鹿嶋市/雑木林を売却したはずが、別の新たな原野を買わされた
スタートページに設定  お気に入りに追加 サイトマップ
鹿嶋市
画面を拡大 標準 音声読み上げ・色調変更
korean English 中文
最終更新日時 2018年04月20日 14時15分 文書番号 000008513 印刷ページ   スマートフォン版

雑木林を売却したはずが、別の新たな原野を買わされた

情報発信元:市民生活部 市民活動支援課消費生活センター

〒314-8655   茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1  市役所第2庁舎2階
TEL0299-85-1320(直通)   FAXなし  
MAIL
  • 過去に原野商法(値上がりの見込みがほとんどないような原野や山林等の土地を、将来値上がりするかのように偽って販売する手口)の被害に遭った人や、それらの土地を相続した人に、「土地を高く買い取る」と持ち掛け、言葉巧みに売却額より高い値段の新たな土地も一緒に購入させる二次被害の相談が見られます。
     
  • 「土地を買い取る」「お金は後で返す」などと言われても、きっぱりと断り、絶対にお金を支払わないようにしましょう。
     
  • 宅地建物取引業の免許があっても、悪質な勧誘を行う業者もいるので、注意が必要です。
     
  • 一度お金を支払ってしまうと、取り戻すのは困難です。不審な点を感じたら、鹿嶋市消費生活センター等にご相談ください(消費者ホットライン188)。


関連書類


くらしの情報:関連項目  消費生活センター   トラブル  

※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが別ウィンドウで開きます。

このページに関するアンケート
質問:このページの情報は役に立ちましたか?
役に立ったどちらともいえない役に立たなかった
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
見つけやすかったどちらともいえない見つけにくかった
▲このページのトップへ
このホームページについて個人情報の取り扱いについて著作権について
情報発信:鹿嶋市広報推進課 〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
Tel:0299-82-2911 E-mail:info1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

鹿嶋市役所へのアクセス