スタートページに設定  お気に入りに追加 サイトマップ
鹿嶋市
画面を拡大 標準 音声読み上げ・色調変更
korean English 中文
最終更新日時 2018年10月18日 11時24分 文書番号 000008765 印刷ページ 

高松中学校で特別授業「パラリンピック競技体験会」を実施しました

情報発信元:教育委員会 教育指導課

〒314-8655   茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1  市役所第2庁舎2階
TEL0299-82-2911(代表)   FAX0299-83-7894  
MAILsidoushitsu1@city.ibaraki-kashima.lg.jp
 10月12日、高松中学校にパラリンピック競技のトップアスリートを招き、特別授業を行う鹿嶋市オリンピック・パラリンピック教育推進事業-パラリンピック競技体験会-が行われました。ブラインドサッカーの元日本代表キャプテンとしてリオデジャネイロパラリンピック予選を戦った落合啓士(ひろし)さんが、講師として生徒たちと交流しました。
 特別授業は「体験会」と「講演」で構成され、体験会では中学生たちがアイマスクをして「目隠し体操」や「目隠しパス・トラップ・ドリブル」、「目隠しウォーキングサッカー」など視覚障害の疑似体験をしました。
 ほとんどの中学生たちは初めての体験であり、最初は与えられた課題をクリアすることばかりに必死になっていました。落合さんが「大切なことは、相手にきちんと物事を伝えることや、聞くこと。チームではリーダーシップやフォロワーシップを発揮すること」とアドバイスすると、中学生たちは積極的に声を出し、相手のことを考えて行動する姿が見られました。
 落合さんは10歳の時に徐々に視力が落ちる難病を発症し、18歳で視覚障害者となりました。25歳でブラインドサッカーと出会い、その後日本代表に選出され主力として活躍しています。また、33歳で神奈川県横浜市にチームを立ち上げるなど精力的に活動しています。
 講演では、自身の体験談を交えて語り、特に大切なことは「チャレンジする気持ち」と説きました。ブラインドサッカーにチャレンジすることで、自分自身に自信を持つことができたという話に、中学生たちは真剣に聞き入っていました。
 落合さんの次なるチャレンジは、日本が開催国として初めて出場する東京2020パラリンピックのブラインドサッカー日本代表に選ばれることです。40歳を超えてもひたむきにチャレンジする姿に、中学生たちも感銘を受けていました。
 

ウォーミングアップの動作を声だけでアイマスクのペアに伝える
■ ウォーミングアップの動作を声だけでアイマスクのペアに伝える
アイマスクをしてパス練習
■ アイマスクをしてパス練習
中学生のチームに入ってプレーする落合さん
■ 中学生のチームに入ってプレーする落合さん
自らの体験談を語る落合さん
■ 自らの体験談を語る落合さん

関連書類


くらしの情報:関連項目  学校教育   オリンピック  

※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが別ウィンドウで開きます。

このページに関するアンケート
質問:このページの情報は役に立ちましたか?
役に立ったどちらともいえない役に立たなかった
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
見つけやすかったどちらともいえない見つけにくかった
▲このページのトップへ
このホームページについて個人情報の取り扱いについて著作権について
情報発信:鹿嶋市広報推進課 〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
Tel:0299-82-2911 E-mail:info1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

鹿嶋市役所へのアクセス