スタートページに設定  お気に入りに追加 サイトマップ
鹿嶋市
画面を拡大 標準 音声読み上げ・色調変更
korean English 中文
最終更新日時 2016年11月04日 09時42分 文書番号 000007898 印刷ページ   スマートフォン版

車座懇談会(下塙地区)

情報発信元:市民生活部 市民活動支援課市民相談室

〒314-8655   茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1  市役所第2庁舎2階
TEL0299-82-2911(代表)   FAX0299-82-2915  
MAILsiminsoudan1@city.ibaraki-kashima.lg.jp
【開催日時】 平成28年8月4日(木) 19時~21時  
 
【対象地区】 下塙 
 
【会場】 一心院
 
【参加人数】 18人
 
【開催風景】
         
 
【内容要旨】
○市道の舗装について、区長の頃、額賀整形外科医院の裏の市道が通学路になっているので、舗装にしてほしいと要望しましたが、その後、なしのつぶてで何の対応もなくそのままの状態になっています。
 
【市長の回答】担当課に確認します。 
 
--------------------------------------------------------------------------------    
 
○アントラーズのアウェイの試合もFMかしまで放送してほしいです。
 
【市長の回答】FMかしまとアントラーズに確認します。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○敬老会について、今回対象者の年齢を上げるのは、高齢化になるので仕方ないと思いますが、欠席者に対して祝品もないというのはいかがなものでしょう。近隣市では2万円の祝金があると聞いています。お年寄りは楽しみにしているのに、福祉の面からしてもお年寄りに申し訳ないと思います。
 担当者から事業の内容を聞きましたが、欠席者に祝品を配るのは大変だと思います。配付の方法については、行政がやるというような考え方もあると思います。
 高松地区は、以前からアンケートを実施したり、話し合いをしています。関わっている実行委員に事前に何の相談もなく、実行委員会で決定した内容になっています。敬老会に行きたくても行けない人もいます。いろんな事情で欠席する人に気持ちを伝えるような敬老会でなくてはいけないと思います。一人2,000円を各地区に渡してはどうでしょうか。地区独自の敬老会を実施してもらうというのはどうでしょうか。行政からはがきで通知するため住所がわかると思いますので、記念品を送ってはどうでしょうか。
 今回の決定に関して、携わっている人たちに事前に話をしてほしかったと思います。こういう状況にあるということを話してもらえると理解できたと思います。欠席者にも何らかの形でお祝いを伝えたいというのが、地区の願いだと思います。
 
【市長の回答】敬老会に関しては、いろいろな意見がありました。出席率が低いとか、記念品を届けるのが負担だという意見もあって検討をさせていただきました。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○高松地区の地域福祉推進委員は現在一人です。お年寄が増えているので、もう一人増やしてもらって二人体制にしてもらえないでしょうか。   
 
【市長の回答】担当課に確認します。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○高松公民館への道順がわかりづらいので看板を付けてもらいたいです。他の地区公民館にも標示をつけてほしいと思います。 
 
【市長の回答】担当課に確認します。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○高松中学校も生徒の人数が少なくなって、どうなるのかと思っていましたが、小中一貫校の話が出たので、学校がなくなるということにならないで良かったと思います。
 下塙地区は鹿島開発とともに歩んできたところです。以前、下塙団地があったところが更地になっていてもったいないと思い、調べてみたら地番がなく無地番になっていました。そういうところを今後、住宅地にするよう進めてもらえればいいと思います。
 
【市長の回答】高松は小中一貫教育校のモデル校とする計画が進んでいます。学校の統廃合については、実施することは考えていません。基本的には、同じ小学校に通った子どもは中学校も同じ学校に通える方がよいと考えています。
 根本的な解決は、高松地区に住宅地を確保することだと思います。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○自宅前に空き家があって、屋根の瓦が崩れてきて危険です。通学路にもなっています。以前市の方にも話しましたがどうしようもありませんでした。
 施設管理課に草刈りをお願いしたら、すぐ対応してくれたのでありがとうございました。
 
【市長の回答】担当課に確認します。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
○工業団地の排ガス(黒い煙)が気になります。喘息になってしまいました。着地濃度は低いと思います。着地濃度の基準を厳しくしてほしいと思います。東側の窓を開けておくと一日でテーブルの上がザラザラしてしまいます。臭いはしません。
 
【市長の回答】担当課に確認します。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 


関連書類


くらしの情報:関連項目  意見・要望  

※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが別ウィンドウで開きます。

このページに関するアンケート
質問:このページの情報は役に立ちましたか?
役に立ったどちらともいえない役に立たなかった
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
見つけやすかったどちらともいえない見つけにくかった
▲このページのトップへ
このホームページについて個人情報の取り扱いについて著作権について
情報発信:鹿嶋市秘書広報課 〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
Tel:0299-82-2911 E-mail:info1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

鹿嶋市役所へのアクセス