≪平成22年第1回鹿嶋市議会定例会議案 (議決結果)≫

情報発信元:総務課
〒314-8655
茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
市役所第1庁舎2階
TEL:0299-82-2911(代表) FAX:0299-82-2934
E-MAIL:soumu1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

平成22年第1回鹿嶋市議会定例会に提出した議案の議決結果は次のとおりです。

◆平成22年第1回鹿嶋市議会定例会議案(審議内容)◆



[議決年月日 平成22年3月18日]

議案第3号 平成22年度鹿嶋市一般会計予算【原案可決】

1 歳入歳出予算について

(1)歳入歳出予算の総額は,前年度比1.5%増(3億1,900万円増)の216億7,700万円となりました。
 子ども手当による増額8億6,712万1千円を除くと,前年度比2.6%減(5億4,812万1千円減)となりました。

(2)歳入としましては,市税は,景気低迷により法人市民税でかつてない規模での大幅な減収となり,前年度比15.1%減(20億7,338万4千円減)の116億7,441万円を見込みました。
 地方譲与税は,一部減税となる自動車重量税については市町村への譲与割合がアップされることなどにより,前年度と同額の3億1,000万円を見込みました。
地方特例交付金は,特別交付金の廃止により,前年度比30.0%減(3千万円減)の7千万円を見込みました。
 国庫支出金は,新設の子ども手当8億6,712万1千円や生活保護費,障害者自立支援給付費,安全・安心な学校づくり交付金の増などにより,前年度比50.4%増(9億1,861万8千円増)の27億4,024万3千円を見込みました。
 県支出金は,緊急雇用創出事業補助金及びふるさと雇用再生事業,市町村ニューディール補助金,地域介護・福祉空間整備交付金の増などにより,前年度比12.4%増(1億2,552万1千円増)の11億4,024万9千円を見込みました。
 繰入金は,市税の大幅減収による財源不足を補うための財政調整基金や,平井小学校大規模改造事業及び大野まちづくりセンター・大野出張所整備事業に公共施設整備基金を繰り入れるなど,前年度比60.2%増(4億8,514万9千円)の12億9,117万4千円を見込みました。
 市債は,平井小学校大規模改造事業や大野まちづくりセンター・大野出張所整備事業など建設事業に対するほか,普通交付税の代替措置である臨時財政対策債,法人市民税の大幅減収への対応のための減収補てん債など,前年度比67.4%増(9億5,050万円増)の23億6,060万円を見込みました。
 市税の大幅な減収の中,市民サービスの維持や教育,福祉などの充実のため,財源不足の緊急的な対応を図りました。

(3)歳出としましては,人件費,扶助費,公債費からなる義務的経費に,9.1%増の108億7,832万円を計上しました。
 内訳としまして,人件費が,正職員数の減等により0.7%減の43億8,119万8千円,扶助費が,新設の子ども手当や生活保護扶助経費,障がい者自立支援給付事業の増などにより34.6%増の41億7,057万7千円,公債費が,近年の起債抑制により,5.3%減の23億2,654万5千円を見込みました。
 また,普通建設事業費は,平井小学校大規模改造事業や大野まちづくりセンター・大野出張所整備事業の継続事業などを実施する一方,庁舎耐震改修の終了や市道整備事業,3.3.11街路整備事業,神野向遺跡保存事業などが減となり,8.0%減の22億4,662万円を計上しました。
 物件費は,臨時職員から嘱託職員への移行に伴う賃金や需用費の減などから2.3%減の34億2,868万3千円を計上しました。
 補助費等は,土地区画整理事業補助金や鹿島地方事務組合負担金の減などから8.3%減の24億2,587万4千円を計上しました。
 繰出金は,公共下水道特別会計繰出金や鹿島神宮駅周辺北土地区画整理事業特別会計繰出金の減などから2.3%減の20億5,955万2千円を計上しました。

