鹿嶋市/市道上に張り出している樹木の管理について
スタートページに設定  お気に入りに追加 サイトマップ
鹿嶋市
画面を拡大 標準 音声読み上げ・色調変更
korean English 中文
最終更新日時 2018年05月10日 16時25分 文書番号 000008542 印刷ページ   スマートフォン版

市道上に張り出している樹木の管理について

情報発信元:都市整備部 施設管理課

〒314-8655   茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1  市役所第1庁舎1階
TEL0299-82-2911(代表)   FAX0299-82-4900  
MAILsisetu1@city.ibaraki-kashima.lg.jp
市道上に張り出している樹木の管理について(お願い)
 
樹木のせん定、伐採をし適切な管理をしましょう
 
 車道や歩道の一部において、樹木や生垣が覆いかぶさると通行しづらいだけでなく、折れ木、落枝などが交通障害を引き起こす場合があります。私有地から張り出している樹木は土地所有者に所有権があるため、市でせん定、伐採が出来ません。(※1民法第233条)
 折れ枝、落枝・樹木などが道路にはみ出していることが原因で事故などが発生した場合は、所有者が責任を問われることがあります。(※2民法第717条、※3道路法第43条)
 安全・安心な通行空間を確保するため、樹木または道路沿線の土地の所有者の皆さんは、樹木の適正な管理をしていただくようお願いします。
 
 ※1・・・民法第233条(竹木の枝の切除及び根の切取り)
   隣地の竹木の枝が境界線を越えるときは、その竹木の所有者に、その枝を切除させることができる。
 2 隣地の竹木の根が境界線を越えるときは、その根を切り取ることができる。
 
※2・・・民法第717条(土地の工作物等の占有者及び所有者の責任)
  土地の工作物の設置又は保存に瑕疵があることによって他人に損害を生じたときは、その工作物の占有者は、被害者に対してその損害を賠償する責任を負う。ただし、占有者が損害の発生を防止するのに必要な注意をしたときは、所有者がその損害を賠償しなければならない。
 2 前項の規定は、竹木の栽植又は支持に瑕疵がある場合について準用する。
 3 前二項の場合において、損害の原因について他にその責任を負う者があるときは、占有者又は所有者は、その者に対して求償権を行使することができる。
 
※3・・・道路法第43条(道路に関する禁止行為)
第四十三条 何人も道路に関し、左に掲げる行為をしてはならない。
 一 みだりに道路を損傷し、又は汚損すること。
 二 みだりに道路に土石、竹木等の物件をたい積し、その他道路の構造又は交通に支障を及ぼす虞のある行為をすること。


関連書類


くらしの情報:関連項目  道路・交通   土地  

※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが別ウィンドウで開きます。

このページに関するアンケート
質問:このページの情報は役に立ちましたか?
役に立ったどちらともいえない役に立たなかった
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
見つけやすかったどちらともいえない見つけにくかった
▲このページのトップへ
このホームページについて個人情報の取り扱いについて著作権について
情報発信:鹿嶋市広報推進課 〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
Tel:0299-82-2911 E-mail:info1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

鹿嶋市役所へのアクセス