≪新鹿嶋市総合計画後期基本計画(平成19年3月策定)≫

情報発信元:まちづくり政策課
〒314-8655
茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
市役所第1庁舎2階
TEL:0299-82-2911(代表) FAX:0299-82-0789
E-MAIL:machisei1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

 本市では,まちの主人公を市民とした市民・事業者・行政の「協働」によるまちづくりを基本姿勢とした「新鹿嶋市総合計画」を平成14年に策定し,人を思いやる心やものを大切にする心の育成に主眼をおいた「豊かな心あふれるまちの創造」を基本理念とし,『夢フィールド 交流のまち かしま』という将来像の実現に向け,各種施策を進めています。
 その前期基本計画が平成18年度で終了したことから,前期基本計画の進捗や社会環境の変化に応じて具体的な施策項目の整理・見直しを行うとともに,事業の進行管理及び進捗度の指標として,数値目標を新たに掲げ,平成19年度から平成23年度までの後期5年間の“まちづくりの道しるべ”として後期基本計画を定めました。

1 構成と期間
(1)基本構想(H14~H23)
 ・新しい鹿嶋市を見据えた将来像・まちづくりの基本的指針(施策の大綱)
(2)基本計画(前期=H14~H18,後期=H19~H23)
 ・まちづくりの基本的計画(施策の大綱に基づく主要な行政施策)
(3)実施計画(毎年策定・見直し)
 ・まちづくりの具体的計画(行政施策推進のための具体的な3ヵ年の事業計画・財政計画)

2 基本構想
(1)基本理念・・・『豊かな心あふれるまち』の創造
(2)将来像・・・夢フィールド 交流(ふれあい)のまち かしま

3 後期基本計画 ~ まちづくりの目標 
(1)スポーツ先進のまち
(2)世界に羽ばたく人づくりを進めるまち
(3)健康で安心,快適に暮らせる福祉のまち
(4)みんなが誇れる美しいまち
(5)交流がつくる魅力と活力のある新しい産業のまち
(6)行政のスリム化と市民がつくるまち

添付ファイル 後期基本計画概要版 (PDF:3.3MB)