≪被災者生活再建支援制度、災害見舞金及び義援金の申請について≫

情報発信元:生活福祉課
〒314-8655
茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
市役所第2庁舎1階
TEL:0299-82-2911(代表) FAX:0299-83-7809
E-MAIL:seikatsu1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

●「被災者生活再建支援制度」
 
★★★被災者生活再建支援制度の申請期限延長について★★★  
 被災者生活再建支援制度の申請期限は当初地震発生から基礎支援金が13カ月、加算支援金が37カ月となっていましたが、東日本大震災では被害の大きさから茨城県全体で申請期間が延長され、平成30年4月10日まで申請が可能となっています。
 
 被災者生活再建支援制度とは、自然災害により生活基盤に著しい被害を受けた世帯に対し、支援金を支給する措置を定めることにより、これをもって住民の生活の安定と被災地の速やかな復興に資することを目的とした国の制度です。
 (1)住宅の被害程度に応じて支給される基礎支援金(2)今後の再建方法に応じて支給される加算支援金の二種類があります。
 
 ◆対象世帯  
 
 ・東日本大震災により住宅が「全壊」または「大規模半壊」した世帯
 
 ・東日本大震災により住宅が「半壊」でその住宅をやむを得ず解体した世帯   
 
 ※被害程度については、り災証明書で確認します。
 ※アパート・借家に居住する世帯も対象となります。   
 
 全壊とは・・・住宅被害認定調査により住宅の損害割合が50%以上のもの  
 大規模半壊とは・・・住宅被害認定調査により住宅の損害割合が40%以上50%未満のもの
 
 ◆支援金の支給額   
  支給額は、以下の2つの支援金の合計額になります。   
  ※世帯人数が1人の場合は、4分の3の金額になります。  
 
(1)住宅の被害程度に応じて支給する支援金(基礎支援金)  
 【支援額】   
 全壊など100万円 、大規模半壊50万円  
 
 【申請期間】   
 平成30年4月10日まで 
 
 【必要なもの】   
 り災証明書(原本)、住民票(謄本)、預金通帳(振込先口座などの記載部分の写し)、印かん(朱肉を使うもの)など
 
 (2)住宅の再建方法に応じて支給する支援金(加算支援金)  
 【支援額】   
 建設・購入200万円、補修100万円、賃借(公営住宅を除く)50万円  
 
 【申請期間】   
 平成30年4月10日まで 
 
 【必要なもの】   
 契約書(住宅の購入、賃借など)、預金通帳(振込先口座などの記載部分の写し)、印かん(朱肉を使うもの)
 
 
●鹿嶋市災害見舞金・茨城県災害見舞金
 
★★★見舞金の申請受付は平成24年3月30日で終了しました★★★  
 
 東日本大震災で居住している住居が『半壊』の被害を受けた世帯に対し、茨城県、鹿嶋市から見舞金を支給します。   
 
◆対象世帯   
 住宅が半壊した世帯    
※ 被災者生活再建支援制度に該当する方は対象となりません。
 
  【見舞金額(1世帯当たり)】   
 5万円(鹿嶋市)、3万円(茨城県)
 
  【必要なもの】   
 り災証明書(写)、預金通帳など振込先口座がわかるもの、印かん(朱肉を使うもの)  
 半壊とは・・・住宅判定被害調査により住宅の損害程度が20%以上50%未満のもの  
 
 【申請受付期間】    平成24年3月30日まで
 
 
●義援金
★★★義援金の申請受付は平成24年3月30日で終了しました★★★  
 義援金とは、被災地に募金、支援していただいた資金です。  
 国(日本赤十字社など)、茨城県、鹿嶋市に寄せられた義援金を『全壊』、『半壊』(大規模半壊を含む)の被害を受けた世帯に対して、配分しています。
 
 ◆国(日本赤十字社など)・茨城県・鹿嶋市義援金
  【対象】  
  住宅が全壊・半壊(大規模半壊含む)した世帯  
  【支給金額】   
 (合計 平成28年1月現在)    
  全壊:1,434,060円   
  半壊:   707,029円  
  (内訳)  
  ・一次配分  H23.5.15広報掲載 
     全壊:580,000円(35万円(国)、15万円(県)、6万円(市)、2万円(社会福祉協議会))  
  半壊:280,000円(18万円(国)、7万円(県)、3万円(市))   
  ・二次配分  H23.8.1広報掲載  
  全壊:560,000円(国)  
  半壊:280,000円(国)  
  ・二次追加分 H23.9.1広報掲載    
  全壊:135,808円(国)  
  半壊: 67,904円(国)
  ・二次追加分(4回目)H24.3.15広報掲載   
  全壊:50,000円(日本政府、国)  
  半壊:25,000円(日本政府、国)  
  ・二次追加分(5回目)H24.5.1広報掲載
  全壊:8,000円(国)  
  半壊:4,000円(国)  
  ・二次追加分(6回目)H24.10.1広報掲載    
  全壊:25,000円(国)
  半壊:12,500円(国)
  ・二次追加分(7回目)H25.2.1広報掲載 
  全壊:14,000円(国)    
  半壊:7,000円(国)
  ・二次追加分(8回目)H25.9.1広報掲載    
  全壊:20,000円(国)   
  半壊:10,000円(国)  
  ・二次追加分(9回目)H26.11.1広報掲載       
  全壊:31,252円(国)   
  半壊:15,625円(国)
  ・二次追加分(10回目)H27.12.1広報掲載       
  全壊:10,000円(国)   
  半壊:5,000円(国) 
  ・二次追加分(11回目)H29.1.1広報掲載       
  全壊:8,000円(国)   
  半壊:4,000円(国) 
 
 
 ※世帯主・振込先口座に変更がある場合は、生活福祉課窓口で変更申請を受け付けています(新規の申請は受付終了しました)。
 
 【変更申請に必要なもの】   
 新しい世帯主の身分証明書、預金通帳など振込先口座がわかるもの、印かん(朱肉を使うもの)
 
 
●申請場所・時間
 場所=市役所・1階生活福祉課 
 9時~12時、13時~17時(土・日曜日、祝日を除く)