鹿嶋市
画面を拡大標準 スタートページに設定 お気に入りに追加  サイトマップ 
音声読み上げ
ホーム 鹿嶋市の紹介 くらしの情報 観光情報 スポーツ情報 アクセス リンク集 お問合せ

ホームタウン



ホームタウン(Jリーグ加盟の実現)

プロサッカーの胎動にそう慎重にならずに支援ができたのは、地道な活動を続けてきた鹿島サッカー協会を中心に競技人口が増え、熱心なスポーツ少年団活動の中でも、このところサッカー人気が群を抜いていることや、もともと温暖な気候を利用して、北国の学生を中心にした冬場のサッカー合宿が市内で盛んに行われていたこと等を行政側が熟知していたことなどが背景にあったからと考えられます。

「何でサッカーなのか」という声が一部になかったわけではありませんでしたが、声高に反対する意見はほとんど聞かれませんでした。住友金属からの要請に基づく日本サッカー協会や関係機関への陳情は、茨城県とともに町は欠かさず同行していました。

日本サッカー協会では、@住友金属サッカー団そのものが日本リーグ2部に低迷する実力しかないこと。A周辺町村の人口を合わせても観客動員上に難があること。B競技場がないこと等から、いい回答を示しませんでしたが、@ジーコ等大物外国人選手の補強で戦力アップをアピールする。A県サッカー協会、近隣町村、コンビナートの企業群が波状的に要請書をサッカー協会に出し、観客確保に協力的な姿勢を見せる。B県知事が、それまで日本にはなかった屋根付サッカー専用スタジアム建設を表明する等と、課題を一つひとつクリアしていきました。

こうした県や企業、そして地域ぐるみのバックアップの努力が実を結んで、平成3年2月14日、住友金属サッカー団は「99.9999%不可能」(Jリーグ川淵三郎チェアマン・当時)といわれたJリーグ加盟を認められました。同年7月24日、公募していたチームの名前が、町内の小学生が応募した「鹿島アントラーズ」と決まり、10月に且ュ島アントラーズFCが設立されました。

アントラーズのJリーグ加盟に決定的な働きをした要因はいくつか考えられますが、@住金をはじめ、立地企業の鹿島地域を賑わいのある、魅力あるものにしたいという熱意。A鹿島町を中心とする5町村をホームタウンとするチームを認めた日本サッカー協会のホームタウン制の理念。B日本サッカー協会を直接決断させるインパクトになった総工費84億円の屋根付専用スタジアムを、もともと鹿島町が地域間交流の拠点施設として70億円余りを投じて整備を予定していた「卜伝の郷運動公園」敷地内に建設すると決断した茨城県知事の存在などが特筆されます。



名誉市民ジーコ

[名誉市民ジーコ]


建設中のカシマサッカースタジアム

[建設中のカシマサッカースタジアム]


16,000人収容の屋根付サッカー専用スタジアム

[16,000人収容の屋根付サッカー専用スタジアム]


鹿島アントラーズクラブハウス

[鹿島アントラーズクラブハウス]



【参考】

○鹿島サッカー協会  S44年、鹿島郡の協会として設立される。H20年3月31日、所期の目的を終えたとして解散。

○昭和63年頃から、サッカースポーツ少年団の団員数が50年代からの人気少年団である柔剣道のそれを逆転し、大きく引き離すという傾向が顕著になっていった。

○県内には日本リーグ1部の名門・日立製作所(現「柏レイソル」)があり、Jリーグ入りを争っていた。

○周辺12町村人口 26万人(Jリーグ加盟準備当時)。*平成24年4月現在 常住人口27万6千人。

○当時の茨城県知事 竹内藤男知事(元参議院議員・建設省都市局長)。

○鹿島アントラーズの名付け親 縄竹綾子さん(当時小4)。「アントラー(ズ)」とは鹿島にゆかりの深い「鹿の枝角」の意味。

○アントラーズへの出資額(設立当時:資本金4億2,750万円。外に同額の資本準備金)

 ホームタウン(5町村) 鹿島町6,000万円、神栖町3,000万円、波崎町1,000万円、潮来町・大野村各500万円。(計12.9%)
 住友金属36.5%、住金関連会社(12社)28.1%、地元企業(29社)22.5%
 * 平成11〜14年に市6,500万円増資(2倍増資)

○卜伝の郷運動公園(総事業費78億円)。24haに中核施設のスポーツセンター、多目的球技場、3千人収容のサッカー場、テニスコートなどを整備する計画。自治省の大型起債事業「リーディングプロジェクト」の採択を得ていた。このサッカー場の位置に、県立スタジアムが建設された。






▲このページのトップへ
このホームページについて個人情報の取り扱いについて著作権について
情報発信:鹿嶋市情報政策課 〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
Tel:0299-82-2911 E-mail:info1@city.ibaraki-kashima.lg.jp
鹿嶋市役所へのアクセス