≪平成19年第1回鹿嶋市議会定例会議案(議決結果)≫

情報発信元:総務課
〒314-8655
茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
市役所第1庁舎2階
TEL:0299-82-2911(代表) FAX:0299-82-2934
E-MAIL:soumu1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

平成19年第1回鹿嶋市議会定例会の議決結果は次のとおりです。

平成19年第1回鹿嶋市議会定例会提出議案(議決結果)◆

                                 議決年月日 平成19年3月20日

議案番号等議案名等内       容議決結果
議案第1号平成19年度鹿嶋市一般会計予算

1 歳入歳出予算について

(1)歳入歳出予算の総額は,前年度比1.0%増(2億円増)の2035‚000万円となりました。

(2)歳入としましては,市税は,所得税から個人住民税への税源移譲や定率減税の廃止,企業業績の拡大に伴い,昨年に引き続き大幅な増となり,前年度比8.5%増(103‚750万円増)の132150万円を見込みました。

地方譲与税は,三位一体改革に伴う税源移譲の暫定措置である所得譲与税の廃止により,58.8%減(45‚000万円減)の31‚500万円を見込みました。

地方交付税は,合併特例に基づく2年毎の縮減,市税の増収等に伴い,48.6%減(35‚000万円減)の37‚000万円を見込みました。

地方特例交付金は,定率減税の廃止に伴う減税補てん特例交付金の廃止などにより,62.5%減(1億円減)の6‚000万円を見込みました。

これら,市税,地方譲与税,地方交付税,地方特例交付金に,財政調整基金繰入金等を含めた一般財源は,3%増の1583‚6757千円となります。

また,特定財源については,国県支出金が,児童手当の制度改正,民間保育園の増,3.3.11街路整備事業の増などにより4.8%増(11‚7448千円増)となる一方で,市債は,学校給食センター建設事業の終了,減税補てん債の廃止などから21.5%減(36‚500万円減)となるなど,特定財源全体では5.5%減の451‚3243千円を見込みました。

(3)歳出としましては,人件費,扶助費,公債費からなる義務的経費として,3.1%減の954‚4727千円を計上しました。

内訳としましては,人件費が,職員数の削減や議員定数の減などから4.1%減の442‚5625千円,扶助費は,児童手当の制度改正,民間保育園の増などから2.7%増の278‚5126千円,公債費は,7.6%減の233‚3976千円を計上しました。

また,公共施設の建設,道路の新設改良費及び災害復旧に充てる投資的経費は,2.1%増の267‚8939千円を計上しました。

内訳としまして,普通建設事業費のうち補助事業分は,豊津小学校大規模改造事業,3.3.11街路整備事業の増などにより,20.6%増の104‚0966千円を計上しました。

単独事業については,学校給食センター建設事業の減などにより,7.0%減の163‚1213千円を計上しました。

(4)本年度の主要事業としましては,次のとおりです。

総務費関係としましては,課題でありました公共交通体系の充実に向け,新たに民間事業者が路線バス運行をスタートいたします。このための補助として,「公共交通対策事業」に1‚5728千円計上しました。

市民生活の安全・安心の確保に向け,自警団の育成支援など「防犯対策事業」に3666千円,津波ハザードマップの作成や災害時の応急対策経費など 「災害対策経費」に1‚6834千円,新規事業として,災害発生時の緊急情報伝達システムを整備する「安心安全ネットワーク推進事業」に4136千円を計上しました。

市民活動への支援を行う「市民参加のまちづくり事業」に2957千円,市民活動の拠点施設である「まちづくり市民センター」の活動費及び環境整備に2‚5899千円,中国塩城市及び韓国西帰浦市との「国際友好都市推進事業」に4876千円,地籍調査事業に1‚7229千円を計上しました。

