スタートページに設定  お気に入りに追加 サイトマップ
鹿嶋市
画面を拡大 標準 音声読み上げ・色調変更
korean English 中文
最終更新日時 2011年03月18日 09時12分 文書番号 000005140 印刷ページ   スマートフォン版

平成23年第1回鹿嶋市議会定例会議案 (議決結果)

情報発信元:総務部 総務課

〒314-8655   茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1  市役所第1庁舎2階
TEL0299-82-2911(代表)   FAX0299-82-2934  
MAILsoumu1@city.ibaraki-kashima.lg.jp
平成23年第1回鹿嶋市議会定例会に提出した議案の議決結果は次のとおりです。

◆平成23年第1回鹿嶋市議会定例会議案(審議結果)◆



[議決年月日 平成23年3月17日]

議案第1号 平成23年度鹿嶋市一般会計予算 【原案可決】

1 歳入歳出予算について
(1)歳入歳出予算の総額は,前年度比3.6%減(7億8,600万円減)の208億9,100万円となりました。
 
(2)歳入としましては,市税は,引き続く景気低迷の影響を受け,前年度比1.2%減(1億3,496万4千円減)の115億3,944万6千円を見込みました。
 地方譲与税は,地方揮発油譲与税の増などから,前年度比3.2%増(1,000万円増)の3億2,000万円を見込みました。
 地方消費税交付金は,前年度実績に基づき,前年度比6.7%増(3,800万円増)の6億800万円を見込みました。
 地方交付税は,合併特例措置が平成22年度終了となり,不交付となることから,前年度比27.3%減(3,000万円減)の8,000万円を見込みました。
 国庫支出金は,子ども手当や生活保護費の増,子宮頸がん等ワクチン接種緊急促進臨時特例交付金の創設などにより,前年度比10.7%増(2億9,239万3千円増)の30億3,263万6千円を見込みました。
 県支出金は,緊急雇用創出事業の増などにより,前年度比8.6%増(9,805万8千円増)の12億3,830万7千円を見込みました。
 繰入金は,財源不足を補うための財政調整基金や大野まちづくりセンター・大野出張所整備事業,道の駅建設計画策定事業などに公共施設整備基金を繰り入れるなど,前年度比1.6%増(2,049万3千円増)の13億1,166万7千円を見込みました。
 市債は,大野まちづくりセンター・大野出張所整備事業,臨時財政対策債の減,及び平井小学校大規模改造事業,減収補てん債の皆減などにより,前年度比47.6%減(11億2,310万円減)の12億3,750万円を見込みました。
 
(3)歳出としましては,人件費,扶助費,公債費からなる義務的経費に,前年度比3.3%増の112億3,889万9千円を計上しました。
 内訳としましては,人件費が,正職員数の減等による2.9%減の42億5,223万5千円,扶助費が子ども手当等経費の増,生活保護扶助経費の増,障がい者自立支援給付事業の増などにより16.2%増の48億4,639万5千円,公債費が,近年の起債抑制により,8.0%減の21億4,026万9千円を見込みました。
 また,普通建設事業費は,都市再生整備事業(大野潮騒地区),観光対策事業,雨水排水対策事業,狭あい道路整備事業,平井東部区画道路改良工事などを実施する一方,平井小学校大規模改造事業の終了や大野まちづくりセンター・大野出張所整備事業の減など50.9%減の11億348万2千円を計上しました。
 物件費は,子宮頸がん予防ワクチン接種委託,Hib肺球菌予防接種委託の増などにより3.8%増の35億5,825万3千円を計上しました。
 補助費等は,鹿島地方事務組合消防事業負担金の減などにより3.5%減の23億4,032万3千円を計上しました。
 繰出金は,国民健康保険特別会計繰出金,介護保険特別会計繰出金,老人医療給付費の増などにより4.7%増の21億5,706万9千円を計上しました。
 
