スタートページに設定  お気に入りに追加 サイトマップ
鹿嶋市
画面を拡大 標準 音声読み上げ・色調変更
korean English 中文
最終更新日時 2009年09月14日 11時31分 文書番号 000003388 印刷ページ   スマートフォン版

塚原卜伝略年表・廻国の足跡

情報発信元:経済振興部 商工観光課

〒314-8655   茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1  市役所第2庁舎2階
TEL0299-82-2911(代表)   FAX0299-84-1213  
MAILsyoukou1@city.ibaraki-kashima.lg.jp
    年   号 西 暦 出   来   事






延徳元年 1489 2月鹿島神宮神職卜部吉川座主家二男朝孝として誕生する
明応3~4年 1494~5 この頃塚原家の養子となる




第1


永正2年 1505 元服して朝孝から新右衛門高幹と名乗る
    第1回廻国修行に出発
永正3年 1506 京都清水に於いて初の真剣勝負







眼 
永正15年 1518 この頃帰国
    師松本備前守政信のすすめで神宮へ一千日参籠 神意を得る
    この頃卜伝と号す
大永2年 1522 遷座祭に卜伝神馬1頭寄進
鍛錬の時代 第2回廻国 大永3年 1523 松本備前守のすすめで第2回廻国修行に出発
大永4年 1524 高天原合戦(鹿島家の内乱)、松本備前守討死(享年58歳)





天文元年 1532 帰国
天文2年 1533 塚原城主となる(城の経営、弟子の育成に当たる)
    妻妙を娶る(卜伝45歳)
天文13年 1544 妻死去
    根本寺へ田一段寄進









弘治3年 1557 城主を養子幹重に譲り第3回廻国修行に出発
永禄4年 1561 伊勢多芸御所で北畠具教に指導、秘伝「一の太刀」を授ける
永禄7年 1564 伊勢より信州、甲斐を歴訪




永禄9年 1566 上野、下野、江戸崎を経て帰国
元亀2年 1571 3月11日死去(享年83歳)
    「宝剣高珍居士 仁甫妙宥大姉」
    夫人とともに梅香寺跡に埋葬されている



廻国の足跡

卜伝の足跡



【塚原卜伝TOPページへ 戻る】



関連書類


くらしの情報:関連項目  みどころ   歴史・伝統  

※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが別ウィンドウで開きます。

このページに関するアンケート
質問:このページの情報は役に立ちましたか?
役に立ったどちらともいえない役に立たなかった
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
見つけやすかったどちらともいえない見つけにくかった
▲このページのトップへ
このホームページについて個人情報の取り扱いについて著作権について
情報発信:鹿嶋市秘書広報課 〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
Tel:0299-82-2911 E-mail:info1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

鹿嶋市役所へのアクセス