(4)本年度の主要事業としましては,次のとおりです。
 総務費関係は,地域の活性化や地産地消を推進するため「道の駅建設計画策定事業」に627万8千円,太陽光発電システム普及に向けた助成や鹿嶋斎苑への太陽光パネルの設置など「地域省エネ事業」に2,833万9千円,市民生活の利便性確保のための市内バス運行補助金など「公共交通対策事業」に1,858万円を計上しました。
 市民生活の安全・安心の確保に向け,災害時の非常用井戸整備や避難所への誘導板の整備など「災害対策経費」に2,157万8千円,緊急情報の確実な伝達のため防災無線子局を5箇所整備するなど「防災無線管理経費」に2,398万2千円,地域ぐるみの防犯対策の推進のため,自警団に係る経費など「防犯対策事業」に258万3千円,防犯灯の整備など「防犯灯管理経費」に2,399万6千円を計上しました。
 また,市民の消費生活の安定と向上のため,消費生活センター運営費など「消費生活対策経費」に945万7千円を計上しました。
 中Ⅳ地区の新規着手など「地籍調査事業」に4,684万5千円を計上しました。
 民生費関係は,障がい者が地域で安心して暮らせるよう支援するための各種サービス事業など「自立支援給付事業」に4億3,301万2千円を計上しました。
高齢者の生きがいと健康づくりのため「介護予防・地域支え合い事業」に5,031万3千円を計上しました。
 安心して子どもを生み,健やかに育てる環境の充実に向けて,小中学生を対象とした「特別助成医療福祉経費」に4,177万3千円,中野西小学校区へ児童クラブを新たに整備するなど「放課後児童健全育成事業」に7,355万円,延長保育や一時保育,障がい児保育など「特別保育・保育サービス支援事業」に1億1,760万9千円,中学卒業までの子どもに一人当たり月額1万3千円を支給するため「子ども手当等経費」に14億625万2千円を計上しました。
 衛生費関係は,市民の健康づくりの推進及び医療体制の充実のため,健康かしま21後期基本計画の策定や健康づくり講座など「健康づくり推進事業」に439万4千円,妊婦・乳児の健康増進のため「妊婦乳児健康診査経費」に6,629万7千円,夜間の小児救急医療を確保するため「夜間小児救急診療事業」に4,350万2千円を計上しました。
 また,ごみの減量化と不法投棄撲滅を推進するため,「ごみ不法投棄対策事業」に432万5千円,「資源ごみ回収推進事業」に2,213万7千円,生活排水による水質汚濁の防止に向け「合併浄化槽等普及推進事業」に4,166万2千円を計上しました。
 労働費関係は,障害者雇用奨励金など「労働行政事務経費」に124万7千円,厳しい雇用情勢の中,緊急雇用創出事業などを活用し,それぞれの予算項目に総額4,072万3千円を計上し,緊急的な雇用対策を実施します。
 農林水産業費関係は,農家等の生活資金借入に対する利子助成など「農業振興助成費」に394万6千円,ピーマン生産施設整備補助や減農薬栽培の促進など「産地形成促進事業」に1,439万4千円,はまぐりまつり補助や地域協働による水質保全活動など「水産振興対策経費」に778万8千円を計上しました。
 商工費関係は,鹿嶋まつりの開催や鹿島神宮駅前の賑わいづくりなど,「商工業振興事務経費」に2,352万3千円,駅前イルミネーションや花火大会補助など「観光行事費」に1,094万円,NHK大河ドラマ化を目指す塚原ト伝キャンペーン事業や観光再発見促進事業など,「観光PR事業」に1,165万円を計上しました。
