鹿嶋市
画面を拡大標準 スタートページに設定 お気に入りに追加  サイトマップ 
音声読み上げ
ホーム 鹿嶋市の紹介 くらしの情報 観光情報 スポーツ情報 アクセス リンク集 お問合せ

ワールドカップの軌跡



鹿嶋市ワールドカップ推進室ニュース vol.28
鹿嶋市ワールドカップ推進室

【世界に開かれる扉は鹿嶋から】

 カシマサッカースタジアムでのFIFAコンフェデレーションズカップ2001。試合に行かれた方、テレビで観戦された方、様々な見方があったと思いますが、初の国際試合が行われたという事実は、皆さんの心にメモリアルとして残ることでしょう。ここでは来年の本番に向かって「教訓を生かせ!」ということで検証します。

ワールドカップのプレイベントの様子

【交通輸送】
 ワールドカップ関連道路が未整備にもかかわらず、大きな混乱はありませんでしたが、市民の生活安全の確保という点では若干の課題が残りました。また、警察が主となる違法駐車や防災対策は、交通安全協会と市の職員、消防団が補完する意味で行動をとりました。本番にはより一層の対策を立てていきたいと考えています。

【花いっぱい運動】
 主要道路以外でも各地区では道路沿いに自主的に花壇づくりがされ、観戦者の皆さんを親身になってお迎えしてくれました。2002年には、市全体が花いっぱいになっているとうれしいですね。

【ボランティア】
 多くの市民の皆さんが、今回ボランティアに参加して活躍されました。また、「鹿嶋市2002年ワールドカップを成功させる市民懇話会」では、May I Help You?=何かお困りですか? という意味の文字の入った、おそろいのTシャツを着て、各国からの観戦者を歓迎しました。

 この行動は、たどたどしい言葉ではありましたが、高校生が中心となって展開されました。本番での活躍が期待されます。


【環境美化】
 大会前に市民の皆さんによります市内一斉清掃や市職員ボランティアによる自主的な清掃、そして毎日、捨て看板と張り紙を撤去してきました。残念ながら、まだまだ徹底しきれてはいません。まずゴミは出さない。捨てないことが大事だと思います。2002年に向けて、ゴミのないまちにしていきたいものです。

【インフォメーションセンター】
 情報の提供と通訳業務を主に行いました。直通電話番号がわからない方が多かったせいか、件数は少なかったのですが、来年はこうはいかないと思います。より充実したインフォメーションセンターに取り組んでいきたいと思います。

【イベント】
 準備を進めるにあたって、いろいろな課題がありました。特にイベント会場でのテレビ観戦は、放映権の問題があり、最後の最後までテレビ中継ができるかやきもきしていたところです。イベント会場でのテレビ中継は、本大会でも大きな課題として残るところです。また、飲食・物販販売でもスポンサーを保護することから、様々な制限がありました。これらの経験は、来年の本番に向けて大いに参考になりました。

 また、今回のイベントは、手づくりだったので、多くの市民の皆さんが参加し、あるいはお手伝いをしてくれました。市民の皆さんが、何らかの形で参加するワールドカップに取り組めたことは、大きな財産であり、本大会のイベントや事業にも活用していきたいと思います。


 ワールドカップ本大会まで、1年を切りました。あっという間に来年5月31日が来ることでしょう。コンフェデレーションズカップがもたらした色々な経験や体験は、きっと来年の本大会に役に立つはずです。いえ役に立てなくてはいけません。更なる皆さんのご協力をお願いします。



▲このページのトップへ
このホームページについて個人情報の取り扱いについて著作権について
情報発信:鹿嶋市情報政策課 〒314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1
Tel:0299-82-2911 E-mail:info1@city.ibaraki-kashima.lg.jp
鹿嶋市役所へのアクセス