○鹿嶋市浄化槽清掃業に関する条例施行規則

昭和61年6月30日

規則第14号

(趣旨)

第1条 この規則は,鹿嶋市浄化槽清掃業に関する条例(昭和61年条例第10号。以下「条例」という。)第6条の規定に基づき,条例の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(清掃業の許可申請)

第2条 浄化槽法(昭和58年法律第43号。以下「法」という。)第35条第1項の規定による浄化槽清掃業許可申請書(様式第1号)を市長に提出しなければならない。

(許可証の交付)

第3条 条例第2条第1項に規定する許可証は,浄化槽清掃業許可証(様式第2号)によるものとする。

(変更の届出)

第4条 条例第2条第1項に規定する許可を受けた者(以下「許可業者」という。)は,許可後に申請書及び添付書類の記載事項に変更があったときは,浄化槽清掃業許可申請事項変更届(様式第3号)を市長に届け出なければならない。

(業務の廃止及び休止の届出)

第5条 許可業者は,その業務を廃止し,又は休止をしようとするときは,浄化槽清掃業廃業(休止)届(様式第4号)を市長に届け出なければならない。

(身分証の交付)

第6条 条例第3条第1項に規定する身分証(様式第6号)の交付を受けようとする者は,浄化槽清掃業身分証交付申請書(様式第5号)を市長に提出しなければならない。

(許可の取消し等)

第7条 法第41条の規定による許可の取消し,又は業務の停止命令をするときは,浄化槽清掃業許可取消書(様式第7号)又は浄化槽清掃業務停止命令書(様式第8号)により行うものとする。

(許可証等の再交付)

第8条 条例第2条第3項及び第3条第3項の規定により再交付を受けようとする者は,浄化槽清掃業許可証(身分証)再交付申請書(様式第9号)を市長に提出しなければならない。

(標識の掲示)

第9条 許可業者は,法第39条の規定によりその営業所ごとに標識(様式第10号)を掲げなければならない。

(許可証の返還)

第10条 許可業者は,次の各号の一に該当するときは,許可証及び身分証を市長に返還しなければならない。

(1) 許可の有効期間が満了したとき。

(2) 許可を取り消されたとき。

(3) 業務を廃止したとき。

(実績報告書の提出)

第11条 許可業者は,清掃業務の実績を浄化槽清掃業務実績報告書(様式第11号)により,翌月の10日までに市長に提出しなければならない。

附 則

この規則は,昭和61年7月1日から施行する。

附 則(平成2年1月31日規則第1号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成7年9月1日規則第28号)

この規則は,平成7年9月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

鹿嶋市浄化槽清掃業に関する条例施行規則

昭和61年6月30日 規則第14号

(平成7年9月1日施行)