○鹿嶋市行政委員設置条例

昭和62年8月20日

条例第15号

(設置)

第1条 市と住民との連絡を緊密にし,住民の利便と行政の円滑な運営を図るため,大字又は集落を単位とする自治組織区域(以下「区」という。)に行政委員を置く。

(業務内容)

第2条 行政委員は,次に掲げる事務を行うものとする。

(1) 各種文書の配布に関すること。

(2) 区住民の要望事項の連絡調整に関すること。

(3) 区住民に対する周知事項の伝達に関すること。

(4) 市政に関する必要な事項の調査,取りまとめ等に関すること。

(5) その他市長が必要と認める事項に関すること。

(委嘱)

第3条 市長は,当該区の長(以下「区長等」という。)に行政委員を委嘱する。ただし,区長等のいない区又はその他特別の事情があるときは,市長が適任者に委嘱する。

(任期)

第4条 行政委員の任期は,区長等については,その在任期間とし,区長等以外の者は,2年とする。

(定例会)

第5条 市長は,行政委員定例会を5月と翌年1月に招集する。

2 行政委員は,定例会において,区の状況について意見を述べることができる。

(委任)

第6条 この条例に定めるもののほか,必要な事項は,規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は,公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の際,現に行政連絡事務を委嘱されている区長等は,第3条による委嘱があったものとみなす。

(編入に伴う経過措置)

3 大野村編入の日前に,旧大野村区及び区長職に関する規則(昭和34年規則第2号)により委嘱されている区長は,この条例により委嘱されたものとみなす。

附 則(平成7年9月1日条例第37号)

この条例は,平成7年9月1日から施行する。

附 則(平成8年6月24日条例第16号)

この条例は,公布の日から施行する。

鹿嶋市行政委員設置条例

昭和62年8月20日 条例第15号

(平成8年6月24日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 市長部局/第1節 事務分掌
沿革情報
昭和62年8月20日 条例第15号
平成7年9月1日 条例第37号
平成8年6月24日 条例第16号