(4)本年度の主要事業としましては,次のとおりです。
 総務費関係は,次期総合計画策定のため,「総合計画策定事業」に531万3千円,地域の活性化や地産地消を推進するため「道の駅建設計画策定事業」に2,429万8千円,鹿島港振興のため関係機関との調整,港湾機能を活かすための物流路線の検討を行う「港湾振興事業」に188万2千円,太陽光発電システム普及に向けた助成として「地域省エネ事業」に1,011万9千円,市民生活の利便性確保のための市内バス運行補助金など「公共交通対策事業」に1,881万1千円を計上しました。
 市民生活の安全・安心の確保に向け,避難場所誘導板の設置,地域防災計画の更新など「災害対策経費」に2,486万3千円,災害時の緊急情報伝達手段である防災行政無線のデジタル化や子局の整備など「防災無線管理経費」に1,993万9千円,地域ぐるみの防犯体制の推進のため,自警団に係る経費など「防犯対策事業」に277万1千円を計上しました。
 また,市民の消費生活の安定と向上のため,消費生活センター運営費など「消費生活対策経費」に733万8千円を計上しました。
地籍調査の推進として,棚木Ⅰ・Ⅱ地区,中Ⅳ区の測量調査など「地籍調査事業」に3,691万3千円を計上しました。
 民生費関係は,障がい者が地域で安心して暮らせるよう支援するための各種サービス事業など「自立支援給付事業」に5億1,080万8千円,高齢者の生きがいと健康づくりのため「介護予防・地域支え合い事業」に4,799万4千円を計上しました。
 安心して子どもを産み,健やかに育てる環境の充実に向けて,小中学生を対象とした「特別助成医療福祉経費」に3,536万3千円,児童クラブの最終整備となる豊郷小学校児童クラブ室整備工事など「放課後児童健全育成事業」に8,027万9千円,延長保育や一時保育,障がい児保育など「特別保育・保育サービス支援事業」に1億1,313万1千円,次代の社会を担う子どもの成長及び発達に資するため,従来の事業に加え3歳未満までの支給額を2万円に増額する「子ども手当等経費」に17億502万9千円を計上しました。
 また,子育ての負担軽減を図るため,第3子の保育料,給食費等の無料化を行う「第3子無料化事業」に取り組みます。
 衛生費関係は,健康増進計画「健康かしま21」に基づき,市民の健康づくりを推進する「健康づくり推進事業」に261万3千円,妊婦・乳児の健康増進のため「妊婦乳児健康診査経費」に6,685万3千円,夜間,休日の医療体制の充実,医師不足を解消するための医師確保支援など「救急医療対策経費」に5,105万6千円,夜間の小児救急医療を確保するため「夜間小児救急診療事業」に4,487万3千円を計上しました。
 また,違法な残土搬入に対する監視・指導体制を強化する「土砂対策経費」に3,027万2千円,生活排水による水質汚濁の防止に向け「合併浄化槽等普及推進事業」に4,165万3千円,ゴミの減量化を図り,資源リサイクルを促進するため「資源ごみ回収推進事業」に2,266万5千円を計上しました。
労働費関係は,障がい者雇用奨励金など「労働行政事務経費」に69万3千円を計上したほか,厳しい雇用情勢の中,緊急雇用創出事業,ふるさと雇用再生事業を活用し,それぞれの予算項目に総額7,672万1千円を計上し,緊急的な雇用対策を実施します。
 農林水産業費関係は,農家等の生活資金借入に対する利子助成など「農業振興助成費」に360万3千円,溶液土耕,パイプハウスへの助成,メロンの銘柄産地の促進など「産地形成促進事業」に1,241万3千円,はまぐりまつり補助や地域協働による北浦水質浄化など「水産振興対策経費」に711万6千円を計上しました。
 商工費関係は,鹿嶋まつりの開催や鹿島神宮駅前の賑わいづくりなど「商工業振興事務経費」に2,375万2千円,駅前イルミネーションや花火大会補助など「観光行事費」に1,207万7千円,NHK大河ドラマ化を目指す塚原卜伝キャンペーン事業など「観光PR事業」に1,102万5千円,安全で安心な海水浴場の開設など「海水浴場管理運営事業」に1,053万9千円,にぎわい広場の整備など「観光対策事業」に9,930万円を計上しました。
 土木費関係は,「道路維持補修費」に1億7,118万6千円,鹿島ハイツ・鹿島養護学校と県道茨城鹿島線(湖岸線)を結ぶ「0222号線市道整備事業」に5,230万円,武井と武井釜を結ぶ「0151号線市道整備事業」に1,600万円,市役所周辺の交通安全対策として,交差点改良など「市役所周辺道路整備事業」に5,402万3千円,その他,狭あい道路整備事業や雨水排水整備事業など,道路・排水の生活基盤整備に取り組みます。
 また,大野区域の計画的な土地利用を推進するために,地区計画区域の道路,排水等を整備する「都市再生整備事業(大野潮騒地区)」に1億8,998万2千円,市民ボランティアによる花いっぱい運動など,「緑化推進事業」に1,021万3千円を計上しました。
 消防費関係は,消火栓の設置や地区消防団の消防自動車の更新など,「消防施設整備費」に3,524万9千円を計上しました。
 教育費関係は,独自の英会話学習を市内全小学校で実施するなど「英語指導事業経費」に1億235万3千円,教職員の指導力向上等を目指すための「師範塾関係経費」に699万7千円,TT(ティームティーチング)非常勤講師を小中学校に配置する「TT特別配置事業」に2,742万8千円,担任教諭をサポートするアシスタントティーチャーの配置に加え,理科と音楽の専科担当非常勤講師を配置するなど「小学校教育振興支援事業」に5,166万4千円,小学1,2年生において30人以下の少人数学級を実施するため「市費負担教職員給与費」に3,672万1千円を計上するなど,一人ひとりに目を行き届かせた,きめ細かな指導を行うことにより,確かな学力の向上と個性や創造性を伸ばす教育内容の充実を図ります。
 また,小学校の読書環境充実とネットワーク化を進める「学校図書館経費(小学校)」に4,053万3千円,「中学生海外派遣交流事業」に227万5千円,放課後子どもプランの委託や,小学生の野外体験事業フロンティア・アドベンチャーなど「青少年育成対策経費」に703万3千円を計上しました。
 その他,生涯学習関連としましては,地区まちづくり事業委託など「公民館活動費」に1,326万5千円,大野まちづくりセンター・大野出張所整備に伴う旧施設解体撤去工事,大野保健センターの改修工事など「大野まちづくりセンター・大野出張所整備事業」に1億403万7千円を計上するなど,文化事業の推進及び拠点となる施設の整備を進めます。
 スポーツ関連としましては,卜伝杯武道大会やサッカーフェスティバル,駅伝大会,24時間サッカーの開催など「社会体育振興事業」に1,399万3千円など,豊かなスポーツ環境づくりを引き続き推進します。
 