民生費関係としましては,今年11月に開催される「全国健康福祉祭いばらき大会(ねんりんピック)」事業に1‚5883千円,児童クラブ運営経費及び高松地区への新規開設など「放課後児童健全育成事業」に2‚2329千円,総合福祉センター内おもちゃ図書館を活用した「つどいの広場」の開設など「次世代育成支援対策事業」に7254千円,新たに2箇所の民間保育園が認可され9園となった「民間保育園入所支援事業」に64‚2828千円を計上しました。

衛生費関係としましては,新たに鹿島アントラーズとの連携による健康づくり運動を展開するなど「健康づくり推進事業」に1‚4664千円,不法投棄監視カメラの増設など「ごみ不法投棄対策事業」に859万円,ごみ不法投棄防止の市民運動を支援する「環境ボランティア推進事業」に4132千円,「リサイクルセンター整備事業」に36‚250万円を計上しました。

農林水産業費関係としましては,地元農水産物の「直売施設整備推進事業」に 1533千円を計上したほか,新規事業として,農地の有効活用や農業体験交流事業の実施など「遊休農地活用事業」に226万円,市民農園整備の基本計画を策定するための「市民農園整備事業」に2942千円を計上しました。

商工費関係としましては,鹿嶋まつりの開催や地元商工業者への支援,鹿島神宮駅前の賑わいづくりなど「商工業振興助成費」に2‚648万円,駅前イルミネーションや花火大会補助など「観光行事費」に1‚5632千円,新たにJリーグ開催時の周遊観光バス運行の実施や塚原ト伝の全国PR展開を行うなど「観光PR事業」に9037千円,平井海水浴場の駐車場整備及び下津海水浴場の公衆トイレ整備として,「観光対策事業」に4‚0433千円を計上しました。

土木費関係としましては,「道路維持補修費」に17‚6997千円,和地内の「0154号線市道整備事業」に3‚1742千円,「その他の市道整備事業」に14‚3631千円,大野区域の排水整備のための「大野環境整備特別対策事業」に3221千円,都市計画基礎調査や大野区域の地区計画策定など「都市計画策定事業」に2‚265万円,新たに高松緑地公園のウォーキングコースの整備を行うなど「高松緑地公園維持補修費」に4‚1034千円,「3.3.11街路整備事業」に41‚7459千円,市民ボランティアによる花いっぱい運動など「緑化推進事業」に8336千円を計上しました。

消防費関係としましては,地区消防団の消防自動車更新など「消防施設整備費」に2‚5215千円を計上しました。

教育費関係としましては,レシピ方式による英会話学習の拡大など,市内全小学校で実施する「英語指導事業」に8‚5131千円,派遣指導主事の増員や新たにCDT学力テストを導入するなど「教職員指導対策費」に3‚9036千円,耐震診断や改修工事など,学校施設の「維持補修費」として小中学校合わせて24‚5981千円,教育用コンピューターの整備や学校図書の充実など「教育設備及び教材費」に小中学校合わせて13043千円,小学4年生の宿泊学習や学校図書館充実のモデル事業を新たに実施するための「小学校教育研究費」に1‚1524千円,アシスタントティーチャーの拡充など「小学校教育振興支援事業」に3‚0477千円,「豊津小学校大規模改造事業」に34‚5657千円,中学校への学習補助指導員の配置など「学力向上支援事業」に2‚584万円,中国塩城市,韓国西帰浦市,オーストラリア・カラウンドラ市への派遣交流を行う「中学生海外派遣交流事業」に1‚4531千円,預かり保育を公立全幼稚園に拡充する「子育て支援事業」に3861千円を計上しました。

また,教育費のうち生涯学習関連としましては,児童クラブ設置地区以外の5小学校区での「放課後子ども教室」の開設や新たに高校生ボランティア養成講座を実施するなど「青少年育成対策経費」に7921千円,三笠公民館駐車場の整備や旧三笠公民館の解体などに18‚4307千円を計上しました。

