スタートページに設定  お気に入りに追加 サイトマップ
鹿嶋市
画面を拡大 標準 音声読み上げ・色調変更
korean English 中文
最終更新日時 2017年02月15日 09時29分 文書番号 000000165 印刷ページ   スマートフォン版

養子縁組届

情報発信元:健康福祉部 総合窓口課

〒314-8655   茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1  市役所第2庁舎1階
TEL0299-82-2911(代表)   FAX0299-83-7809  
MAILsimin1@city.ibaraki-kashima.lg.jp
 養子縁組をするときに届けます。
養子と養親の縁組を届出することにより、親子関係が成立します。

■届出時期

 届出の日から法律上の効力が発生します。

■届出資格

 養子(養子が15歳未満の場合は法定代理人)および養親

■届出者

・養子(養子が15歳未満の場合は法定代理人)および養親
・使者(「使者」とは届出資格者から届書の提出を依頼された方です。)

■添付書類

(1)養子および養親の戸籍謄本(本籍地へ届出するときは不要です。)
(2)養子や養親に配偶者がある場合は、その配偶者の同意書
(3)養子に監護者がある場合は、その監護者の同意書
(4)養子が20歳未満の場合は、家庭裁判所の許可書の謄本(養親およびその配偶者の直系卑属を養子とするときは不要です。)

■必要なもの

(1)養子縁組届書に成年の証人二人の署名および押印
(2)養子(養子が15歳未満の場合は法定代理人)および養親の身分を証明する書類
(3)養子(養子が15歳未満の場合は法定代理人)および養親の印鑑
(4)養子の国民健康保険証および国民年金手帳(加入者のみ)

◇身分を証明する書類とは、運転免許証やパスポートなど官公署が発行した顔写真付きの身分証明書です。なお、身分証明書をお持ちでない方も届出はできますので、安心して窓口へおいでください。

■注意事項

(1)養親は成年に達していなければなりません。
(2)養子となる人が未成年の場合は、家庭裁判所の許可を受け、養親が夫婦のときは共に縁組しなければなりません。(ただし、養子となる人が、自分または配偶者の子や孫のときは、家庭裁判所の許可は不要です。)

■申請書ダウンロードに関する注意事項

(1)見本については、一般的な例を掲載しています。この例にあてはまらない場合は、総合窓口課へお問い合わせください。

(2)A3の普通用紙に印刷したものを使用してください。(A3以外の用紙では受け付けできません。)

(3)鉛筆や消えやすいインキで書かないでください。

(4)文字は省略せず正確に書いてください。

関係書類
養子縁組届(PDF 98KB)
養子縁組届【見本】(PDF 168KB)


関連書類


くらしの情報:関連項目  戸籍・住民票   結婚   相続   健康・保健   年金  

※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが別ウィンドウで開きます。

このページに関するアンケート
質問:このページの情報は役に立ちましたか?
役に立ったどちらともいえない役に立たなかった
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
見つけやすかったどちらともいえない見つけにくかった
▲このページのトップへ
このホームページについて個人情報の取り扱いについて著作権について
情報発信:鹿嶋市秘書広報課 〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
Tel:0299-82-2911 E-mail:info1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

鹿嶋市役所へのアクセス