 土木費関係は,「道路維持補修費」に2億5,414万6千円,鹿島ハイツ・鹿島 養護学校と県道茨城鹿島線(湖岸線)を結ぶ「0222号線市道整備事業」に5,673万7千円,武井と武井釜を結ぶ「0151号線整備事業」に2,642万3千円,大野区域の雨水排水対策として「大野環境整備特別対策事業(2期工 事)」に7,423万3千円,その他市役所周辺道路整備事業や東山区狭あい道路整備事業など,道路・排水の生活基盤整備に取り組みます。
 また,遊具の設置など「大野潮騒はまなす公園整備事業(まちづくり交付金)」に1,200万円,市民ボランティアによる花いっぱい運動など,「緑化推進事業」に808万4千円を計上しました。
 消防費関係は,消火栓の設置や地区消防団の消防自動車の更新など,「消防施設整備費」に2,235万円を計上しました。
 教育費関係は,独自の英会話学習を市内全小学校で実施するなど「英語指導事業経費」に1億341万8千円,教諭の指導力向上等を目指すための「師範塾関係経費」に756万4千円,TT(ティームティーチング)非常勤講師を小中学校に配置する「TT特別配置事業」に2,839万7千円,担任教諭をサポートするアシスタントティーチャーの配置に加え,理科と音楽の専科担当非常勤講師を配置するなど「小学校教育振興支援事業」に5,503万1千円,小学1,2年生において30人以下の少人数学級を実施するため「市費負担教職員給与費」に5,706万6千円を計上するなど,一人ひとりに目を行き届かせた,きめ細かい指導を行うことにより,確かな学力の向上と個性や創造性を伸ばす教育内容の充実を図ります。
 また,関係者が連携しながら特別支援教育に関する啓発・相談を行うため「特別支援教育推進会議経費」に92万5千円,小学校の読書環境充実とネットワーク化を進める「学校図書館経費(小学校)」に2,627万7千円,「中学生海外派遣交流事業」に251万9千円,放課後こども教室の全小学校実施や,小学生の野外体験事業フロンティア・アドベンチャーなど「青少年育成対策経費」に1,068万9千円を計上しました。
 喫緊の課題である教育施設の耐震化については,「平井小学校大規模改造事業」に6億7,083万9千円を計上したほか,「小学校耐震補強事業」に5,310万9千円,「中学校耐震補強事業」に2,047万5千円を計上し,耐震強度の低い10校について,平成23年度までに耐震化を完了します。
 また,生涯学習関連としては,地区まちづくり事業委託など「公民館活動費」に1,361万6千円,「公民館施設管理費」に5,543万2千円,300人規模の多目的ホールと図書館機能を備えた,地域の新たな複合拠点施設として「大野まちづくりセンター・大野出張所整備事業」に8億2,758万4千円,併せて「中央図書館大野分館運営経費」に2,965万7千円を計上するなど,文化事業の推進,及び拠点となる施設の整備を進めます。
 スポーツ関連としましては,20周年を迎えるト伝杯武道大会やサッカーフェスティバル,駅伝大会,24時間サッカー大会の開催など,「社会体育振興事業」に1,451万8千円など,豊かなスポーツ環境づくりを引き続き推進します。

