スタートページに設定  お気に入りに追加 サイトマップ
鹿嶋市
画面を拡大 標準 音声読み上げ・色調変更
korean English 中文
最終更新日時 2015年07月02日 09時46分 文書番号 000007234 印刷ページ   スマートフォン版

生活困窮者自立相談支援事業のお知らせ(簡易版)

情報発信元:健康福祉部福祉事務所 生活福祉課

〒314-8655   茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1  市役所第2庁舎1階
TEL0299-82-2911(代表)   FAX0299-83-7809  
MAILseikatsu1@city.ibaraki-kashima.lg.jp
1.生活困窮者自立支援制度に基づく、鹿嶋市生活困窮者自立相談支援事業について_
 鹿嶋市生活困窮者自立相談支援事業では、社会的・経済的要因により生活に困っている市民の方に対して、継続的な相談支援をしていきます。
 
 事業では困っている人に支援をします(生活保護受給者を除く)。
①障害、寡夫(寡婦)、ニートや引きこもりなど社会的孤立、心の相談、薬物の相談などなんらかの問題を抱えていて、最初の相談先が
  分からないとき
②一時的な生活苦から社会福祉協議会の貸付(未納がないなどの貸付要件有)を受けようとするとき
③住居確保給付金の支給(仕事を失った65歳未満の方などの支給要件有)を受けようとするとき
 
 
 私たち自立相談支援事業を行う機関では、どのような相談もまずは傾聴を心がけています。
 訪問活動に力を入れていますが、そのほかに電話やメールなどのやり取りも行っております(メールアドレスは迷惑メール回避のため文末の添付画像を参照してください。なお画像などが添付されたメールは迷惑メールとして処理されることがありますのでご留意ください)。
 
 

 
 
2.社会資源の開発・構築に向けた取り組みについて_
 鹿嶋市生活困窮者自立相談支援事業では、地域に眠る、または知られていないボランティアやNPOなどの社会資源の情報を集めています。
 
〇求めている社会資源とは
・地域社会の形成に資する活動を行っている、NPO、ボランティアなどさまざまな団体や私人
 (当事業で求められる社会資源は、営利活動や政治活動、宗教活動などを行っていないことが前提となります)
・障害者、他者とのコミュニケーション能力に問題を感じている方、無業だった期間のある方、事情があり時短勤務しかできない方、
 性的少数者で職場の無理解に悩んできた方など、さまざまな雇用ニーズに対応した、柔軟で理解のある就労先
 
 こうした社会資源にお心当たりのある方や、ご自身で活動をされている方、または関心はあるもののどのように始めたら良いか分からない方は、生活福祉課に声をお寄せください。鹿嶋市の地域コミュニティの醸成と生活環境の向上を目指して、ぜひとも情報共有させていただきたいと考えています。

自立相談支援事業 広報掲示用
■ 自立相談支援事業 広報掲示用

関連書類


くらしの情報:関連項目  相談   市民・地域活動   福祉   まちづくり参加   地域交流  

※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが別ウィンドウで開きます。

このページに関するアンケート
質問:このページの情報は役に立ちましたか?
役に立ったどちらともいえない役に立たなかった
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
見つけやすかったどちらともいえない見つけにくかった
▲このページのトップへ
このホームページについて個人情報の取り扱いについて著作権について
情報発信:鹿嶋市秘書広報課 〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
Tel:0299-82-2911 E-mail:info1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

鹿嶋市役所へのアクセス