○鹿嶋市高額療養費貸付基金設置条例施行規則

昭和52年4月1日

規則第5号

注 平成19年3月から改正経過を注記した。

(趣旨)

第1条 この規則は,鹿嶋市高額療養費貸付基金設置条例(昭和52年条例第3号。以下「条例」という。)の施行について必要な事項を定めるものとする。

(貸付金の申請)

第2条 貸付けを受けようとする者(以下「借受申込者」という。)は,高額療養費借入申請書(様式第1号)に次に掲げる書類を添えて,市長に申請しなければならない。

(1) 同一の月に同一の病院,診療所又は薬局その他の者について受けた療養に係る証明書(様式第2号)

(2) その他市長が必要と認める書類

(貸付けの通知)

第3条 市長は,前条の申請があったときは,必要な審査を行い貸付けの可否を決定し,高額療養費貸付承認(不承認)通知書(様式第3号)により借受申込者に通知する。

(借用書等の提出)

第4条 前条により貸付承認された借受申込者は,貸付金を借り受けるときに高額療養費貸付金借用書(様式第4号)及び高額療養費代理受領委任状(様式第5号)を提出しなければならない。

(貸付金の返還)

第5条 条例第8条の規定により貸付金を返還させるときは,高額療養費返還請求書(様式第6号)より借受人に請求する。

(氏名等の変更)

第6条 借受人は,氏名又は住所等に変更を生じたときは,速やかに高額療養費借受人住所氏名変更届(様式第7号)を市長に提出しなければならない。

2 借受人が死亡したときは,同居の親族は,速やかに高額療養費借受人死亡届(様式第8号)を市長に提出しなければならない。

(基金台帳及び帳簿)

第7条 市長は,高額療養費貸付基金台帳(様式第9号)及び現金出納簿を備え,常に基金の運用状況を明らかにしておかなければならない。

附 則

この規則は,昭和52年4月1日から施行する。

附 則(平成2年1月31日規則第1号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成7年9月1日規則第28号)

この規則は,平成7年9月1日から施行する。

附 則(平成19年3月26日規則第9号)

この規則は,平成19年4月1日から施行する。

(平19規則9・全改)

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

鹿嶋市高額療養費貸付基金設置条例施行規則

昭和52年4月1日 規則第5号

(平成19年4月1日施行)