スタートページに設定  お気に入りに追加 サイトマップ
鹿嶋市
画面を拡大 標準 音声読み上げ・色調変更
korean English 中文
最終更新日時 2019年11月18日 14時59分 文書番号 000009332 印刷ページ 

台風15号など一連の災害により半壊以上の被害を受けた固定資産を減免します

情報発信元:総務部 税務課

〒314-8655   茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1  市役所第2庁舎2階
TEL0299-82-2911(代表)   FAX0299-84-1212  
MAILzeimu1@city.ibaraki-kashima.lg.jp
 令和元年台風第15号、第19号および10月25日大雨洪水警報にかかる災害により
半壊以上の被害を受けた方について固定資産税の減免(3・4期分)を受け付けます。
 該当になる方は、必要書類を揃えて税務課に申請してください。
 
 
●固定資産税の減免
 [減免対象]
 上記の災害により被害を受けた固定資産のうち、被害認定調査により損害の程度が
「家屋は半壊以上、土地は当該面積の10分の2以上、償却資産は10分の2以上の
価値が減じた」と判定された固定資産。
 ※塀・門扉・カーポートなど課税対象外の構築物については、対象外となります。
 
 [減免の割合] 
■家屋
損害の程度
減免の割合
全壊
10分の10
大規模半壊
10分の8
半壊
10分の4
 
■土地
損害の程度(被害面積が当該土地面積に占める割合)
減免の割合
10分の8以上
10分の10
10分の4以上10分の8未満
10分の8
10分の2以上10分の4未満
10分の4
 
 
 
■償却資産
損害の程度
減免の割合
価格の10分の8以上の価格を減じたとき
10分の10
価格の10分の4以上10分の8未満の価格を減じたとき
10分の8
価格の10分の2以上10分の4未満の価格を減じたとき
10分の4
 
[対象者] 固定資産税の納税義務者
[減免の適用時期] 令和元年度3期および4期
[申請方法] 以下(1)から(4)を揃えて税務課に提出
(1)減免申請書(税務課窓口または下記の関連書類からダウンロード)
(2)り災証明書の写し(家屋・土地)、り災届出証明書の写し(償却資産)
(3)朱肉を使う印鑑
(4)見積書(償却資産のみ)


関連書類


くらしの情報:関連項目  固定資産税   防災・災害  

※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが別ウィンドウで開きます。

このページに関するアンケート
質問:このページの情報は役に立ちましたか?
役に立ったどちらともいえない役に立たなかった
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
見つけやすかったどちらともいえない見つけにくかった
▲このページのトップへ
このホームページについて個人情報の取り扱いについて著作権について
情報発信:鹿嶋市広報推進課 〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
Tel:0299-82-2911 E-mail:info1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

鹿嶋市役所へのアクセス