スタートページに設定  お気に入りに追加 サイトマップ
鹿嶋市
画面を拡大 標準 音声読み上げ・色調変更
korean English 中文
最終更新日時 2016年02月19日 10時01分 文書番号 000001150 印刷ページ   スマートフォン版

介護サービスの種類と費用のめやす

情報発信元:健康福祉部福祉事務所 介護長寿課

〒314-8655   茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1  市役所第2庁舎1階
TEL0299-82-2911(代表)   FAX0299-83-7809  
MAILkaigo1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

サービスの費用

在宅サービスの費用

 ケアプランにもとづいてサービスを利用したときは、原則としてサービスにかかった費用の1割(または2割)が自己負担額になります。
 要介護度ごとに1カ月に利用できる費用の上限(支給限度額)が決められています。上限の範囲内でサービスを利用するときは、自己負担は1割(または2割)ですが、上限を超えてサービスを利用した場合には、超えた分は全額が自己負担となります。

 

在宅サービスの支給限度額

要介護状態区分

1カ月の支給限度額

要支援1

 50,030円

要支援2

104,730円

要介護1

166,920円

要介護2

196,160円

要介護3

269,310円

要介護4

308,060円

要介護5

360,650円

 

サービスの種類(要介護1~5の方)

訪問介護(ホームヘルプサービス)

 ホームヘルパーに自宅を訪問してもらい、身体介護や生活援助を受けます。

 

 ≪身体介護中心≫ 食事、入浴、排せつのお世話、衣類やシーツの交換など

 ≪生活援助中心≫ 住居の掃除、洗濯、買い物、食事の準備、調理など

 

 ※本人以外のためにすることや、日常生活上の家事の範囲を超えることなどは、対象外です。

  (本人以外の家族のための家事、ペットの世話、草むしり、来客の対応、模様替えなど)

 

訪問入浴介護

 自宅に浴槽を持ち込んでもらい、入浴の介助を受けます。

 

訪問リハビリテーション

 リハビリの専門家に訪問してもらい、自宅でリハビリを受けます。

 

居宅療養管理指導

 医師、歯科医師、薬剤師、歯科衛生士などに訪問してもらい、薬の飲み方、食事など療養上の管理・指導を受けます。

 

訪問看護

 看護師などに訪問してもらい、床ずれの手当てや点滴の管理をしてもらいます。

 

通所介護(デイサービス)

 デイサービスセンターで、食事・入浴などの介護や機能訓練が日帰りで受けられます。

 

通所リハビリテーション(デイケア)

 介護老人保健施設や病院・診療所で、日帰りの機能訓練などが受けられます。

 

短期入所生活介護(ショートステイ)

 介護老人福祉施設などに短期間入所して、食事・入浴などの介護や機能訓練が受けられます。

 

短期入所療養介護(医療型ショートステイ)

 介護老人保健施設などに短期間入所して、医療によるケアや介護、機能訓練などが受けられます。

 

特定施設入居者生活介護

 有料老人ホームなどに入所している方が受けるサービスです。食事・入浴などの介護や機能訓練が受けられます。

 

施設サービスの種類

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

 生活介護が中心の施設です。常に介護が必要で、自宅では介護ができない方が対象となります。食事・入浴など日常生活の介護や健康管理が受けられます。

 原則、要介護3以上の方が対象となります。

 

介護老人保健施設(要介護1以上の方)

 介護やリハビリが中心の施設です。病状が安定し、リハビリに重点をおいた介護が必要な方が対象となります。医学的な管理のもとで、介護や看護、リハビリが受けられます。

 

介護療養型医療施設(要介護1以上の方)

 医療が中心の施設です。急性期の治療が終わり、病状は安定しているものの、長期間にわたり療養が必要な方が対象となります。介護体制の整った医療施設(病院)で、医療や看護などが受けられます。

 

施設サービス利用時の費用

 介護保険施設に入所した場合には、施設サービス費用の1割(または2割)と、食費、居住費、日常生活費の全額が自己負担となります。

 

居住費と食費の軽減制度について

 低所得の方は施設利用が困難とならないように、食費、居住費については所得に応じた自己負担の限度額が設けられており、限度額を超えた部分は介護保険から給付されます。こちらの給付を受けるには申請が必要です。詳しくは、「介護保険施設における食費・居住費の軽減制度について 」をご参照ください。

 

高額介護サービス費{1割(または2割)の自己負担が高額になったとき}

 1カ月に支払った1割(または2割)の自己負担の合計額(同じ世帯内に複数の利用者がいる場合には、世帯合計額)が一定額を超えた時には、申請により超えた分が「高額介護サービス費」として後から支給されます。支給の対象となる方には、市役所から申請書を送付いたします。必要事項などを記入のうえ、市へ「高額介護(介護予防)サービス費支給申請書」を提出してください。
 なお、ここでの自己負担額には、福祉用具購入費・住宅改修費の1割(または2割)負担分や、施設サービスなどでの食費、居住費、その他の日常生活費、支給限度額を超えた自己負担分は含みません。

