○鹿嶋市水質監視員要綱

平成7年9月1日

告示第51号

(設置)

第1条 霞ケ浦,北浦水域等における水質保全対策の効果的推進をはかるため鹿嶋市水質監視員(以下「水質監視員」という。)を置く。

(職務)

第2条 水質監視員は,水質汚濁,ゴミの不法投棄等環境悪化の発生状況を的確にとらえ,かつ,水質汚濁の未然防止を啓発し,また地域住民の水質汚濁に関する意向を十分行政に反映させ,水質保全対策の効果的推進をはかるため次の職務を行う。

(1) 月1回以上担当区域内を巡視し,水質汚濁の発生状況の監視を行う。

(2) 水質汚濁等の発生を察知したときは,直ちに通報する。

(3) 地域住民の行う浄化実践活動の企画,立案及び実施に参加する。

(4) 地域住民に対し,水質環境悪化の未然防止を啓発する。

(5) 会議,研修会等に出席する。

(委嘱)

第3条 水質監視員は,霞ケ浦,北浦及び鹿島灘水域の水質保全に理解と積極性のある者のうちから,市長が委嘱する。

(定数)

第4条 水質監視員の定数は,26人以内とする。

(任期)

第5条 水質監視員の任期は,委嘱された日から翌年度末までとする。ただし,再任は妨げない。

(庶務)

第6条 水質監視員に関する庶務は,公害担当課で処理する。

(補則)

第7条 この要綱に定めるもののほか,必要な事項は,別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は,平成7年9月1日から施行する。

(鹿島町水質監視員設置要綱の廃止)

2 鹿島町水質監視員設置要綱(昭和49年要綱第1号)は,廃止する。

鹿嶋市水質監視員要綱

平成7年9月1日 告示第51号

(平成7年9月1日施行)

体系情報
第8編 生/第4章 環境保全
沿革情報
平成7年9月1日 告示第51号