スタートページに設定  お気に入りに追加 サイトマップ
鹿嶋市
画面を拡大 標準 音声読み上げ・色調変更
korean English 中文
最終更新日時 2016年10月18日 11時29分 文書番号 000005270 印刷ページ   スマートフォン版

東日本大震災に係る災害援護資金の貸付けについて

情報発信元:健康福祉部福祉事務所 生活福祉課

〒314-8655   茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1  市役所第2庁舎1階
TEL0299-82-2911(代表)   FAX0299-83-7809  
MAILseikatsu1@city.ibaraki-kashima.lg.jp
 東日本大震災により、世帯主が負傷したり、住居や家財など(自家用車を含む)に相当の被害があった世帯の生活立て直しのための資金(災害援護資金)の貸し付けを行います。      
 
申し込み期限 : 平成30年3月31日まで    
申し込み先  : 鹿嶋市役所 生活福祉課    
受付時間   : 8時30分~17時15分 ※土・日曜日、祝日を除く        
問い合わせ(電話) : 0299-82-2911 内線312・315 
 
1 対象となる世帯および貸付限度額
 
(1)対象となる世帯
  被災日(平成23年3月11日)に、鹿嶋市に居住する世帯であって、世帯全員の市町村民税における前年の総所得金額の合計が次の表の額未満であること。
  ※この額を超えると貸付ができません。
世帯の人数 1人 2人 3人 4人 5人以上 住居が滅失・流失した場合は、世帯の人数にかかわらず、1,270万円

世帯全員の
総所得金額合計

220万円 430万円 620万円 730万円 730万円に1人増すごとに30万円を加えた額
 
(2)被害の程度による貸付限度額
      被害の程度 貸付限度額
世帯主が負傷し、療養期間が概ね1か月以上の場合 家財および住居に損害がない場合 150万円
家財の損害が概ね1/3以上の場合 250万円
住居が半壊した場合 270万円(350万円※)
住居が全壊したい場合 350万円
住居の全体が滅失・流出した場合 350万円
世帯主の負傷がない場合 家財の損害が1/3以上の場合 150万円
住居が半壊した場合 170万円(250万円※)
住居が全壊した場合 250万円(350万円※)
住居の全体が滅失・流出した場合 350万円
(住居の被害について) 
 ・ ( ※)の金額は、被災した住居を立て直す際に、その住居の残存部分を取り壊さざるを得ないなど特別な事情のある場合の限度額です。 
 ・ 住居については、自己所有であることが原則ですが、賃貸住宅でも滅失・流失や半壊・全壊により引き続き居住できない場合は対象となります。
  (家財の損害について)
 ・ 家財の損害には、自家用車の損害も含まれます(世帯主の負傷について)。  
 ・ 茨城県内での震災による負傷が対象となります。  
 
 
2 貸付条件
 
(1)連帯保証人・利率
   連帯保証人を立てる場合  = 無利子
   連帯保証人を立てない場合 = 年1.5%
   ※連帯保証人の要件
    ア 未成年者・成年被後見人・被保佐人・被補助人以外であること
    イ 弁済の資力を有すること
    ウ 原則として、鹿嶋市内に居住していること
    エ 借入申込者と同一の世帯に属するものではないこと
    オ 災害援護資金の借入申込者(借受人)となっていないこと
    カ すでに災害援護資金の貸付に関し連帯保証人になっていないこと
 
 (2)償還期間 13年(据置期間を含む)
 
 (3)据置期間 6年(特別の事情がある場合は、8年にすることもできます)         
    特別の事情がある場合とは、
          ア 今回の被災により世帯主が死亡または障害者となった場合
          イ 生活保護世帯または市町村民税非課税世帯の場合
          ウ 今回の地震・津波により住居が全壊した場合
 
  (4)償還方法  年賦 または 半年賦
            元利均等償還(据置期間中に限り繰上償還可)
 
 
3 申し込みについて
 
 (1)借入申込者  被害を受けた世帯の世帯主
             ※世帯および世帯主の認定は、原則被害を受けた当時の状況によります。
 
 (2)申し込みに必要な書類など  ※状況により、その他の書類の提出をお願いすることがあります。 
   【借入申込者】
    ア 災害援護資金借入申込書(様式第2号)
    イ り災証明書(鹿嶋市が発行するもの)の写し
    ウ 世帯の課税状況および住民基本台帳などを確認するための同意書
    ※ ただし、課税の基準日に、市外に住所があった場合は、世帯全員分の所得証明書が必要になります。
    エ 医師の診断書(療養見込期間および療養概算額が記載されているもの)
    ※ 世帯主が負傷し、療養期間が1カ月以上と見込まれる場合のみ
    オ 印かん(朱肉を使うもの) 
   【連帯保証人】
    ア 世帯の課税状況および住民基本台帳などを確認するための同意書
    イ 印かん(朱肉を使うもの)
 
 
 4 申し込みの流れ 
 
   【1 相談】
     制度の概要、必要書類についてご説明します。
     市生活福祉課までお問い合わせいただくか窓口までお越しください。
   【2 申し込み】
     市生活福祉課に必要書類を揃えて、提出してください。
     ○ 受付時間  8時30分~17時15分  ※土・日曜日、祝日を除く
    【3 貸付の決定】
     書類などが整い、必要な調査などが完了してから概ね10日程度
     ・承認された場合・・・「災害援護資金貸付決定通知書(様式第3号)」
                  「災害援護資金借用書(様式第5号)」(署名・押印して提出)  
     ・承認されなかった場合・・・「災害援護資金貸付不承認決定通知書(様式第4号)」
    【4 借用書などの提出】 ※承認された場合。
     《提出するもの》
     ○(連帯保証人を立てる場合)
      ・「災害援護資金借用書(様式第5号)」(借受人・連帯保証人と連署・押印したもの)
      ・「印鑑証明書」(借受人と連帯保証人)
     ○(連帯保証人を立てない場合)
      ・「災害援護資金借用書(様式第5号)」(署名・押印したもの)
      ・「印鑑証明書」(借受人)
     ○ 世帯主の預金通帳の写し(振込先、口座名義人が確認できるもの)
     《提出先》   鹿嶋市役所 生活福祉課
     《受付時間》  8時30分~17時15分 ※土・日曜日、祝日を除く
    【5 貸付金の振り込み】
     市生活福祉課で、借用書などを確認したのち、概ね15日以内に、指定した口座に送金します。


関連書類


くらしの情報:関連項目  融資(個人向け)   防災・災害  

※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが別ウィンドウで開きます。

このページに関するアンケート
質問:このページの情報は役に立ちましたか?
役に立ったどちらともいえない役に立たなかった
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
見つけやすかったどちらともいえない見つけにくかった
▲このページのトップへ
このホームページについて個人情報の取り扱いについて著作権について
情報発信:鹿嶋市秘書広報課 〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
Tel:0299-82-2911 E-mail:info1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

鹿嶋市役所へのアクセス