鹿嶋市
お問合せ

PCサイト
食品ロス削減のための取り組みについて

 
 食品ロスの削減をより一層進めるため、環境省では、身の回りの食品ロスに関する情報についてまとめたホームページを開設いたしました。
このサイトでは消費者、自治体、事業者の方々向けに、食品ロス削減のためにできることを分かりやすく解説しています。
下記のリンク先よりご確認ください。
 

1 食品ロスとは

日本国内では年間約2,759万トンの食品廃棄物が発生しています。このうち,売れ残りや期限を超えた食品,食べ残しなど本来食べられたはずの,いわゆる「食品ロス」は約643万トン(平成28年度)とされています。これは世界全体の食料援助量(年間約350万トン)の約2倍に匹敵します。また,食品ロス約643万トンから日本人一人あたりの食品ロス量を試算すると,お茶碗約1杯分(約133g)の食べ物が毎日捨てられている計算になります。

※出典:農林水産省「食品廃棄物等の利用状況等(平成28年度推計)」,国際連合世界食糧計画「数字で見る国連WFP」

 

2 食品ロスの約半分は一般家庭から発生

  約643万トンの食品ロスのうち,約半数(約291万トン)は一般家庭から発生しています。食品ロス削減のためには,家庭での取組が必要です。

捨ててしまう理由捨てられやすい食品

 ※出典:消費者庁「今日から実践:食品ロス削減:啓発用パンフレット/基礎編」(平成30年10月版)

 

3 日常の中でできる食品ロス削減の取組

 食品ロスを削減するためには県民の皆さんの取組が必要です。食品ロス削減のための取組にぜひ御協力をお願いいたします。

(1)家庭でできる取組例

     ○ 買物,保存の際にできる取組例

      ○調理,食事の際にできる取組例

   ★料理レシピサイト「クックパッド」に消費者庁が「食材を無駄にしないレシピ」をまとめています。

   料理レシピサイト「クックパッド『消費者庁のキッチン』」(外部サイトへリンク)

(2)外食の際にできる取組例

4 飲食店,小売店の皆様へ食品ロス削減の取組のお願い

    飲食店,小売店の皆様の取組でも発生する食品ロスを減らすことができます。食品ロス削減の取組について御協力よろしくお願いいたします。

◎飲食店でできる食品ロス削減の取組例

◎いばらき食べきり協力店の募集について

 茨城県では、一般廃棄物の排出抑制と食品資源の有効利用を推進するため、「おいしく、残さず食べよう!!」を合い言葉とする『いばらき食べきり協力店』を募集しています。
 登録いただいた店舗には、登録証とオリジナルステッカーを配付しますので、ぜひご応募ください。
(対象店舗)飲食店・宿泊施設など
(募集期間)随時受け付けています。
(応募方法)茨城県廃棄物対策課のホームページから応募用紙をダウンロードし、必要事項を記載のうえ,郵送等により茨城県廃棄物対策課のまで送付してください。
 
 詳しくは下記のリンクのホームページをご覧ください。
 
 

関連画像

関連書類

飲食店を営んでいる皆様へ(PDF:275KB)

関連リンク

環境庁_食品ロスポータルサイト ~食べ物を捨てない社会へ~
消費者庁_食べ物のムダをなくそうプロジェクト
農林水産省_食品リサイクル・食品ロス
消費者庁_料理レシピサイト「クックパッド」に「食材を無駄にしないレシピ」を掲載しています。
「いばらき食べきり協力店」の募集について

情報発信元:市民生活部 廃棄物対策課
〒314-8655
TEL:0299-82-2911(代表)
FAX:0299-84-7759
MAIL:haitai1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが別ウィンドウで開きます。

最終更新日時 2019年09月06日 13時12分
文書番号 000008176  Tweet


ページのトップへ

このホームページについて
個人情報の取り扱いについて
著作権について

鹿嶋市役所へのアクセス