2 債務負担行為について

 債務負担行為は,農家等生活資金利子補給(平成22年度)について,新たに設定しました。

3 地方債について

 市債は,農村振興総合整備事業などに係る農業農村整備事業1,040万円,道路整備事業2,890万円,道路整備事業(まちづくり交付金)1,670万円,排水整備事業5,550万円,消防施設整備事業850万円,平井小学校大規模改造事業3億9,030万円,小中学校耐震補強事業2,180万円,大野まちづくりセンター・大野出張所整備事業5億1,650万円をそれぞれ計上したほか,平成17年度市場公募債借換債(排水整備事業)1億1,200万円,臨時財政対策債9億円,減収補てん債3億円を見込みました。
 
議案第4号 平成22年度鹿嶋市国民健康保険特別会計予算【原案可決】

 歳入歳出予算の総額は,前年度比2.7%増(2億289万2千円増)の76億8,700万円となりました。
 歳入としましては,国民健康保険税22億4,934万8千円,国庫支出金22億6,422万5千円,療養給付費等交付金1億9,500万6千円,前期高齢者交付金13億1,655万8千円,県支出金3億4,880万7千円,共同事業交付金8億7,746万9千円,繰入金4億1,297万5千円,諸収入他2,261万2千円を見込みました。
 歳出としましては,総務費7,191万8千円,保険給付費51億3,961万2千円,後期高齢者支援金等10億1,547万9千円,前期高齢者納付金等308万円,老人保健拠出金553万2千円,介護納付金5億450万円,共同事業拠出金8億7,747万6千円,保健事業5,245万1千円,諸支出金他1,695万2千円を計上しました。
 
議案第5号 平成22年度鹿嶋市老人保健特別会計予算【原案可決】

 歳入歳出予算の総額は,前年度比74.9%減(5,727万4千円減)の1,923万7千円となりました。
 歳入としましては,支払基金交付金808万2千円,国庫支出金500万1千円,県支出金125万1千円,繰入金125万円,繰越金350万円,諸収入15万3千円を見込みました。
 歳出としましては,医療諸費1,558万円,諸支出金135万1千円,予備費230万6千円を計上しました。

議案第6号 平成22年度鹿嶋市後期高齢者医療特別会計予算【原案可決】

 歳入歳出予算の総額は,前年度比3.1%増(1,117万7千円増)の3億6,693万5千円となりました。
 歳入としましては,後期高齢者医療保険料2億8,077万2千円,使用料及び手数料12万円,諸収入4万円,繰入金7,950万1千円,諸収入150万2千円,繰越金500万円を見込みました。
 歳出としましては,後期高齢者医療広域連合納付金3億6,531万4千円,諸支出金162万1千円を計上しました。

議案第7号 平成22年度鹿嶋市介護保険特別会計予算【原案可決】

 歳入歳出予算の総額は,前年度比7.9%増(2億231万6千円増)の27億5,392万9千円となりました。
 歳入の主なものとしましては,介護保険料5億7,655万1千円,国庫支出金5億5,241万7千円,支払基金交付金7億9,984万3千円,県支出金4億127万4千円,繰入金4億2,361万4千円を見込みました。
 歳出の主なものとしましては,総務費3,967万7千円,保険給付費26億4,822万8千円,地域支援事業費6,550万3千円を計上しました。

議案第8号 平成22年度鹿島臨海都市計画事業鹿島神宮駅周辺北土地区画整理事業特別会
       計予算【原案可決】


 歳入歳出予算の総額は,前年度比27.8%増(2,238万円増)の1億285万5千円となりました。
 歳入としましては,保留地処分金883万6千円,事業清算金6,768万円,保留地精算金17万2千円,財産収入1千円,一般会計繰入金2,516万6千円,前年度繰越金100万円を見込みました。
 歳出としましては,換地処分清算金9,668万8千円,保留地精算金72万4千円,工事請負費105万円,事務費等439万3千円を計上しました。

議案第9号 平成22年度鹿島臨海都市計画下水道事業公共下水道特別会計予算【原案可決】

 歳入歳出予算の総額は,前年度比6.2%減(1億3,054万5千円減)の19億5,937万2千円となりました。
 歳入の主なものとしましては,受益者負担金2,663万8千円,使用料及び手数料4億4,713万円,国庫支出金2億1,804万円,一般会計繰入金6億300万円,前年度繰越金6,531万4千円,下水道事業債5億9,750万円を見込みました。 
 歳出としましては,総務費1億3,307万9千円,下水道費9億4,168万1千円,公債費8億7,961万2千円,予備費500万円を計上しました。

議案第10号 平成22年度鹿嶋市農業集落排水特別会計予算【原案可決】

 歳入歳出予算の総額は,前年度比16.2%減(1,169万2千円減)の6,070万2千円となりました。
 歳入の主なものとしましては,使用料1,789万1千円,県支出金63万円,一般会計繰入金3,327万3千円,前年度繰越金888万7千円を見込みました。
 歳出としましては,農業集落排水費2,642万9千円,公債費3,327万3千円,予備費100万円を計上しました。