2 債務負担行為について
 債務負担行為は,農家等生活資金利子補給(平成23年度)と高等学校卒業者雇用奨励金について,新たに設定いたしました。
 
3 地方債について
 市債は,農業農村整備事業720万円,橋りょう整備事業1,400万円,道路整備事業5,070万円,道路整備事業(社会資本整備総合交付金)7,310万円,公園整備事業(社会資本整備総合交付金)1,250万円,排水整備事業4,880万円,消防施設整備事業2,180万円,大野まちづくりセンター・大野出張所整備事業5,600万円,防災施設整備事業510万円,観光対策事業6,830万円をそれぞれ計上したほか,平成18年度市場公募債借換債(排水整備事業)5,600万円,平成18年度市場公募債借換債(学校給食センター)1億1,200万円,臨時財政対策債7億1,200万円を見込みました。

議案第2号 平成23年度鹿嶋市国民健康保険特別会計予算 【原案可決】

 歳入歳出予算の総額は,前年度比7.5%増(5億8,000万円増)の82億6,700万円となりました。
 歳入としましては,国民健康保険税21億9,168万円,国庫支出金23億5,065万4千円,療養給付費等交付金2億4,911万7千円,前期高齢者交付金16億6,404万6千円,県支出金4億4,383万5千円,共同事業交付金8億1,372万9千円,繰入金5億3,089万8千円,諸収入他2,304万1千円を見込みました。
 歳出としましては,総務費6,074万5千円,保険給付費56億846万3千円,後期高齢者支援金等11億2,878万円,前期高齢者納付金等10万9千円,老人保健拠出金14万7千円,介護納付金4億8,382万5千円,共同事業拠出金9億1,338万7千円,保健事業費5,469万2千円,予備費1,000万円,諸支出金他685万2千円を計上しました。