新規事業としては,大野まちづくりセンターに出張所や図書館機能を加えた,新たな複合施設を整備するための設計費として3‚201万円を計上しました。

スポーツ関連としましては,ト伝杯武道大会,サッカーフェスティバル,駅伝大会,24時間サッカー大会の開催など「社会体育振興事業」に1‚6571千円,新規事業として「鉢形地区多目的広場整備事業」に設計費400万円を計上しました。

2 継続費について

継続費は,豊津小学校大規模改造事業について,平成19年度及び平成20年度の2箇年で55‚7833千円を設定しました。

3 地方債について

市債は,リサイクルセンター整備事業,排水整備事業,都市計画街路整備事業,豊津小学校大規模改造事業,臨時財政対策債などを見込みました。

原案可決
議案第2号平成19年度鹿嶋市国民健康保険特別会計予算

歳入歳出予算の総額は,歳入歳出それぞれ721‚3703千円を計上しました。

歳入としましては,国民健康保険税258‚9786千円,国庫支出金196‚2441千円,療養給付費等交付金116‚205万円,県支出金35‚7063千円共同事業交付金74‚0506千円,繰入金38‚4845千円,諸収入他1‚7012千円を見込みました。

 歳出としましては,総務費7‚3035千円,保険給付費458‚9557千円,老人保健拠出金126‚4935千円,介護納付金47‚7552千円,共同事業拠出金77‚3794千円,平成20年度からの特定健康診査実施に伴う策定委託料等を含む保健事業費1‚8988千円,諸支出金他1‚5842千円を計上しました。

原案可決
議案第3号平成19年度鹿嶋市老人保健特別会計予算

歳入歳出予算の総額は,歳入歳出それぞれ384‚8075千円を計上しました。

歳入としましては,支払基金交付金201‚6785千円,国庫支出金127325千円,県支出金31832千円,繰入金3198万円,繰越金2‚000万円,諸収入153千円を見込みました。

 歳出としましては,医療諸費382‚7774千円,諸支出金301千円,予備費2‚000万円を計上しました。

原案可決
議案第4号

平成19年度鹿嶋市介護保険特別会計予算

歳入歳出予算の総額は,歳入歳出それぞれ228‚7545千円を計上しました。

歳入の主なものとしましては,介護保険料44‚8754千円,国庫支出金5668千円,支払基金交付金68‚3689千円,県支出金33‚2339千円,繰入金32‚1865千円を見込みました。

歳出の主なものとしましては,総務費3‚9785千円,保険給付費222489千円,地域支援事業費4‚500万円を計上しました。

原案可決
議案第5号

平成19年度鹿島臨海都市計画事業鹿島神宮駅周辺北土地区画整理事業特別会計予算

歳入歳出予算の総額は,歳入歳出それぞれ16‚9975千円を計上しました。

歳入としましては,保留地処分金16‚5865千円,財産収入1千円,一般会計繰入金3109千円,前年度繰越金100万円を見込みました。

歳出としましては,測量委託料等2‚0475千円,工事請負費2‚0475千円,公債費12‚4139千円,その他審議会費,事務費等4886千円を計上しました。

原案可決
議案第6号平成19年度鹿島臨海都市計画下水道事業公共下水道特別会計予算

歳入歳出予算の総額は,歳入歳出それぞれ203‚4318千円を計上しました。

歳入の主なものとしましては,受益者負担金1‚872万円,使用料及び手数料39‚4751千円,国庫支出金27‚870万円,一般会計繰入金58‚000万円,前年度繰越金2‚6127千円,下水道事業債72‚800万円を見込みました。