議案第11号 平成22年度鹿嶋市墓地特別会計予算【原案可決】

 歳入歳出予算の総額は,前年度比195.4%増(5,061万3千円増)の7,651万2千円となりました。
 歳入としましては,使用料及び手数料613万8千円,繰入金1,737万3千円,繰越金100万円,諸収入1千円,地方債5,200万円を見込みました。
 歳出としましては,墓地管理費204万2千円,墓地建設費5,200万円,公債費2,227万円,予備費20万円を計上しました。

議案第12号 平成22年度鹿嶋市公共料金等集合支払特別会計予算【原案可決】

 歳入歳出予算の総額は,前年度比1.3%増(400万円増)の3億1,900万円となりました。
 歳入としましては,繰替金収入3億1,900万円を見込みました。
 歳出としましては,需用費(光熱水費)2億9,110万円,役務費(電話料)2,790万円を計上しました。

議案第13号 平成22年度鹿嶋市水道事業会計予算【原案可決】

1 収益的収入及び支出について

 収入としましては,水道料金等の営業収益11億7,955万5千円,預金利子等の営業外収益125万2千円,併せて前年度比10.9%減(1億4,478万9千円減)の11億8,080万7千円を見込みました。
 支出としましては,受水費,給水施設等の維持管理費及び人件費等の営業費用12億3,675万3千円,企業債利子等の営業外費用9,259万7千円,特別損失845万7千円,予備費200万円,併せて前年度比3.0%減(4,076万9千円減)の13億3,980万7千円を計上しました。

2 資本的収入及び支出について

 収入としましては,企業債8,000万円,出資金2,300万円,補助金2,226万6千円,負担金2,839万2千円,併せて前年度比22.2%減(4,380万3千円減)の1億5,365万8千円を見込みました。
 支出としましては,建設改良費2億498万3千円,企業債償還金1億4,936万4千円,負担金549万3千円,併せて前年度比15.9%減(6,813万9千円減)の3億5,984万円を計上しました。
 なお,資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額2億618万2千円は,消費税及び地方消費税資本的収支調整額及び過年度分損益勘定留保資金で補てんするものです。

議案第14号 平成22年度鹿嶋市大野区域水道事業会計予算【原案可決】 

1 収益的収入及び支出について

 収入としましては,水道料金等の営業収益1億3,857万4千円,他会計補助金等の営業外収益8,620万6千円,併せて前年度比2.1%増(458万6千円増)の2億2,478万円を見込みました。
 支出としましては,受水費,給水施設等の維持管理費及び人件費等の営業費用2億1,283万6千円,企業債利子等の営業外費用4,530万円,予備費100万円,併せて前年度比4.2%減(1,126万7千円減)の2億5,913万6千円を計上しました。

2 資本的収入及び支出について

 収入としましては,企業債9,000万円,出資金6,300万円,補助金7,000万円,負担金640万円,併せて前年度比0.1%増(20万円増)の2億2,940万円を見込みました。
 支出としましては,建設改良費2億3,743万7千円,企業債償還金6,896万8千円,併せて前年度比0.8%増(247万3千円増)の3億640万5千円を計上しました。
 なお,資本的収入額が資本的支出に対し不足する額7,700万5千円は,消費税及び地方消費税資本的収支調整額及び過年度分損益勘定留保資金で補てんするものです。

