≪光化学スモッグに気をつけよう≫

情報発信元:環境政策課
〒314-8655
茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
市役所第2庁舎2階
TEL:0299-82-2911(代表) FAX:0299-84-7759
E-MAIL:kansei1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

 これから夏本番。暑い日は,光化学スモッグに注意しましょう。

○光化学スモッグとは
 工場の排煙や自動車の排気ガスなどに含まれている炭化水素や窒素化合物が上空で太陽光線にあたると,光化学反応で,光化学オキシダントなどが作られます。
 光化学オキシダントは特に気温が高く日射しの強い,風が弱い日に作られやすく、局所的に濃度が高まって発生するものを「光化学スモッグ」と呼びます。



○光化学スモッグの被害と思われる症状は
 目がチカチカする,涙が出る、のどや鼻が痛い、せきが出る、息苦しい、唇が紫色になるなどの症状があります。


○光化学スモッグが発生したら
 ・光化学スモッグ注意報などが発令されたときは、外出や外での運動はできるだけ控えましょう。
 ・学校、病院、診療所などでは、窓を閉めましょう。
 ・目がチカチカしたりのどや鼻が痛いときは、水で目を洗ったり、うがいをしましょう。また、涼しい部屋で安静にしてください。
 ・症状がすぐに改善されない場合は、直ちに医師の手当てを受けてください。