議案第3号 平成23年度鹿嶋市後期高齢者医療特別会計予算 【原案可決】

 歳入歳出予算の総額は,前年度比0.3%増(105万7千円増)の3億6,799万2千円となりました。
 歳入としましては,後期高齢者医療保険料2億7,778万5千円,使用料及び手数料10万5千円,繰入金8,495万9千円,諸収入264万3千円,繰越金250万円を見込みました。
 歳出としましては,後期高齢者医療広域連合納付金3億6,528万6千円,諸支出金270万6千円を計上しました。

議案第4号 平成23年度鹿嶋市介護保険特別会計予算 【原案可決】

 歳入歳出予算の総額は,前年度比3.3%増(9,024万7千円増)の28億4,417万6千円となりました。
 歳入の主なものとしましては,介護保険料5億9,920万円,国庫支出金5億2,662万5千円,支払基金交付金8億2,224万2千円,県支出金4億1,348万8千円,繰入金4億8,248万8千円を見込みました。
 歳出としましては,総務費5,038万3千円,保険給付費27億3,403万2千円,地域支援事業費5,925万8千円を計上しました。

議案第5号 平成23年度鹿島臨海都市計画事業鹿島神宮駅周辺北土地区画整理事業特別会計予算 【原案可決】

 歳入歳出予算の総額は,前年度比93.2%減(9,585万5千円減)の700万円となりました。
 歳入としましては,保留地処分金349万8千円,事業清算金250万円,督促手数料1千円,財産収入1千円,前年度繰越金100万円を見込みました。
 歳出としましては,委託料157万5千円,工事請負費315万円,事務費等227万5千円を計上しました。

議案第6号 平成23年度鹿島臨海都市計画下水道事業公共下水道特別会計予算 【原案可決】

 歳入歳出予算の総額は,前年度比1.5%増(3,004万3千円増)の19億8,941万5千円となりました。
 歳入の主なものとしましては,分担金及び負担金1,693万2千円,使用料及び手数料4億6,425万円,国庫支出金2億4,760万円,繰入金5億8,300万円,前年度繰越金5,001万1千円,下水道事業債6億2,670万円を見込みました。
 歳出としましては,総務費1億3,173万7千円,下水道費9億7,965万6千円,公債費8億7,302万2千円,予備費500万円を計上しました。

議案第7号 平成23年度鹿嶋市農業集落排水特別会計予算 【原案可決】

 歳入歳出予算の総額は,前年度比1.0%増(58万2千円増)の6,128万4千円となりました。
 歳入の主なものとしましては,使用料及び手数料1,952万6千円,繰入金4,074万6千円,前年度繰越金100万円を見込みました。
 歳出としましては,農業集落排水費2,476万8千円,公債費3,551万6千円,予備費100万円を計上しました。

議案第8号 平成23年度鹿嶋市墓地特別会計予算 【原案可決】

 歳入歳出予算の総額は,前年度比75.8%減(5,801万2千円減)の1,850万円となりました。
 歳入としましては,使用料及び手数料1,450万円,繰入金300万円,繰越金100万円を見込みました。
 歳出としましては,墓地管理費230万7千円,公債費1,599万3千円,予備費20万円を計上しました。

議案第9号 平成23年度鹿嶋市公共料金等集合支払特別会計予算 【原案可決】

 歳入歳出予算の総額は,前年度比4.7%減(1,500万円減)の3億400万円となりました。
 歳入としましては,繰替金収入3億400万円を見込みました。
 歳出としましては,需用費(光熱水費)2億7,540万円,役務費(電話料)2,860万円を計上しました。
 
議案第10号 平成23年度鹿嶋市水道事業会計予算 【原案可決】

 1 収益的収入及び支出について
 収入としましては,水道料金等の営業収益12億9,438万8千円,預金利子等の営業外収益54万9千円,総額で前年度比9.7%増(1億1,413万円増)の12億9,493万7千円を見込みました。
 支出としましては,受水費,給水施設等の維持管理費及び人件費等の営業費用12億4,968万5千円,企業債利子等の営業外費用9,052万6千円,特別損失807万9千円,予備費200万円,総額で前年度比0.8%増(1,048万3千円増)の13億5,029万円を計上しました。

2 資本的収入及び支出について
 収入としましては,企業債8,000万円,出資金2,300万円,補助金2,089万4千円,負担金1,060万円,総額で前年度比12.5%減(1,916万4千円減)の1億3,449万4千円を見込みました。
 支出としましては,建設改良費2億267万9千円,企業債償還金1億6,358万4千円,負担金307万2千円,総額で前年度比2.6%増(949万5千円増)の3億6,933万5千円を計上しました。
 なお,資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額2億3,484万1千円は,消費税及び地方消費税資本的収支調整額,当年度分損益勘定留保資金及び減債積立金で補てんするものです。