歳出としましては,総務費及び施設管理費180万円,下水道費109‚4276千円,公債費83‚6242千円,予備費300万円を計上しました。

原案可決
議案第7号平成19年度鹿嶋市農業集落排水特別会計予算

歳入歳出予算の総額は,歳入歳出それぞれ5‚694万円を計上しました。

歳入としましては,受益者負担金1万円,使用料1‚5248千円,一般会計繰入金3‚4498千円,前年度繰越金7084千円,諸収入10万円を見込みました。

 歳出としましては,総務管理費2‚3595千円,公債費3‚1345千円,予備費200万円を計上しました。

原案可決
議案第8号平成19年度鹿嶋市墓地特別会計予算

歳入歳出予算の総額は,歳入歳出それぞれ4‚4351千円を計上しました。

歳入としましては,使用料及び手数料3‚7811千円,繰越金3464千円,諸収入1千円,一般会計繰入金3075千円を見込みました。

 歳出としましては,墓地管理費1996千円,墓地建設費350万円,公債費3‚8355千円,予備費50万円を計上しました。

原案可決
議案第9号平成19年度鹿嶋市公共料金等集合支払特別会計予算

歳入歳出予算の総額は,歳入歳出それぞれ31‚000万円を計上しました。

 歳入としましては,繰替金収入31‚000万円を見込みました。

歳出としましては,需用費(光熱水費)28‚050万円,役務費(電話料)2‚950万円を計上しました。

原案可決
議案第10号平成19年度鹿嶋市水道事業会計予算

1 収益的収入及び支出について

  収入としましては,水道料金等の営業収益13912万円,預金利子等の営業外収益663千円,併せて139783千円を見込みました。

支出としましては,受水費,浄水,配水及び給水施設の維持管理費並びに人件費等の営業費用122‚9026千円,企業債利子等の営業外費用1630万円,特別損失1‚3656千円,予備費200万円,併せて135‚0982千円を計上しました。

 2 資本的収入及び支出について

収入としましては,企業債9‚000万円,負担金1‚330万円,併せて1330万円を見込みました。

  支出としましては,建設改良費11‚4013千円,企業債償還金12‚7439千円,負担金2‚3215千円,併せて26‚4667千円を計上しました。

  なお,資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額16‚1367千円は,過年度分損益勘定留保資金並びに消費税及び地方消費税資本的収支調整額で補てんするものです。

原案可決
議案第11号平成19年度鹿嶋市大野区域水道事業会計予算

1 収益的収入及び支出について

収入としましては,水道料金等の営業収益12‚2168千円,他会計補助金等の営業外収益8‚8227千円,併せて21‚0395千円を見込みました。

支出としましては,受水費,取水,浄水,配水及び給水施設の維持管理費並びに人件費等の営業費用19‚5887千円,企業債利子等の営業外費用4‚4129千円,予備費100万円,併せて24‚1016千円を計上しました。

2 資本的収入及び支出について

  収入としましては,企業債14‚000万円,出資金3‚000万円,補助金8‚528万円,負担金530万円,併せて26‚058万円を見込みました。

  支出としましては,建設改良費26‚5083千円,企業債償還金4‚506万円,併せて31‚0143千円を計上しました。

  なお,資本的収入額が資本的支出に対し不足する額4‚9563千円は,過年度分損益勘定留保資金並びに消費税及び地方消費税資本的収支調整額で補てんするものです。

原案可決
議案第12号平成18年度鹿嶋市一般会計補正予算(第5号)

1 歳入歳出予算補正について

既定の歳入歳出予算の総額に,歳入歳出それぞれ65‚6535千円を追加し,総額2166‚8643千円となりました。

歳入の主なものとしましては,企業業績の拡大に伴う法人市民税の増や景気の回復に伴う個人市民税の増など,市税を102‚5086千円見込みました。

また,交付額の確定に伴い,地方特例交付金4‚7676千円,地方交付税2‚6597千円をそれぞれ見込みました。

このほか,生活保護費の減,及びリサイクルセンター整備事業の延期などに伴う国庫支出金の減17‚8642千円,制度改正による医療福祉費返納金の減などに伴う諸収入の減1‚706万円,リサイクルセンター整備事業,及び学校給食センターに係る市債の減25‚310万円を見込みました。

