スタートページに設定  お気に入りに追加 サイトマップ
鹿嶋市
画面を拡大 標準 音声読み上げ・色調変更
korean English 中文
最終更新日時 2019年01月24日 13時28分 文書番号 000008888 印刷ページ 

インフルエンザに注意しましょう!

情報発信元:健康福祉部 保健センター

〒314-8655   茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1  
TEL0299-82-6218   FAX0299-82-6219  
MAILkenkou2@city.ibaraki-kashima.lg.jp
インフルエンザは例年12月から3月ごろまで流行しており、茨城県でも1月に入り流行開始となり、県内全域に「インフルエンザ注意報」が発令されました。
インフルエンザの感染力は非常に強く、日本では毎年約10人に1人が感染しています。
正しい知識を身に付けて、インフルエンザウイルスに感染しないよう予防しましょう!
 
◇感染経路◇
感染した人の咳やくしゃみなどに含まれるウイルスが、鼻や口から侵入することで感染(飛沫感染)
手に付着したウイルスが、口や鼻などの粘膜から侵入することで感染(接触感染)
 
◇症状◇
インフルエンザウイルスの感染を受けてから1~3日間ほどの潜伏期間の後に、発熱(通常38℃以上の高熱)、頭痛、全身のだるさ、筋肉痛、関節痛などが突然現れ、普通のかぜと同じように咳、鼻汁などの症状がこれに続き、約1週間の経過で軽快するのが典型的なインフルエンザで、いわゆる「かぜ」に比べて全身症状が強く出ます。
 
◇予防のポイント◇
マスクを着用しましょう。特に咳やくしゃみが出るときはできるだけ着用しましょう。また、手のひらで咳やくしゃみを受け止めた時はすぐに手を洗いましょう。
手洗い、うがいをこまめにしましょう。手指など体についたインフルエンザウイルスを取り除くために外出後は必ず行いましょう。
適切な湿度(50%~60%)を保ち、換気をこまめにしましょう。特に乾燥しやすい室内では、加湿器などを使って湿度を保つことも
 効果的です。
十分な休養バランスのとれた栄養摂取を日ごろから心がけ、体の抵抗力を高めましょう。
人混みへの外出を控えましょう。人混みに入る際にはマスクを着用し、人混みの中にいる時間はなるべく短くしましょう。
 
◇インフルエンザにかかった場合の対応◇
・早めに医療機関を受診しましょう。
・安静にして、休養を取りましょう。特に、睡眠を十分にとることが大切です。
・水分を十分に補給しましょう。
・一般的に、発症してから3~7日間はウイルスを排出すると言われていますので、その間は外出を控えましょう。


関連書類


くらしの情報:関連項目  医療   健康・保健   病気・けが  

※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが別ウィンドウで開きます。

このページに関するアンケート
質問:このページの情報は役に立ちましたか?
役に立ったどちらともいえない役に立たなかった
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
見つけやすかったどちらともいえない見つけにくかった
▲このページのトップへ
このホームページについて個人情報の取り扱いについて著作権について
情報発信:鹿嶋市広報推進課 〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
Tel:0299-82-2911 E-mail:info1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

鹿嶋市役所へのアクセス