議案第11号 平成23年度鹿嶋市大野区域水道事業会計予算 【原案可決】
 
1 収益的収入及び支出について
 収入としましては,水道料金等の営業収益1億4,715万9千円,他会計補助金等の営業外収益8,124万5千円,総額で前年度比1.6%増(362万4千円増)の2億2,840万4千円を見込みました。
 支出としましては,受水費,給水施設等の維持管理費及び人件費等の営業費用2億1,681万5千円,企業債利子等の営業外費用4,680万6千円,予備費100万円,総額で前年度比2.1%増(548万5千円増)の2億6,462万1千円を計上しました。

2 資本的収入及び支出について
 収入としましては,企業債9,000万円,出資金6,300万円,補助金7,000万円,負担金640万円,総額で前年度と同額の2億2,940万円を見込みました。
 支出としましては,建設改良費2億3,761万円,企業債償還金7,548万1千円,総額で前年度比2.2%増(668万6千円増)の3億1,309万1千円を計上しました。
 なお,資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額8,369万1千円は,消費税及び地方消費税資本的収支調整額及び過年度分損益勘定留保資金で補てんするものです。

議案第12号 平成22年度鹿嶋市一般会計補正予算(第4号) 【原案可決】

1 歳入歳出予算補正について
 既定の歳入歳出予算の総額に,歳入歳出それぞれ7億2,002万2千円を追加し,総額230億9,673万6千円となりました。
 歳入の主なものとしましては,国庫支出金は,安全・安心な学校づくり交付金2億4,187万1千円,地域活性化・きめ細かな交付金984万7千円,地域活性化・住民生活に光をそそぐ交付金500万円を見込みました。
 市債は,平井小学校大規模改造事業6,680万円,小中学校耐震補強事業5億4,760万円を見込みました。
 歳出の主なものとしましては,小学校耐震補強事業6億1,516万8千円,中学校耐震補強事業1億9,854万5千円を計上しました。
 また,きめ細かな交付金事業など,幼稚園及び小中学校の施設管理費等に1,797万6千円,住民生活に光をそそぐ交付金事業として,教育振興基金積立金2,538万3千円を計上しました。
 その他,国民健康保険特別会計繰出金5,535万4千円,民間保育園入所支援事業6,019万円などを計上するとともに,事業費の確定等に伴う減額を行いました。

2 継続補正について
 継続費は,事業費の確定に伴い,大野まちづくりセンター・大野出張所整備事業について,総額と年割額の変更を設定しました。

3 繰越明許費について
 繰越明許費は,安全・安心な学校づくり交付金事業である,小学校耐震補強事業6億1,516万8千円,中学校耐震補強事業1億9,854万5千円,きめ細かな交付金事業である,小学校施設管理費323万3千円,中学校施設管理費885万6千円,幼稚園施設管理費409万3千円をそれぞれ設定しました。
 その他,道の駅設計策定事業543万3千円,老人福祉施設助成事業3,540万円,その他の市道整備事業(まちづくり交付金)1,296万円,0222号線市道整備事業2,488万円,東山区狭あい道路整備事業1,005万9千円,市役所周辺道路整備事業450万円,0151号線市道整備事業200万6千円,都市計画策定事業150万円をそれぞれ設定しました。

4 債務負担行為について
 債務負担行為は,茨城県等と共同発行するミニ市場公募地方債に対しての「地方債証券共同発行連帯債務(平成22年度)」,「高松緑地公園指定管理料」「高松緑地等体育施設指定管理料」「鹿嶋勤労文化会館指定管理料」「どきどきセンター指定管理料」「老人福祉センター指定管理料」について設定しました。

5 地方債補正について
 市債は,小中学校耐震補強事業の増及び平井小学校大規模改造事業の起債対象経費の増に伴い限度額を変更するほか,農村振興総合整備事業,道路整備事業(まちづくり交付金),消防施設整備事業について,事業費の確定に伴いそれぞれ限度額の変更をしました。