歳出の主なものとしましては,退職手当特別負担金14‚2885千円,国民健康保険特別会計繰出金2‚1684千円,介護保険特別会計繰出金の減3‚5469千円,児童手当経費の減2‚8055千円,生活保護扶助経費の減8‚000万円,予防接種経費の減1‚794万円,リサイクルセンター整備事業の減36‚250万円,その他の市道整備事業の増1‚7586千円,鹿島神宮駅周辺北土地区画整理事業繰出金13‚4441千円,公債費(利子)の減1‚500万円,財政調整基金積立金92062千円などを計上しました。

2 継続費補正について

継続費は,リサイクルセンター整備事業について,事業の延期に伴う年割額の変更と期間の延長,学校給食センター建設事業について,事業費の変更に伴う総額と年割額の減額を,それぞれ設定しました。

3 繰越明許費について

繰越明許費は,特殊地下壕対策費840万円,老人医療給付経費(電算処理委託料)3675千円,ごみ処理施設跡地利用計画策定業務委託料300万円,その他の市道整備事業1‚000万円,平井東部土地区画整理事業負担金2‚1735千円,3.3.11街路整備事業(まちづくり交付金)7‚7652千円をそれぞれ設定しました。

4 債務負担行為補正について

債務負担行為は,茨城県と県内6市とで共同発行するミニ市場公募地方債に対して,地方債証券共同発行連帯債務を設定しました。

また,鹿嶋市土地開発公社事業資金借入に伴う債務保証について,限度額を減額し,引き続き設定しました。

5 地方債補正について

市債は,リサイクルセンター整備事業の延期に伴う起債の取りやめ,及び学校給食センターに係る起債対象事業費の変更に伴う限度額の変更を行いました。
原案可決
議案第13号平成18年度鹿嶋市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)

既定の歳入歳出予算の総額から,歳入歳出それぞれ27974千円を減額し,総額687‚2153千円となりました。

 歳入としましては,国庫支出金21‚3728千円,県支出金3‚330万円を減額し,療養給付費等交付金1‚7325千円,繰入金等2‚1729千円を見込みました。

 歳出としましては,総務費1877千円,老人保健拠出金の確定により老人保健拠出金27513千円を減額し,介護納付金等1416千円を計上しました。

原案可決
議案第14号平成18年度鹿嶋市老人保健特別会計補正予算(第1号))

既定の歳入歳出予算の総額に,歳入歳出それぞれ7‚1449千円を追加し,総額389‚7288千円となりました。

歳入としましては,支払基金交付金1‚0783千円,国庫支出金3‚988万円,繰越金2‚0786千円を見込みました。

歳出としましては,精算に伴う一般会計繰出金等諸支出金7‚1449千円を計上しました。

原案可決
議案第15号平成18年度鹿嶋市介護保険特別会計補正予算(第2号)

既定の歳入歳出予算の総額から,歳入歳出それぞれ23‚2269千円を減額し,総額199‚967万円となりました。

歳入としましては,支払基金交付金19482千円,県支出金8‚7447千円,一般会計繰入金3‚5469千円を減額し,国庫支出金99千円,財産収入3万円を見込みました。

 歳出としましては,総務費5353千円,保険給付費22‚6946千円を減額し,積立金3万円を計上しました。

原案可決
議案第16号平成18年度鹿島臨海都市計画事業鹿島神宮駅周辺北土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)

今回の補正は,既定の歳入歳出予算の総額に変更はなく,歳入としまして,保留地処分金13‚9619千円を減額し,一般会計繰入金13‚4441千円,前年度繰越金5178千円を見込んだものです。(歳入歳出予算の総額:19‚5455千円)

原案可決
議案第17号平成18年度鹿島臨海都市計画下水道事業公共下水道特別会計補正予予算(第3号)

既定の歳入歳出予算の総額に,歳入歳出それぞれ1‚000万円を追加し,総額256‚3495千円となりました。

歳入としましては,前年度繰越金1‚000万円を見込みました。

歳出としましては,下水道整備基金積立金1‚000万円を計上しました。

原案可決
議案第18号平成18年度鹿嶋市農業集落排水特別会計補正予算(第1号)