議案第15号 平成21年度鹿嶋市一般会計補正予算(第7号)【原案可決】 

1 歳入歳出予算補正について

 既定の歳入歳出予算の総額に,歳入歳出それぞれ1億8,084万9千円を減額し,総額231億9,739万9千円となりました。
 歳入の主なものとしましては,市税は,固定資産税が3億9,781万3千円の増が見込まれる一方,景気低迷の影響により法人市民税が10億5,204万1千円の大幅減となり,6億5,422万8千円の減額を見込みました。
 国庫支出金は,地域活性化・公共投資臨時交付金2億6,396万8千円,地域活性化・きめ細かな臨時交付金6,220万1千円,市役所周辺道路整備に係る地域活力基盤創造交付金3,630万円を新たに計上するとともに,平井小学校大規模改造事業に係る安全・安心な学校づくり交付金1億1,918万6千円の増,まちづくり交付金1億9,639万円の増などにより6億620万5千円の増額を見込みました。
 繰入金は,旧ごみ処理施設解体費の減に伴う衛生処理施設整備基金繰入金3,000万円の減,平井小学校大規模改造事業に係る国補助金の増などに伴う公共施設整備基金繰入金8,957万2千円の減など,1億116万4千円の減額を見込みました。
 市債は,法人市民税の大幅減収への対応のため減収補てん債4億5千万円を追加する一方,事業費の減や国補助金の増に伴う,小中学校の耐震補強事業2億6,400万円の減,平井小学校大規模改造事業8,210万円の減,大野まちづくりセンター・大野出張所整備事業1億5,600万円の減などにより,5,890万円の減額を見込みました。
 歳出の主なものとしましては,地域活性化・きめ細かな臨時交付金事業として,道路維持補修費1,000万円,その他の市道整備事業2,010万円,大野潮騒はまなす公園管理費484万5千円,幼稚園及び小中学校の施設管理費2,268万5千円,公民館施設管理費713万6千円,文化会館維持補修費1,160万円,施設の修繕・改修を中心に合計7,636万6千円を計上しました。
 その他,医療費の増に伴う国民健康保険特別会計繰出金4,929万4千円,運営費基準の改正による民間保育所入所支援事業2,903万4千円,合併浄化槽等普及推進事業673万3千円の増額などを計上するとともに,政権交代に伴い事業取り止めとなった子育て応援特別手当支給事業のほか,事業費の確定等に伴う減額を行いました。

2 継続費補正について

 継続費は,事業費の確定等に伴い,平井小学校大規模改造事業,大野まちづくりセンター・大野出張所整備事業について,総額及び年割額の変更を設定しました。

3 繰越明許費について

 繰越明許費は,地域活性化・きめ細かな臨時交付金事業である,道路維持補修費1,000万円,その他市道整備事業2,010万円,大野潮騒はまなす公園管理費484万5千円,小学校施設管理費650万7千円,中学校施設管理費1,244万円,幼稚園管理費373万8千円,公民館施設管理費713万6千円,文化会館維持補修費1,160万円をそれぞれ設定しました。
 その他,庁舎管理経費6,615万6千円,道の駅建設計画策定事業2,030万円,防災無線管理費849万5千円,老人福祉施設助成事業1,000万円,児童手当事務経費94万5千円,その他市道整備事業8,120万8千円,その他市道整備事業(まちづくり交付金)3,550万円,0222号線市道整備事業8,139万6千円,排水整備事業2,712万1千円,0151市道整備事業346万4千円,土地区画整理事業補助金1億円,都市計画策定事業472万5千円,街並環境整備事業210万円,城山公園整備事業(まちづくり交付金)966万円,3.3.11街路整備事業(まちづくり交付金)6,938万円,文化財保護事務経費177万5千円をそれぞれ設定しました。

4 債務負担行為補正について

 債務負担行為は,茨城県等と共同発行するミニ市場公募地方債に対しての「地方債証券共同発行連帯債務(平成21年度)」,「ごみ処理施設管理委託料」について設定するとともに,都市計画マスタープラン変更委託については廃止しました。

5 地方債補正について

 市債は,減収補てん債について限度額を設定するとともに,地域活性化・公共投資臨時交付金の歳入に伴い,小中学校耐震補強事業の限度額を変更するほか,道路整備事業(まちづくり交付金),都市計画街路整備事業(まちづくり交付金),平井小学校大規模改造事業について,それぞれ限度額を変更し,大野まちづくりセンター・大野出張所整備事業については廃止しました。

