≪70歳以上75歳未満の方の医療について≫

情報発信元:国保年金課
〒314-8655
茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
市役所第2庁舎1階
TEL:0299-82-2911(代表) FAX:0299-83-7809
E-MAIL:kokuho1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

 

 

国民健康保険に加入している方で、70歳以上75歳未満の方が医療を受ける際の自己負担割合は2割です。

ただし、現役並み所得者(※)の場合は3割となります。

 

※現役並み所得者とは

 同一世帯に住民税課税所得145万円以上の70歳以上75歳未満の国民健康保険被保険者(または後期高齢者保険被保険者)がいる方。ただし、70歳以上の収入額の合計が二人以上で520万円未満、一人で383万円未満の場合は、申請により2割負担となります。(基準収入額適用申請)

 

 

 

お医者さんにかかるとき

 

 

「国民健康保険被保険者証兼高齢受給者証(通称:保険証)」 が必要です。

 

これまでは、保険証と高齢受給者証(水色のカード)の2枚を提示する必要がありましたが、

平成30年4月から、保険証に高齢受給者証の内容が記載されるようになったため、保険証1枚で医療機関にかかることができるようになりました。

 

▶適用は70歳誕生日の翌月(1日が誕生日の方は誕生月)から、75歳の誕生日の前日までです。

70歳になる方には、適用開始の前月下旬に、負担割合が記載された「国民健康保険被保険者証兼高齢受給者証(保険証)」を送付します。

 

▶保険証は、毎年8月1日で切り替えとなります。

7月下旬には新しいものを送付しますので、ご確認の上お使いください。