スタートページに設定  お気に入りに追加 サイトマップ
鹿嶋市
画面を拡大 標準 音声読み上げ・色調変更
korean English 中文
最終更新日時 2012年10月31日 14時48分 文書番号 000005941 印刷ページ   スマートフォン版

平成25年度一般補助金の認定について(答申)

情報発信元:政策企画部 まちづくり政策課 行財政改革推進室

〒314-8655   茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1  市役所第1庁舎2階
TEL0299-82-2911(代表)   FAX0299-82-0789  
MAILgyoukaku1@city.ibaraki-kashima.lg.jp
 鹿嶋市では市の交付する補助金について、鹿嶋市行財政審議会に審議をお願いしています。

 今回は、平成25年度の補助金の交付を申請した75件について、事業の公益性や有効性の観点から審議を行いました。
 審議の結果、当審議会は、当該補助金を「認定すべき」と判断し、10月29日、意見を添えて市に答申しました。


【答申結果】

 認定すべき ・・・ 75件

【答申意見】

(1)補助事業の効果の検証に当たっては,補助金の財源は貴重な市民の税金であるという意識を持って,当該補助金が効果的に活用されているか内容を厳格に精査すること。また,その検証を踏まえ,更なる成果の向上を目指し,申請者と実質的な協議を行うこと。
(2)収益のある団体は,補助金に依存することなく,自己財源の確保など自立に向け更に運営努力を重ねること。また,市はそのための指導,助言を適切に行うこと。
(3)団体等の人件費など,運営費的な補助については,その事業の目的達成に必要な経費を客観的に精査し,費用負担の妥当性を慎重に検証した上で適正な交付を行うこと。
(4)各種補助金制度が市民活動支援のため積極的に活用されるよう,引き続き制度のPRを強化すること。
(5)農業関連の補助金など,類似目的のものについては,効率性を高める趣旨からも,市民にとって分かりやすいものとなるよう,可能な限り整理・統合を検討すること。

10月29日、鹿嶋市行財政審議会・小松会長、石上副会長から内田市長に答申書が渡されました。
■ 10月29日、鹿嶋市行財政審議会・小松会長、石上副会長から内田市長に答申書が渡されました。

関連書類


くらしの情報:関連項目  行財政改革   審議会・委員会   助成・補助・給付  

※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが別ウィンドウで開きます。

このページに関するアンケート
質問:このページの情報は役に立ちましたか?
役に立ったどちらともいえない役に立たなかった
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
見つけやすかったどちらともいえない見つけにくかった
▲このページのトップへ
このホームページについて個人情報の取り扱いについて著作権について
情報発信:鹿嶋市秘書広報課 〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
Tel:0299-82-2911 E-mail:info1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

鹿嶋市役所へのアクセス