議案第13号 平成22年度鹿嶋市国民健康保険特別会計補正予算(第3号) 【原案可決】

 既定の歳入歳出予算の総額に,歳入歳出それぞれ5,111万1千円を追加し,総額78億2,837万9千円となりました。
 歳入としましては,国民健康保険税7,497万6千円,国庫支出金3,426万4千円,県支出金707万1千円,共同事業交付金4,678万6千円をそれぞれ減額し,療養給付費等交付金194万5千円,前期高齢者交付金8,114万2千円,財産収入1万9千円,繰入金1億2,435万3千円,繰越金674万9千円を見込みました。
 歳出としましては,総務費378万6千円,介護納付金5,857万3千円,共同事業拠出金2,543万4千円を減額し,保険給付費1億3,888万5千円,積立金1万9千円を計上しました。
 
議案第14号 平成22年度鹿嶋市老人保健特別会計補正予算(第2号) 【原案可決】 

 既定の歳入歳出予算の総額から,歳入歳出それぞれ1,169万6千円を減額し,総額876万6千円となりました。
 歳入としましては,支払基金交付金797万円,国庫支出金500万円,県支出金125万円,繰入金125万円をそれぞれ減額し,繰越金375万8千円,諸収入1万6千円を見込みました。
 歳出としましては,医療諸費1,427万3千円を減額し,諸支出金257万7千円を計上しました。

議案第15号 平成22年度鹿嶋市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号) 【原案可決】

 既定の歳入歳出予算の総額から,歳入歳出それぞれ261万5千円を減額し,総額3億6,573万3千円となりました。
 歳入としましては,繰越金261万5千円を減額しました。
 歳出としましては,後期高齢者医療広域連合納付金261万5千円を減額しました。

議案第16号 平成22年度鹿嶋市介護保険特別会計補正予算(第3号) 【原案可決】

 既定の歳入歳出予算の総額から,歳入歳出それぞれ1億8,403万5千円を減額し,総額26億2,284万4千円となりました。
 歳入としましては,国庫支出金5,914万4千円,支払基金交付金6,317万6千円,県支出金2,740万2千円,繰入金3,443万8千円を減額し,財産収入12万5千円を見込みました。
 歳出としましては,保険給付費1億7,841万円,地域支援事業費669万7千円を減額し,総務費94万7千円,積立金12万5千円を計上しました。

議案第17号 平成22年度鹿島臨海都市計画事業鹿島神宮駅周辺北土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号) 【原案可決】

 既定の歳入歳出予算の総額から,歳入歳出それぞれ663万5千円を減額し,総額9,622万円となりました。
 歳入としましては,保留地処分金877万6千円及び繰入金958万5千円を減額し,事業費清算金656万円,繰越金516万5千円,督促手数料1千円を見込みました。
 歳出としましては,交付すべき事業清算金663万5千円を減額しました。

議案第18号 平成22年度鹿島臨海都市計画下水道事業公共下水道特別会計補正予算(第3号) 【原案可決】

 既定の歳入歳出予算の総額から,歳入歳出それぞれ30万5千円を減額し,総額18億7,933万1千円となりました。
 歳入としましては,財産収入30万5千円を減額しました。
 歳出としましては,総務費30万5千円を減額しました。

議案第19号 平成22年度鹿嶋市墓地特別会計補正予算(第2号) 【原案可決】

 既定の歳入歳出予算の総額から,歳入歳出それぞれ204万8千円を減額し,総額7,846万4千円となりました。
 歳入としましては,墓地整備事業債210万円を減額し,繰越金5万2千円を見込みました。
 歳出としましては,事業費の確定に伴い,墓地整備工事費204万8千円を減額しました。
 市債は,墓地整備事業債について限度額の変更を行いました。

議案第20号 鹿嶋市土採取事業規制条例の全部を改正する条例 【原案可決】

 今回の改正は,土採取事業の規制を強化することに伴い,届出制から許可制へ変更するとともに,事前協議の導入を図るため,条例の全部を改正するものです。

議案第21号 鹿嶋市特別会計条例の一部を改正する条例 【原案可決】

 今回の改正は,老人保健法の改正に伴う経過措置により特別会計を設けることとされていた期間の3年が経過し,老人保健特別会計を廃止するため,条例の一部を改正するものです。