議案第16号 平成21年度鹿嶋市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)【原案可決】

 既定の歳入歳出予算の総額に,歳入歳出それぞれ4,231万4千円を減額し,総額74億7,511万円となりました。
 歳入としましては,国庫支出金5,597万3千円,療養給付費等交付金4,259万8千円,前期高齢者交付金109万7千円,県支出金4,058万6千円,諸収入200万円を減額し,共同事業交付金370万8千円,財産収入8千円,繰入金8,429万4千円,繰越金1,193万円を見込みました。
 歳出としましては,総務費24万円,前期高齢者納付金38万1千円,老人保健拠出金3,620万7千円,介護納付金843万9千円,共同事業拠出金2,034万4千円を減額し,保険給付費2,328万9千円,積立金8千円を計上しました。

議案第17号 平成21年度鹿嶋市老人保健特別会計補正予算(第2号)【原案可決】

 既定の歳入歳出予算の総額から,歳入歳出それぞれ3,939万2千円を減額し,総額3,885万4千円となりました。
 歳入としましては,支払基金交付金2,977万7千円,国庫支出金1,263万7千円,県支出金466万7千円,繰入金466万7千円を減額し,繰越金1,025万6千円,諸収入210万円を見込みました。
 歳出としましては,医療諸費を5,780万円減額し,諸支出金1,840万8千円を計上しました。

議案第18号 平成21年度鹿嶋市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)【原案可決】

 既定の歳入歳出予算の総額から,歳入歳出それぞれ796万1千円を減額し,総額3億5,462万円となりました。
 歳入としましては,後期高齢者医療保険料1,292万6千円を減額し,繰入金462万6千円,諸収入33万9千円を見込みました。
 歳出としましては,後期高齢者医療広域連合納付金830万円を減額し,諸支出金33万9千円を計上しました。

議案第19号 平成21年度鹿嶋市介護保険特別会計補正予算(第2号)【原案可決】

 既定の歳入歳出予算の総額から,歳入歳出それぞれ6,050万6千円を減額し,総額25億1,394万4千円となりました。
 歳入としましては,国庫支出金2,264万2千円,支払基金交付金4,161万4千円,県支出金1,776万2千円,繰入金3,819万7千円を減額し,財産収入21万3千円,繰越金5,949万6千円を見込みました。
 歳出の主なものとしましては,総務費246万2千円,保険給付費1億1,261万5千円を減額し,積立金6,457万1千円を計上しました。

議案第20号 平成21年度鹿島臨海都市計画事業鹿島神宮駅周辺北土地区画整理事業特別
        会計補正予算(第2号)【原案可決】


 今回の補正は,既定の歳入歳出予算の総額に変更はなく,保留地販売の実績及び見込みに基づき,歳入財源の見直しを行うものです。
 歳入としましては,保留地処分金1,436万6千円を減額し,一般会計繰入金1,436万6千円を見込んだものです。

議案第21号 平成21年度鹿島臨海都市計画下水道事業公共下水道特別会計補正予算
        (第1号)【原案可決】


 既定の歳入歳出予算の総額に,歳入歳出それぞれ280万円を減額し,総額20億8,711万7千円となりました。
 歳入としましては,諸収入1,857万7千円を減額し,受益者負担金510万2千円,財産収入7万9千円,一般会計繰入金500万円,前年度繰越金559万6千円を見込みました。
 歳出としましては,公債費1,300万6千円を減額し,総務費518万1千円,下水道費502万5千円を計上しました。

議案第22号 鹿嶋市長の選挙におけるビラの作成の公費負担に関する条例【原案可決】

 この条例は,公職選挙法の一部改正により,地方公共団体の長の選挙におけるビラの頒布が認められたことに伴い,鹿嶋市長の選挙におけるビラの作成費用を公費で支払うため,制定するものです。

