スタートページに設定  お気に入りに追加 サイトマップ
鹿嶋市
画面を拡大 標準 音声読み上げ・色調変更
korean English 中文
最終更新日時 2016年07月22日 11時38分 文書番号 000002759 印刷ページ   スマートフォン版

住宅のバリアフリー改修にかかる固定資産税の減額措置について

情報発信元:総務部 税務課

〒314-8655   茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1  市役所第2庁舎2階
TEL0299-82-2911(代表)   FAX0299-84-1212  
MAILzeimu1@city.ibaraki-kashima.lg.jp
 高齢者、障がい者が居住する既存住宅について、一定のバリアフリー改修工事を行った場合、
工事完了後の翌年度分の固定資産税を3分の1減額するものです。

 ■対象要件
 1 新築から10年以上経過した住宅(賃貸住宅は除く。また併用住宅は居住部分が2分の1以上あるもの)であること

 2 平成28年4月1日~平成30年3月31日に工事が完了していること
   (平成19年4月1日~平成28年3月31日に工事をされた場合は一部要件等が変わります)

 3 居住者が以下のいずれかであること
   (1)65歳以上の方(工事完了日の翌年の1月1日に65歳以上)
   (2)要介護認定または要支援認定を受けている方
   (3)障がい者手帳またはこれに代わるものをお持ちの方

 4 改修工事の内容
   (1)国、地方公共団体などからの補助金などを除く自己負担が50万円を超えていること
   (2)当該家屋の床面積が50㎡以上であること(併用住宅の場合は住宅部分の床面積が50㎡以上であること)
   (3)該当工事
     ① 廊下の拡幅
     ② 階段の勾配の緩和
     ③ 浴室の改良
     ④ 便所の改良
     ⑤ 手すりの取り付け
     ⑥ 床の段差の解消
     ⑦ 引き戸への取替え
     ⑧ 床表面の滑り止め化

 ■軽減額
  住宅部分の100㎡までの固定資産税が3分の1に減額されます。(100㎡を超える部分については減額されません)

 ■申請方法
  工事完了後3カ月以内に、「バリアフリー改修に伴う固定資産税減額申告書」を税務課へ提出してください。

 ■添付書類
 1 納税義務者の住民票の写し

 2 次のいずれかの写し
   (1)65歳以上の方の住民票の写し
   (2)介護保険の被保険者証の写し
   (3)障がい者手帳またはこれに代わるものの写し

 3 改修工事の内容および費用を確認できる書類
   (1)改修後の写真、工事費用を支払ったことが確認できる領収書など、工事の明細書
   (2)改修工事が行われたことを証明する書類(建築士、登録性能評価機関などが発行したもの)

 ■その他
 1 この制度による減額は1戸につき1度しか受けることが出来ません。
 
 2 新築住宅の減額や耐震改修工事による減額と同時に適用はできません。ただし、省エネ改修工事による減額との同時適用は
  可能です。

 3 土地についての減額はありません。


関連書類


くらしの情報:関連項目  住宅   固定資産税   税金  

※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが別ウィンドウで開きます。

このページに関するアンケート
質問:このページの情報は役に立ちましたか?
役に立ったどちらともいえない役に立たなかった
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
見つけやすかったどちらともいえない見つけにくかった
▲このページのトップへ
このホームページについて個人情報の取り扱いについて著作権について
情報発信:鹿嶋市秘書広報課 〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
Tel:0299-82-2911 E-mail:info1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

鹿嶋市役所へのアクセス