スタートページに設定  お気に入りに追加 サイトマップ
鹿嶋市
画面を拡大 標準 音声読み上げ・色調変更
korean English 中文
最終更新日時 2017年10月19日 15時15分 文書番号 000005751 印刷ページ   スマートフォン版

鹿嶋市の学校給食食材の放射性物質測定について

情報発信元:教育委員会 学校給食センター

〒314-0031   茨城県鹿嶋市大字宮中3884番地2  
TEL0299-82-7406   FAX0299-82-7403  
MAILkyushoku1@city.ibaraki-kashima.lg.jp
 市では食品放射性物質測定システムを借り入れ、学校給食センターが使用する食材の中から2検体程度を選定し、使用する前日までに放射性物質の測定を行います。
 検体は、献立前食材(野菜等)の2検体程度を選んでサンプリング検査を行います。結果は、下記「年度別測定結果」でご確認ください。
 検体を使った給食を提供する前日までに検査を終え、下記の規制値を超えるような測定値が出た場合には,その食材を除いた献立の提供とします。


(1)放射性物質測定基準について

 学校給食の食材中、厚生労働省が示した放射性物質の指標は下表のとおりです。
放射性セシウム 対象 基準値
一般食品 100Bq/kg
牛乳 50Bq/kg
飲料水、茶 10Bq/kg


※ベクレル(Bq)
 物質中の放射性物質がもつ放射能の強さをいいます。
 1秒間に1つの原子核が崩壊して放射線を放つ放射能=1Bq


(2)給食における検査品目について
 鹿嶋市学校給食センターで、給食献立中の食材2品目程度を前日までに検査し、国の基準を上回る食材は使用しません。


(3)検査測定機器
 食品放射性物質測定システム機器(米国 CAPINTEC社製)で測定を行います。測定機器の詳細は下記の「測定機器の詳細」で確認できます。
※測定の検出限界値について
 測定の検出限界値の目安は、30分間測定で概ね1キログラムあたりでセシウムが10Bq(ベクレル)、ヨウ素が25Bqです。検出限界値未満は全て「不検出」となります。
なお、検出限界値は測定する食材および条件により若干の差が出ます。


(4)給食提供施設
 学校給食センターの給食は、市内全小学校(波野小学校、豊郷小学校、豊津小学校、鹿島小学校、高松小学校、平井小学校、三笠小学校、鉢形小学校、大同東小学校、大同西小学校、中野東小学校、中野西小学校)、
大野中学校を除く市内全中学校(鹿島中学校、高松中学校、鹿野中学校、平井中学校)
および市内全幼稚園(三笠幼稚園、高松幼稚園、波野幼稚園、はまなす幼稚園)に提供しています。
※大野中学校は給食センターと同じ食材を使っています。
 
 
 
 
 
 
 
 


■ 
食品放射性物質測定容器
■ 食品放射性物質測定容器

関連書類


くらしの情報:関連項目  学校教育   子育て・保育   防災・災害  

※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが別ウィンドウで開きます。

このページに関するアンケート
質問:このページの情報は役に立ちましたか?
役に立ったどちらともいえない役に立たなかった
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
見つけやすかったどちらともいえない見つけにくかった
▲このページのトップへ
このホームページについて個人情報の取り扱いについて著作権について
情報発信:鹿嶋市秘書広報課 〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
Tel:0299-82-2911 E-mail:info1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

鹿嶋市役所へのアクセス