既定の歳入歳出予算の総額から,歳入歳出それぞれ1‚090万円を減額し,総額28‚7979千円となりました。

歳入としましては,受益者負担金607千円,県支出金1‚0293千円を減額しました。

歳出としましては,農業集落排水整備費(単独)370万円を計上し,農業集落排水整備費(補助)1‚460万円を減額しました。

原案可決
議案第19号平成18年度鹿嶋市公共料金等集合支払特別会計補正予算(第1号)

既定の歳入歳出予算の総額に,歳入歳出それぞれ2‚800万円を追加し,総額31‚000万円となりました。

 歳入としましては,繰替金収入2‚800万円を見込みました。

歳出としましては,需用費(光熱水費)2‚800万円を計上しました。

原案可決
議案第20号平成18年度鹿嶋市水道事業会計補正予算(第3号)

1 収益的収支について

  既定の収入予算の総額に,5‚4916千円を追加し,総額131‚6092千円となりました。

  支出としましては,既定の予算の総額から,5‚046万円を減額し,総額135201千円となりました。

2 資本的収支について

既定の収入予算の総額から,480万円を減額し, 総額1850万円となりました。

支出としましては,既定の予算の総額に,142千円を追加し,総額27‚6583千円となりました。

なお,資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額について,「16‚3141千円」を「16‚8083千円」に改めました。

原案可決
議案第21号鹿嶋市副市長定数条例

この条例は,地方自治法の改正により副市長を置くこととされ,当市においては,トップマネジメント機能の強化及び行政需要の拡大に対応していくため,副市長の人数を2人と定め,制定するものです。

原案可決
議案第22号鹿嶋市一般職の任期付職員の採用及び給与の特例に関する条例この条例は,地方公共団体の一般職の任期付職員の採用に関する法律に基づき,専門的な知識経験を有する者等を任期付職員として期間を定めて採用できる制度を整備するため,制定するものです。原案可決
議案第23号w:st="on">鹿嶋市公共下水道区域外流入分担金の徴収に関する条例

この条例は,公共下水道計画区域外から,公共下水道に接続を希望する土地の所有者に対し,同計画区域内の土地の所有者と同等の負担を求めるため,制定するものです。

原案可決
議案第24号w:st="on">鹿嶋市職員の勤務時間,休暇等に関する条例の一部を改正する条例今回の改正は,一般職の任期付短時間勤務職員の勤務条件を規定するため,条例の一部を改正するものです。原案可決
議案第25号鹿嶋市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例今回の改正は,①人事院勧告に基づいて,給料月額によらず,職務・職責のみを支給条件とした管理職手当の定額化に伴う上限額を規定し,扶養手当の3人目以降の子等に係る支給月額を引き上げる。②一般職の任期付短時間勤務職員の給料月額を規定するため,条例の一部を改正するものです。原案可決
議案第26号鹿嶋市まちづくり市民センター及び地区まちづくりセンターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例

議案第26号及び議案第27号の今回の改正は,三笠まちづくりセンター及び三笠公民館の三笠小学校内への移転に伴い,同施設の位置に関する規定等を改めるため,条例の一部を改正するものです。

原案可決
議案第27号

鹿嶋市立公民館の設置,管理及び職員に関する条例の一部を改正する条例

議案第28号

鹿嶋市総合福祉センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例

今回の改正は,障害者自立支援法で定める「就労継続支援事業」を実施するため,条例の一部を改正するものです。原案可決
議案第29号鹿嶋市児童クラブ設置条例の一部を改正する条例今回の改正は,児童クラブを大野区域(中野東小学校)に新たに1箇所設置するため,条例の一部を改正するものです。原案可決
議案第30号鹿嶋市高額介護サービス費貸付基金条例の一部を改正する条例

今回の改正は,貸付に係る対象範囲に福祉用具の購入及び住宅改修費を加えることにより,一時的に支払いが困難な被保険者の負担軽減を図るため,条例の一部を改正するものです。

