スタートページに設定  お気に入りに追加 サイトマップ
鹿嶋市
画面を拡大 標準 音声読み上げ・色調変更
korean English 中文
最終更新日時 2017年04月21日 13時38分 文書番号 000008076 印刷ページ   スマートフォン版

平成29年4月は「AV出演強要問題・JKビジネス問題等被害防止月間」です!

情報発信元:市民生活部 市民活動支援課女性支援室

〒314-8655   茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1  市役所第2庁舎2階
TEL0299-82-2911(代表)   FAX0299-82-2915  
MAILjoseisien1@city.ibaraki-kashima.lg.jp
「 その契約、大丈夫? 」~ 知っていますか?AV出演強要問題 ~
    
 
 近年、いわゆる「アダルトビデオ出演強要問題」「JKビジネス」と呼ばれる営業により児童が性的な被害にあう問題などが発生しており、若年層の女性に対する性的な暴力に係る問題が深刻な状況にあります。こうした問題はいずれも女性に対する暴力にあたり重大な人権侵害です。
 
 誰にも相談できず、一人で悩んでいませんか?安心して相談できる場所があります。
 秘密は守られます。
 
 
ー JKビジネス ー
 「JKビジネス」は、健全な営業を装いながら、女子高校生(JK)など児童に性的なサービスをさせるなど児童の性を売り物とする営業のことで、大都市圏を中心に、「散歩」や「添い寝」、「撮影会」など多様な営業形態がでてきています。「JKビジネス」は、児童が危険性を十分認識しないまま接近することや重大な性被害等につながる可能性が高いこと、性に関する判断力の低下や金銭感覚の欠如を招いたり、個人情報流出やトラブルの原因となることが問題視されています。
 
ー AV出演強要問題 ー
 モデルやアイドルなどのスカウトや高収入アルバイトの応募などをきっかけに、契約後などにアダルトビデオに出演させられることがわかり、断ろうとしても高額の違約金を請求されたり、親などにばらすなどと脅されるなどにより、本人の意に反してアダルトビデオなどへの出演や性的行為を強要されるなどの性的被害を受けるなどの問題が発生しています。
 
>>> 下記リンクもご覧ください。
「AV出演強要・「JKビジネス」等の被害予防啓発若年層を対象とした性的な暴力の啓発ページ」
 


関連書類


くらしの情報:関連項目  相談   トラブル  

※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが別ウィンドウで開きます。

このページに関するアンケート
質問:このページの情報は役に立ちましたか?
役に立ったどちらともいえない役に立たなかった
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
見つけやすかったどちらともいえない見つけにくかった
▲このページのトップへ
このホームページについて個人情報の取り扱いについて著作権について
情報発信:鹿嶋市秘書広報課 〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
Tel:0299-82-2911 E-mail:info1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

鹿嶋市役所へのアクセス