鹿嶋市
お問合せ

PCサイト
妊婦健康診査を県外医療機関で受ける際の助成について

 市では、妊娠・出産を支援するため、母子健康手帳の交付時に「妊婦一般健康診査受診票(14回分)」を併せて交付し、健診費用の一部を助成しています。県外医療機関での利用については一部制約がありましたが、平成20年10月1日からは、受診時に妊婦さん自身が健診費用を医療機関に全額支払い、受診後(出産後)に市へ申請することで、健診費用の助成を受けることができます。
 
●申請期間  健診受診日から1年以内(一括での申請も可能です)
●申請に必要なもの
 (1)医師が結果を記入した、「妊婦一般健康診査受診票兼報告書」
     ※医療機関により、報告書作成に費用がかかる場合があります。この費用は自己負担になります。
 (2)医療機関が発行する領収書(健診ごとの領収書)
 (3)母子健康手帳
 (4)預金通帳などの銀行口座がわかるもの
 (5)健康保険証や運転免許証など、妊婦本人の住所が確認できるもの
 (6)印鑑(認印)
●申請窓口  保健センター
●助成額  下表のとおり。※助成額(上限)に満たない場合は、健診に要した費用を助成
回数 助成額(上限)
第1回 16,350円
第2回 5,000円
第3回 5,000円
第4回 8,500円
第5回 5,000円
第6回 6,000円
第7回 5,000円
第8回 10,600円
第9回 5,000円
第10回 8,000円
第11回 5,000円
第12回 8,500円
第13回 5,000円
第14回 5,000円
※旭中央病院(千葉県)での受診は県内医療機関と同様です。
 母子健康手帳と一緒に交付された「妊婦一般健康診査受診票」を医療機関に提示し、助成額分が差し引かれた健診費用を医療機関に支払います。

関連画像

関連書類

関連リンク

情報発信元:健康福祉部 保健センター
〒314-8655
TEL:0299-82-6218
FAX:0299-82-6219
MAIL:kenkou2@city.ibaraki-kashima.lg.jp

※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが別ウィンドウで開きます。

最終更新日時 2017年04月25日 11時48分
文書番号 000003523  Tweet


ページのトップへ

このホームページについて
個人情報の取り扱いについて
著作権について

鹿嶋市役所へのアクセス