鹿嶋市
お問合せ

PCサイト
平成18年度行政評価について

 鹿嶋市は,総合計画に掲げる『まちづくりの目標』の一つに「行政のスリム化と市民がつくるまち」を提唱しています。限られた財源を有効に活用しながら,コンパクトな行政による市民サービスのまちづくりを推進するために,費用対効果を明確にし,効果的で効率的な行財政運営を進めていこうとするものです。そのために,平成14年度から事務事業評価制度を導入しました。平成16年度から実施・事業計画の策定事務と統合し,行政評価システムとして,「計画」「実施」「評価」と一連の流れで行うシステムの確立に取り組みました。現在もまだ試行段階ではありますが,より精度の高いシステム構築を今後も目指していきます。

 行政評価を行い,市が実施している事務・事業について,市民の納得できる税金の使われ方がなされているか常に検証し改善していくことや,その結果を広く市民に公表し意見を求めることで,行政経営の透明性を高め,市民との信頼関係を深めることが必要です。

 市の行政は,これから常にこの評価の視点を念頭において,「市民にとって本当に効果のある事業なのか」「当初期待したとおりの成果はあがっているのか」など,市民本位の市政や市民納得度を念頭に置いた市政に変えていくという行政の透明化が必要です。評価過程において明らかになった様々な課題を検討し,鹿嶋市における効果的な行政評価の確立を図っていきます。ここに平成18年度の行政評価を取りまとめましたので,お知らせします。

関連画像

関連書類

平成18年度行政評価について(PDF 198KB)
平成18年度行政評価の概要(継続事業) (PDF 647KB)
平成18年度行政評価の概要(新規事業) (PDF86.8KB)

関連リンク

情報発信元:政策企画部 まちづくり政策課
〒314-8655
TEL:0299-82-2911(代表)
FAX:0299-82-0789
MAIL:machisei1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが別ウィンドウで開きます。

最終更新日時 2007年04月02日 12時32分
文書番号 000002510  Tweet


ページのトップへ

このホームページについて
個人情報の取り扱いについて
著作権について

鹿嶋市役所へのアクセス