 

高額介護サービス費(区分ごとの利用者負担上限額)

所得区分 負担上限額
現役並み所得者相当の方 44,400円
世帯に市民税課税の方がいる場合 37,200円
世帯全員が市民税非課税の場合 24,600円
  (1)合計所得金額および課税年金収入額の合計が80万円以下の方
15,000円(個人)
24,600円(世帯)
  (2)住民税世帯非課税で老齢福祉年金の受給者
生活保護の受給者の方 15,000円

                                  

サービスの種類(要支援1・2の方)

介護予防訪問介護

 ホームヘルパーに訪問してもらい、調理や掃除などを一緒に行い、利用者ができることが増えるように支援してもらいます。

 

介護予防訪問入浴介護

 浴室がない場合や浴室の利用が難しい場合に、入浴のお手伝いのサービスを受けられます。

 

介護予防リハビリテーション

 専門家に訪問してもらい、利用者が自分で行える体操やリハビリなどの指導を受けます。

 

介護予防居宅療養管理指導

 医師、歯科医師、薬剤師、歯科衛生士などに訪問してもらい、薬の飲み方、食事など療養上の管理・指導を受けます。

 

介護予防訪問看護

 看護師などに訪問してもらい、介護予防を目的とした療養上のお世話や必要な診療の補助などを受けます。

 

介護予防通所介護

 デイサービスセンターで、食事・入浴などのサービスや、生活機能の維持向上のための体操や筋力トレーニングなどが日帰りで受けられます。

 

介護予防通所リハビリテーション

 介護老人保健施設や病院・診療所で、介護予防を目的とした生活機能の維持向上のための機能訓練などが日帰りで受けられます。

 

介護予防短期入所生活介護

 介護老人福祉施設などに短期間入所して、食事・入浴などのサービスや、生活機能の維持向上のための機能訓練が受けられます。

 

介護予防短期入所療養介護

 介護老人保健施設などに短期間入所して、医療や介護、生活機能の維持向上のための機能訓練が受けられます。

 

介護予防特定施設入居者生活介護

 有料老人ホームなどに入所している方が受けるサービスです。食事・入浴などのサービスや、生活機能の維持向上のための機能訓練が受けられます。

 

地域密着型サービス

 住み慣れた地域で生活を続けられるよう、地域の特性に応じた柔軟な体制で提供されるサービスです。基本的に利用者は鹿嶋市民に限定されます。

 

定期巡回・随時対応型訪問介護看護(要介護1~5の方のみ)

 介護職員と看護師の定期的な訪問を受けられます。また、通報や電話などをすることで、随時対応も受けられます。

 

認知症対応型共同生活介護(介護予防認知症対応型共同生活介護)(グループホーム)

 認知症と診断された高齢者が共同で生活できる場(住居)で、食事・入浴などの介護や支援、機能訓練が受けられます。

 ※要支援1の方は利用できません。

 

小規模多機能型居宅介護(介護予防小規模多機能型居宅介護)

 小規模な住居型の施設への「通い」を中心に、自宅に来てもらう「訪問」、施設に「泊まる」サービスが柔軟に受けられます。

 

地域密着型介護老人福祉施設入所生活介護

 定員30人未満の小規模な介護老人福祉施設で、食事、入浴などの介護や健康管理が受けられます。

 

地域包括支援センター

 市内には4カ所の地域包括支援支援センターがあります。
 小学校区ごとに担当区域をもち、地域の身近な相談窓口として、緊急時には、高齢者やその家族から24時間体制で相談に応じ、介護や介護予防に関する助言をしたり、必要なサービスが受けられるよう市や関係機関との調整、介護保険申請の代行などを行っています。
 その他、消費者被害、虐待などの相談、要支援認定者の介護予防プラン作成など、さまざまな相談に対応しています。心配なことがあれば、お気軽にご相談ください。
 
 地域包括支援センターのご案内

 



関連書類


くらしの情報:関連項目  高齢者   介護   福祉  

※「用語解説」のリンクは、ウェブリオが運営する辞書サイトが別ウィンドウで開きます。

このページに関するアンケート
質問:このページの情報は役に立ちましたか?
役に立ったどちらともいえない役に立たなかった
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
見つけやすかったどちらともいえない見つけにくかった
▲このページのトップへ
このホームページについて個人情報の取り扱いについて著作権について
情報発信:鹿嶋市秘書広報課 〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
Tel:0299-82-2911 E-mail:info1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

鹿嶋市役所へのアクセス