jp

 

◆胃がん集団検診(後期)の予約期間を過ぎましたが、若干空きがありますので、継続して予約を受け付けます。◆

 
 胃がん集団検診を、完全予約制で11月に行います。
 今年度まだ受けていない方でご希望の方は、下記の検診内容や予約方法を確認の上、お申し込みください。
 検査方法は、レントゲン検査(バリウム)となります。
 
 
☆予約について☆
【予約方法】 電話または直接来所(保健センター窓口)
【予約期間】  定員になり次第終了
【予約時間】 8時30分~17時15分(土・日曜日、祝日除く)
【電話番号】 0299-82-6218(保健センター)
※申し込みは、原則本人です。
※ファックス・Eメール・郵送での予約はできません。
 
 
☆検診日程☆
【検診日】  11月15日(水)
 
【検診会場】   
 
                     大野ふれあいセンター:11月15日(水)    
 
【受付時間】 混雑緩和のため、時間を区切って受け付けます。
                     予約の際に空いている時間をご案内します。
 
 
☆負担金☆
1,200円
 
 
☆対象者☆
市内在住の40歳~85歳 (年齢基準日:平成30年3月31日)
※バリウムが気管に入ってしまう危険性があるため、85歳までとします。
 
~検診対象外となる方~  ※必ずお読みください。
(1)体調不良を起こす恐れが高い方(過去の検診で体調不良やアレルギーを起こしたことがある方、強
  腹痛などの症状がある方、胃腸疾患で治療中の方)
 
(2)バリウムが気管へ入ってしまい呼吸困難・肺炎を起こす恐れが高い方(バリウムを誤嚥したことが
  あ方、脳血管障害などで嚥下障害のある方、酸素吸入をしている方)
 
(3)脳卒中や心筋梗塞などの重篤な疾患をまねく恐れが高い方(当日の血圧が180/110mmHg
  以と著しく高い方)
 
(4)バリウムが腸につまりやすい方(ひどい便秘症の方、胃や腸の切をしている方、開腹手術を3回
  以上(帝王切開、虫垂炎なども含む)している方、腸閉塞・腸捻転の既往がある方、心不全や透析治
  療で水分制限のある方)
 
(5)慢性疾患の悪化の恐れがある方(重篤な心疾患や肺疾患のある方)
 
(6)撮影台からの転落の恐れがある、または撮影が困難な方(手足の麻痺や寝返りがよくできない方、
  知症などで指示通りに動くことが困難な方、体重が130kg以上ある方)
 
(7)1年以内に手術をした方(消化器・循環器・呼吸器・脳血管・脊髄・四肢など)この場合の手術には、
  心筋梗塞などで心臓にメスを入れずに行うカテーテル治療も含みます(カテーテル検査の場合は受
  診可能です)。手術後1年以上で通院中の方は、主治医の許可が必要になります。
 
 
(8)毎回結果が精密検査に該当している方
 
(9)妊娠中または妊娠していると思われる方  など
 
※上記に該当する方は、申込みをしていただいても検診会場でお断りさせていただきますのでご了承
 ください。
 
※授乳中の方…検診後に服用する下剤の影響で、乳児に下痢がみられる場合があります。服用後48
 以内は人工乳に切替えるか、検査前に搾乳しておくことをお勧めします。
 
 
★大腸がん検診も同時にできます★
 希望する方は、胃がん検診と同日に大腸がん検診(負担金800円)も受けられます。
 その場合は、検診の3日前までに保健センター、大野出張所、まちづくり市民センター(中央公民館)、はまなす公民館(まちづくりセンター)のいずれかに採便容器を取りに来てください。
 
 大腸がん検診無料対象者(昭和51年4月2日~昭和52年4月1日生)の方は、5月末に送付された案内文を検体提出日にご持参ください。
 
※胃がん・大腸がん検診ともに年1回の受診となります。ご注意ください。
 
 
【問い合わせ】
保健センター 電話:0299-82-6218