原案可決
議案第31号

鹿嶋市立学校給食センターの設置,管理及び職員に関する条例の一部を改正する条例

今回の改正は,学校給食センターの移転に伴い,同センターの設置場所に関する規定を改めるため,条例の一部を改正するものです。

原案可決
議案第32号鹿嶋市特別職の職員の給与並びに旅費及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例

今回の改正は,①地方自治法の改正により副市長を設置し,収入役を廃止する。②個人情報の高まりを受け,継続する納税組合がないため,納税組合長を廃止する。③高齢者や障害者など援護を必要とする市民に対し,包括的なケアシステムの構築を目的とする地域包括ケアシステム推進協議会を設置するため,条例の一部を改正するものです。

原案可決
議案第33号鹿嶋市税条例の一部を改正する条例今回の改正は,地方自治法の改正により「収入役」の廃止,普通地方公共団体の吏員とその他の職員の区分が廃止され「職員」に変更されたこと,及び税条例準則との見直しに伴う用語の整理・追加を行うため,条例の一部を改正するものです。原案可決
議案第34号鹿嶋市表彰条例の一部を改正する条例議案第34号から議案第37号までの今回の改正は,地方自治法の改正により助役に代わる副市長の設置,「収入役」の廃止,普通地方公共団体の吏員とその他の職員の区分が廃止され「職員」に変更されたこと等に伴い,関係規定を整備するため,条例の一部を改正するものです。原案可決
議案第35号鹿嶋市附属機関に関する条例の一部を改正する条例原案可決
議案第36号鹿嶋市営住宅管理条例の一部を改正する条例原案可決
議案第37号鹿嶋市教育委員会教育長の給与,勤務時間及びその他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例原案可決
議案第38号茨城県市町村総合事務組合規約の変更について今回の規約の改正は,①地方自治法の改正により関係規定の整備を図る。②本組合の事務所の位置を地番まで表示する。③一部事務組合に加え,広域連合からも事務の委託を受けられるようにするため,規約の一部を変更するものです。原案可決
議案第39号茨城租税債権管理機構規約の変更について議案第39号から議案第41号までの規約の変更は,地方自治法の改正により,「収入役」の廃止,「吏員」制度の廃止などに伴い,規約の一部を変更するものです。原案可決
議案第40号鹿島地方事務組合規約の変更について原案可決
議案第41号鹿島南部地区消防事務組合規約の変更について原案可決
議案第42号損害賠償の額を定め,和解することについて平成17年9月3日鹿嶋市立平井中学校敷地内において,奉仕作業中,保護者がやけどを負った事故に関し,損害賠償の額を定め,和解を行うものです。原案可決
議案第43号損害賠償の額を定め,和解することについて平成18年11月25日鹿嶋市立鹿島中学校横国道124号線上において,グラウンドから飛び出したサッカーボールが原因で,走行中の車両2台を損傷させた事故に関し,損害賠償の額を定め,和解を行うものです。原案可決
諮問第1号人権擁護委員候補者の推薦について人権擁護委員候補者の推薦について,議会の意見を求めるものです。原案適任

平成19年第1回鹿嶋市議会定例会議員提出議案(議決結果)◆


                                    議決年月日 平成19年3月20日

議案等番号議 案 等 名審議結果
第1号議案鹿嶋市議会委員会条例の一部を改正する条例原案可決
意見書第1号鹿嶋市和地内の土地の埋立て等に反対する意見書の提出について原案可決

平成19年第1回鹿嶋市議会定例会提出追加議案(議決結果)◆

                                 議決年月日 平成19年3月20日

議案番号等議案名等内       容議決結果
議案第44号鹿嶋市副市長の選任について

議案第44号及び議案第45号は,鹿嶋市副市長に永野 正道 及び 和泉 利雄 を選任したいので,地方自治法第162条の規定により,議会の同意を求めるものです。

原案同意
議案第45号鹿嶋市副市長の選任について原案同意