議案第22号 鹿嶋市行政組織条例の一部を改正する条例 【原案可決】

 今回の改正は,行政組織のスリム化及び行政運営の効率化を目指し,上下水道部を建設部に統合し,市民の生活基盤・ライフラインを所管するセクションとして位置付けるため,条例の一部を改正するものです。

議案第23号 鹿嶋市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例 【原案可決】

 今回の改正は,人事院規則の改正に伴い,国家公務員の非常勤職員に対し,育児休業及び介護休暇の制度が導入されることから,市の非常勤職員についてもこれに準拠し,非常勤職員の仕事と育児・介護の両立支援を推進するため,条例の一部を改正するものです。

議案第24号 鹿嶋市医療福祉費支給に関する条例の一部を改正する条例 【原案可決】

 今回の改正は,茨城県医療福祉対策要綱等の一部改正に伴い,妊産婦医療福祉費の支給要件として保険医療機関から対象疾病の診断を受けた者との規定が削除されたため,条例の一部を改正するものです。

議案第25号 鹿嶋市保健センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例 【原案可決】
 
 今回の改正は,鹿嶋市大野保健センターを大野公民館・大野まちづくりセンターに変更することに伴い,鹿嶋市大野保健センターの名称及び位置を削除し,併せて鹿嶋市鹿島保健センターの名称を改めるため,条例の一部を改正するものです。

議案第26号 鹿嶋市知的障害者更生施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例 【原案可決】

 今回の改正は,鹿嶋市知的障害者通所更生施設松の木学園の運営について,平成23年度末までを期限とする障害者自立支援法の経過措置に基づく旧法指定施設から,平成23年4月1日から同法に基づく障害福祉サービス「生活介護」へ移行するため,条例の一部を改正するものです。

議案第27号 鹿嶋市保育所の保育の実施に関する条例の一部を改正する条例 【原案可決】

 今回の改正は,保育所入所世帯のうち,多子世帯の経済的負担の軽減として,世帯の第3番目以降の児童に係る保育料を無料化するため,条例の一部を改正するものです。

議案第28号 鹿嶋市水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例 【原案可決】
議案第29号 鹿嶋市大野区域水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例 【原案可決】

 議案第28号及び議案第29号については,行政組織改編に伴い「上下水道部」を「建設部」に統合するため,条例の一部を改正するものです。

議案第30号 鹿嶋市立学校給食センターの設置,管理及び職員に関する条例の一部を改正する条例 【原案可決】

 今回の改正は,学校給食法の一部改正に伴い,引用している法律の条項を整理するため,条例の一部を改正するものです。

議案第31号 鹿行広域事務組合規約の変更について 【原案可決】

 今回の規約変更は,広域行政圏計画策定要綱(平成12年3月31日自治振第53号)が平成21年3月31日付けで廃止されたことに伴い,共同処理する事務のうち,広域市町村圏計画の策定及び計画実施の連絡調整に関することを削除するとともに,組合の会計管理者について,組合の事務所の所在する関係市の会計管理者をあてる旨を明記するほか,文言等を整備するため,議会の議決を求めるものです。

議案第33号 市道路線の認定について 【原案可決】

 今回の路線の認定は,鹿島臨海都市計画地区計画の鹿島大野駅周辺地区地区計画に基づき配置されていた区画道路の8路線を認定するものです。

議案第34号 鹿嶋市副市長の選任について【原案同意】

 鹿嶋市副市長の選任について,地方自治法第162条の規定により,議会の同意を求めるものです。任期は,平成23年4月1日から平成27年3月31日までです。

・永野 正道(再任)
  昭和44年10月に鹿島町役場に入庁し,民生部長,総務部長,生活環境部長,企画部長等を歴任,平成19年4月1日から鹿嶋市副市長に就任し,本市の行政全般,特に行財政改革,市の目標とする市民協働のまちづくり推進に大きく貢献している。


関連書類


くらしの情報:関連項目  議会  

※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが別ウィンドウで開きます。

このページに関するアンケート
質問:このページの情報は役に立ちましたか?
役に立ったどちらともいえない役に立たなかった
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
見つけやすかったどちらともいえない見つけにくかった
▲このページのトップへ
このホームページについて個人情報の取り扱いについて著作権について
情報発信:鹿嶋市秘書広報課 〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
Tel:0299-82-2911 E-mail:info1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

鹿嶋市役所へのアクセス