議案第23号 鹿嶋市日影による中高層建築物の高さの制限に関する条例【原案可決】

 この条例は,地区計画に定められた建築物の日影による高さの制限に関する事項について,建築基準法第56条の2第1項の規定に基づき,日影の対象となる区域及び時間を定めるため,制定するものです。

議案第24号 鹿嶋市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例【原案可決】

 この条例は,地区計画に定められた建築物等の制限に関する必要な事項について,建築基準法第68条の2及び建築基準法施行令第136条の2の4の規定に基づき,適正な都市機能と健全な都市環境を確保することを目的に,用途の制限等を定めるため,制定するものです。

議案第25号 鹿嶋市特別職の職員の給与並びに旅費及び費用弁償に関する条例の一部を改
        正する条例【原案可決】


 今回の改正は,消費生活相談員を嘱託職員へ移行したことに伴い,非常勤の特別職から除くため,条例の一部を改正するものです。

議案第26号 鹿嶋市職員の給与に関する条例及び鹿嶋市職員の勤務時間,休暇等に関する
        条例の一部を改正する条例【原案可決】


 今回の改正は,人事院勧告に基づき,これに準拠して,月60時間を超える時間外勤務に係る時間外勤務手当の支給割合を引上げるため,時間外勤務手当の一部の支給に代えて,時間外勤務代休時間を指定することができることとするため等,条例の一部を改正するものです。

議案第27号 鹿嶋市税条例の一部を改正する条例【原案可決】

 今回の改正は,納税者の利便性と納期内納付の推進を図ることを目的に,固定資産税及び軽自動車税の納期の開始日の早期化とこれに付随する納期前納付の報奨金の積算方法を改めるため,条例の一部を改正するものです。

議案第28号 鹿嶋市医療福祉費支給に関する条例の一部を改正する条例【原案可決】

 今回の改正は,茨城県医療福祉対策実施要領の一部改正に伴い,ひとり親医療福祉費受給対象者の適用除外とされていた後期高齢者医療制度の被保険者を受給対象者とすること,また,身体障害者福祉法施行規則の一部改正に伴い,重度心身障害者の医療福祉費受給要件において,3級の内部障害に肝臓機能障害を加えるため,条例の一部を改正するものです。

議案第29号 鹿嶋市保育所設置条例の一部を改正する条例【原案可決】

 今回の改正は,近年の保育需要の高まりを受け、特に入所児童の多い宮下保育園及び佐田保育園の定員を増員するため、条例の一部を改正するものです。

議案第30号 鹿嶋市保育所の保育の実施に関する条例の一部を改正する条例【原案可決】

 今回の改正は,国の保育所徴収金(保育料)基準額表の階層区分に高所得者層の第8階層が創設されることに伴い,本市においても国に準じて整備するため,条例の一部を改正するものです。

議案第31号 鹿嶋市児童クラブ設置条例の一部を改正する条例【原案可決】

 今回の改正は、豊津小学校への児童クラブの設置及び既に設置している三笠小学校児童クラブを第1児童クラブ,第2児童クラブと名称変更するため,条例の一部を改正するものです。

議案第32号 鹿嶋市少人数学級編制の実施に係る任期付市費負担教職員の採用,給与及び
        勤務条件等の特例に関する条例の一部を改正する条例【原案可決】


 今回の改正は,基礎学力の定着を図り,豊かな人間性を育てる少人数学級編制を実施するなかで,優秀な人材を確保するため,条例の一部を改正するものです。

議案第33号 市道路線の認定について【原案可決】

 今回の路線の認定は,荒野台駅周辺地区において都市計画決定された地区整備計画で配置されている区画道路9路線,及びはまなす公園前駅周辺地区において都市計画決定された地区整備計画で配置されている区画道路6路線,計15路線を認定するものです。


◆平成21年第1回鹿嶋市議会定例会議員提出議案(議決結果)◆



◆請願◆


請願第1号 核兵器の廃絶を求める請願書【原案採択】

◆意見書◆


意見書第1号 核兵器廃絶を求める意見書【原案可決】